当ブログのおすすめ記事はこちら!

アニメ「冴えない彼女の育てかた」の感想をレビュー【ギャルゲー作り】

あなた

「冴えない彼女の育てかた」ってアニメ、面白いのかな?

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでいるあなたは、アニメ「冴えない彼女の育てかた」の感想を知りたい方ですね。

そんなあなたのために、200作品のアニメを見るほどのアニオタのぼくが、その面白さをお伝えします。

筆者の経験

200作品のアニメを目を通した。

好きなジャンルはSF、ギャグ、ラブコメ。

一番好きなアニメは、「ソードアートオンライン」。

あらすじを5行以内にまとめた

まずはあらすじを5行以内で簡潔にまとめてみました。

「冴えない彼女の育てかた」(さえカノ)は、

文化祭で勝手にアニメ上映会を開くほどのアニメオタクの主人公トモヤが、4人の美少女高校生クリエイターと、最強のギャルゲーを作るアニメ

です。

活動的なオタク主人公が、サークルを立ち上げて、仲間と一緒にゲームを作ろうとする話です。

ギャルゲーというのは、いろんな選択肢のあるシナリオを自分で選択してそれぞれのストーリーを進んでいくゲームです。

ジャンルは青春、ラブコメです。

PVもあります。気になる方はぜひ。

 

3つの魅力

アニメ「冴えない彼女の育てかた」の魅力を3つにまとめると、以下の通りです。

・4人の魅力的でかわいい女キャラクター

・5人のそれぞれ成長する姿

・それぞれの恋愛模様の行方

順に説明します。

4人の魅力的でかわいい女キャラクター

メインで出てくる女性キャラが魅力的です。

それぞれ名前と特徴を示すと以下の通りです。

加藤恵(以下めぐみ) : 影が薄い。フラットで冷静ななツッコミキャラ。サークルのメインヒロインのモデル。非オタ。よく見たら可愛く、誘われたらなんでも付き合ってあげる人の好さを持つが、その安心感からフラグが立たない。

澤村・スペンサー・英梨々(以下えりり) : イギリス人とのハーフ。売れっ子同人作家。サークルの原画担当。主人公トモヤの幼馴染。ツンデレ。高校の2大美女の一人。

霞ヶ丘詩羽(かすみがおかうたは、以下うたは) : 高校生ラノベ作家。サークルのシナリオ担当。高校の2大美女のもう片方。普段は寝るか読書をしているが、口を開くと毒舌。

氷堂美智留(以下みちる) : アニソンバンドのボーカル。サークルの音楽担当。トモヤの幼少期から知るイトコ。過度なスキンシップをする。非オタ。

 

それぞれキャラが立っており、互いの掛け合いを見ているだけで面白いです。

さらに他のアニメと違って面白いのが、ゲームのメインヒロインのはずの加藤恵が一番キャラが薄いところです。

基本的には他の3人のキャラが強く、かき消されるのですが、でも存在感はしっかり残ってくるところが、すごいところです。

ラブコメなので、主人公のトモヤの取り合いになりますが、そこも見どころです。

更に詳しく知りたい方は、公式サイトのキャラ一覧をご覧ください。

 

5人のそれぞれ成長する姿

また青春要素も強く、1年かけてゲームを作るという過程で、幾多のトラブルにぶち当たり、それを乗り越えていく姿が見られるのも魅力です。

例えばこんな困難が待ち受けます。

・シナリオが面白くならず、何度も書き直し

・原画が締め切りに間に合わない

・音楽担当が乗り気にならない

 

などなど、トラブルずくめ。

しかしそれを一つ一つ乗り越え、5人のメンバーそれぞれが成長していくのです。

最強にキュンキュンするギャルゲーを作るため、日夜徹夜をしたり、討論を重ねて、変化し、成長していく姿は見ものです。

それぞれの恋愛模様の行方

ラブコメということもあり、それぞれのキャラがトモヤとの恋愛にも絡んできます。

少し明かしてしまうと、状況はこんな感じ。

めぐみ:最初はトモヤに認識すらされていなかったが、ひょんなことから買い物デートに行き、すっぽかされたことで、もやっとした感情を抱き始める。

えりり:小学校時代、唯一のオタク仲間だったが、クラスの友達にオタクのことを話せず話題を合わせるために、トモヤとの距離を置いたことを後悔している。ずっと気になっている。

うたは:自分のラノベを読んで、熱烈な感想をくれる後輩。恋愛には奥手なため、自分の気持ちを書いた小説をトモヤに読ませようとする。

みちる:いとこなので、恋愛感情は全くなし。ただし家族のように思っており、過剰なスキンシップをとるので、えりりとうたはの反感を買う。

こんな感じです。

ギャルゲーを作るというストーリーが進む傍ら、各登場人物のトモヤをめぐる過去が明かされていき、気持ちも変化していく。

恋愛作品としても見どころの多いアニメです。

まとめ:クリエイターに興味のある方におすすめ

「冴えない彼女の育てかた」は、高校生がゲームを本気で作るという話で、クリエイターの裏側を垣間見れますので、クリエイターの仕事に興味がある方には特におすすめです。

かくいうぼくも小説を書いたりするので、すごく刺激を受けました。

もちろん、青春アニメやラブコメが好きな方にもぜひおすすめしたい作品です。

dアニメストア、Amazonプライムなどで視聴が可能です。登録がまだの方はサクッと登録して見ましょう。

 

ラノベもあります

ラノべもあります。

ラノベでは、アニメで放映されている24話では描き切れていない先の話もここでは描かれていて、めちゃくちゃ面白かったです。

 

アニメで描かれている最初の1年がすべてその後の2年目の物語の伏線になっていて、3日くらいで読み切ってしまいました。

中毒性のある作品です。

アニメ見た後や小説が好きな方に超おすすめです。

ラノベはこちら↓

 

コミックスもあります↓

 

【追記】2019年映画化決定!

追記です。

2019年10月26日(土)に映画化が決定しました!

描かれる内容は2期の24話の後のストーリー。ギャルゲーづくりを始めて2年目のお話です。

小説を読んで先を知っている身としては、激アツな展開です。

面白いこと間違いなしです。

まだアニメを見てないという方は映画公開前にぜひ見てください!

まだ間に合います。

PVはこちら↓

関連記事

【2019年最新】超面白いアニメランキングベスト92!名作や人気作も

アニメ「ソードアートオンライン」の感想をレビュー【ゲーム+死ぬ】

アニメ「五等分の花嫁」の感想をレビュー【5人のかわいさ×考察】

アニメカテゴリの記事一覧はこちら

The following two tabs change content below.
クソアニオタ旅ブロガー。 旅とブログとアニメを愛しています。 8カ国400日以上海外を旅し、ブログ歴2年で800記事を書きました。 アニメは9ヶ月で180作品を観破。 夢は世界全周です。