武者修行プログラムとは?

【現役が解説】未経験エンジニアはきつい?→きついけど充実はある件

限定特典あり

当ブログの読者の方には特別にお得な友達紹介の特典があります!!ぜひご活用ください!

【特典あり】ワークポートの友達紹介を受ける方法

 

あなた

未経験エンジニアはきつい?

 

こんな疑問に答えます。

 

どうも、未経験からエンジニアになって半年がたちました、そらりんです。

 

エンジニアってきついってイメージありますよね?

ブラックとか、家に帰れないとか、ずっとパソコンの前から離れられないとか、きついって噂をよく聞きますよね。

 

しかも未経験からのスタートとなると、そこにかかるプレッシャーとストレスは増えます。

 

でもものづくりには関わってみたいし、なろうかほんとに迷う。

そんな方がいると思います。

 

そんなあなたに、未経験からエンジニアになって半年車メーカーで働いているぼくが、そのリアルを本音で徹底暴露します。

 

▼おすすめの転職エージェント▼

ワークポート

 

・50万人が利用

・6期連続転職決定人数1位

・楽天、カプコンなどの大手企業に輩出実績あり

・未経験OKの案件が約3,000件あり

・IT、ゲーム業界に強い

 

未経験からエンジニアになりました

 

まずは簡単にぼくの経歴から。

 

半年前の2019年4月にエンジニア派遣会社パーソルテクノロジースタッフに中途入社し、現在はトヨタ自動車に派遣されて、新米エンジニアをしています。

 

パーソルテクノロジースタッフ

 

エンジニアの種類は制御エンジニアと呼ばれ、簡単に言うと、システムが誤作動や不具合を起こさないようにする仕事です。

 

専門としているのは、車のバッテリーの不具合を管理する部品。バッテリー上がりなどを防ぐことが目的です。

 

ぼくの仕事内容

ぼくの仕事内容をさらっと紹介すると、車のバッテリーが走っていて不具合や誤作動などを起こさないように、作られたシステムに問題がないかをチェックすることです。

 

トヨタから部品の設計やシステムを作ることを委託されたサプライヤーから完成品をもらって、チェックし、問題がなければOKとし、問題があれば、差し戻すといったことです。

 

ただし、新米で専門知識が全くないので、実際の業務内容は、

 

・先輩社員の仕事のお手伝い

・ミーティングの設定

・エクセルによるデータ整理

・サプライヤーから受け取ったシステムの完成品に問題がないかチェックして、承認する

・ミーティングに出席して勉強

 

という感じです。

 

日々の業務を通して慣れながら、勉強していく感じです。

 

面倒見てくれる上司がつく

とはいえ、一人で全部解決することはまず無理なので、担当で面倒を見てくれる上司の方がついています。

 

その方に業務を教えてもらって、自分でトライしてみて、わからないところがあれば、その都度質問する。

 

これを繰り返す感じです。

 

なのでわからないことを無理やりやらされることもないので、不安は特にないです。

 

そこの体制は、さすがトヨタというところもあって、しっかりしています。

 

未経験からエンジニアになった感想

 

未経験からエンジニアになった感想を述べると、ぶっちゃけ

 

きつい:充実 = 7:3

 

くらいですかね。

 

まだ入ったばかりで環境に慣れてないのと、一人だけぽつんと派遣されていて、自社の人がいないので、心細いのもメンタルにきます。

 

でも充実感もあるっちゃあります。普段知ることのない車のメカニズムとかを知れるので、知識は増えていくので、知的好奇心は満たされます。

 

きついことと、充実してることを次にまとめます。

 

きついこと

 

きついなと思ったことは、以下の通り。

 

・覚えることが多い

・たまに残業がある

・専門用語が全くわからない

 

順に解説します。

 

覚えることが多い

まず、覚えることが多いです。

 

これはどんな会社だろうと同じだと思いますが、これが一番頭をパンクさせるので、脳に負担がかかりますね。

 

・バッテリーの知識

・担当部品の機能

・トヨタ用語

・車の用語

・トヨタの開発における標準ルール

 

などがあります。

高校のとき理科の勉強で電池の問題やりましたが、そんなの忘れてるのでその復習から始まります。

 

あと担当部品の機能。昔はどんな機能がついてて、次に開発しようとしてるのは、どんな機能がつくのか。

そしてなんでその機能が必要になったのかなども把握しないと、先輩方の話に全くついていけません。(ついていけてません)

 

あと、トヨタ社内で使われる共通言語として、トヨタ用語というのがあります。この中にSOCなどのアルファベット3文字のものが多くて、似たものが多くて、もうわけわからなくなります。

 

また、車についても初心者なので、周辺の部品の勉強もしなきゃいけません。シャントとか、エンコパとかいろんな言葉があります。もうこのへんで頭爆発しそうですね。

 

あと、トヨタ標準ルールという、開発するにあたって「このルール守ってね」という基準があって、それもわからないので、ちょこちょこ覚えていかないといけない。

 

まじ大変です。きついのの7割はここです。

 

たまに残業がある

また、たまに残業があります。

 

夜中までとか、会社に泊まるみたいなことは、トヨタでは絶対ありませんが、2〜3時間の残業は今のところ週1ペースであります。

 

現在1ヶ月の残業時間は15時間くらいです。週1〜2で残業し、他の日は定時で帰らせていただいてます。

 

慣れてないので、残業しまくると、体壊すのが予想できるので、抑えてます。

 

でもほかの社員さんたちは、月30〜40時間は普通に残業してます。定時で帰ることはあんまりないですね。

 

専門用語が全くわからない

また、専門用語が全くわからないです。

 

・バッテリーの知識

・部品の専門用語

・車の部品の用語

・トヨタ用語

 

このあたりがミーティングではバンバン飛び交うので、英語で会話するのを聞いてるような感覚になります。

 

全く理解できません。そんなときにパッと質問されたりするので、超焦ります。

(結局わからないですと答えるしかないですが)

 

これは慣れしかないですね。繰り返し使って、意味を調べて覚えていくしかないです。

言葉がわからないのは、精神的にきつい部分もありますね。

 

充実を感じること

 

では、逆に充実を感じることは何かというと、以下の通りです。

 

・車の中身を知れる

・最先端の技術を知れる

・未経験だから成長スピードが早い

 

上記のとおりです。

順に解説します。

 

車の中身を知れる

まず、車の中身を知れます。

車って普段乗ってるけど、どういう仕組みで動いてるのかわかりません。

 

ぼくはぶっちゃけその仕組みに興味はなかったんですが、実際仕事するうちに知っていくと、「へえ!そうなってんだ!」と思うことが多くて、楽しくなってきました。

 

例えば、

 

・車が前に進むのは、エンジン内の発電機の回転運動をエネルギーに変えているから

・バッテリーの温度や電圧などのデータを車内で測定して、遠隔でトヨタのシステムセンターに送っている

・車のシステムに組まれているプログラムは、何百万行に及ぶコードによって作られている

 

というようなことを知りました。

 

車だって人が作ってるものなので、細かく分解すれば、人が作れる内容になってます。

でも一台の車を作るのに下手したら何万人もの人が関わっているので、ほんとに人類の叡智がすべて組み込まれています。

 

そう考えると、車ってすげえなって思ったし、その世界最先端を行くトヨタってすごすぎるわって思いました。

 

トヨタで働けることを誇りに思いましたね。

 

最先端の技術を知れる

また、最先端の技術を知れます。

 

まだ夜に出ていない数年後に出る、近未来の車の話も社内で飛び交ってます。

 

近未来の車というと、想像するのがすごくワクワクしませんか?

 

社外に出ている話だと、2025年に発売を目指している、e-paletteという箱型の移動体があります。

 

 

完全に自動運転で、移動、物流、物販など多目的に利用できるような、次世代の移動体です。

 

どんな利用シチュエーションを考えているかというと、

 

・明日大阪で仕事があるから、東京から寝ている間に大阪へ移動する

・ピザ屋やバーなど快適な移動販売の実現

・移動しながらパソコンを開いて仕事をする

 

など。

 

これまでの車でできたことを遥かに超えた、最先端の乗り物をトヨタは作ろうとしています。

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

 

 

 

こういった最先端の技術、そして次世代の乗り物をいち早く知れるというのは、すごく興奮します。

 

未経験だから成長スピードが早い

また、未経験だから成長スピードが早いです。

 

ぼくはトヨタで勤務し始めて3ヶ月ですが、その3ヶ月にぐんぐん成長してるのを感じてます。

 

車の知識には間違いなく詳しくなったので、嬉しいです。

 

成長を感じられると、前に進んでる感じがして、やっぱりモチベーションは上がりますね。

 

よくある質問

よくある質問をまとめました。

それに対して、本音で答えていきます。

 

・会社に泊まることは?

・上司は怖い?

・夜中まで残業はある?

・ずっとパソコンに向かってるの?

 

会社に泊まることは?

絶対ありません。

これはぼくだけでなく、全社員ないはずです。

 

働き方改革を先頭で走っているのは、やはりトヨタです。

 

残業も月30時間以上超えないようにすることを標準ルールとしており、それを超える場合は申請を出さないといけなかったりします。

 

残業することに厳しいホワイトな会社と言えます。

 

もちろん会社によると思いますが、こういうホワイトな会社もあります。

 

上司は怖い?

上司は優しいです。

未経験でできないのを知ってるので、それを考慮した上で、教育していただいています。

 

夜中まで残業はある?

夜中まで残ることもないです。

ぼくは最大21時までしか残業したことはありません。

 

ほかの社員さんが23時にいることはたまにあるそうですが。

 

ずっとパソコンに向かってるの?

これは半分そうですね。

半分はパソコンで作業して、半分はミーティングが多いです。

 

委託してる部品のメーカーとの打ち合わせが毎週あるので、移動もあります。

 

 

 

エンジニアはきついけど、やりがいはある

 

まとめです。

 

エンジニアは最初は体力的にも頭的にも疲れるしきついですが、新しい知識を覚えてスキルに繋げられるんで、やりがいはあります。

 

ものづくりとかスキルを手に職つけたいという方は、エンジニアがおすすめです。

 

未経験からエンジニアに転職したい方は、転職エージェントのワークポートを利用することがおすすめです。

 

 

エンジニアに転職したい方は、こちらの記事にワークポートを使って、2か月で未経験からエンジニアに転職した体験談を2万字に及んで、超詳細に書いてあります。

合わせてぜひ読んでください!

【転職成功者が暴露】転職エージェントワークポートの評判や口コミは?
限定特典あり

当ブログの読者の方には特別にお得な友達紹介の特典があります!!ぜひご活用ください!

【特典あり】ワークポートの友達紹介を受ける方法

関連記事

未経験からエンジニアになることを決意!ワークポートの面談に行ってきた!

【利用者が暴露】ワークポートで未経験からIT企業に転職できた話

エンジニアはきつい?つらい?現役制御エンジニアが仕事のリアルを暴露

自動車開発エンジニアってどんな仕事?現役エンジニアが解説

エンジニアはきつい?つらい?現役制御エンジニアが仕事のリアルを暴露

The following two tabs change content below.
超実践型ビジネス体験インターンプログラム「武者修行プログラム」に参加して、人生が大きく変わった社会人ブロガー。武者修行プログラムのことを詳しく紹介する当ブログ「引きこもり大学生が武者修行プログラムで人生変えたブログ」を運営中。 何かに挑戦したい、成長したいという思いを抱いている大学生の方に武者修行プログラムの素晴らしさを伝えタイト思い、当ブログを運営しています。