【体験者が暴露】未経験エンジニアの2か月の研修内容を徹底解説する

あなた

未経験エンジニアの研修って何するの?

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでいるあなたは、未経験エンジニアの研修内容を知りたい方ですね。

そんなあなたに、未経験からエンジニアになったぼくが、研修でやったことを解説します。

筆者の経歴

未経験からエンジニアになった

未経験エンジニアとしてエンジニア派遣会社に就職しました

最初にぼくの経歴からご紹介。

未経験からエンジニアになりました。

従業員2,000人ほどのエンジニア派遣会社に就職し、組み込みエンジニアとして現在自動車メーカーに派遣され、働いています

そんなぼくが、未経験からエンジニアになったときの最初の研修内容を紹介します。

未経験エンジニアの研修内容

 

未経験エンジニアの研修内容は以下の通りでした。

・ビジネスマナー研修

・C言語課題演習

・フローチャート作成演習

・マイコン課題演習

時系列で詳しく説明していきます。

 

  • STEP.1
    ビジネスマナー研修(2週間)

    まずは社会人の基礎、ビジネスマナーから。

    正しい敬語の使い方や社会人としての心構えまで、新入社員が全員通る道を通ります。

  • STEP.2
    C言語課題演習(3週間)

    ビジネスマナー研修が終わったら、技術的な研修です。

    まずは、C言語の演習。

    6つの課題と、テキストを渡されて、自力で勉強し、課題を解いていきます。

    一応教育担当の方もいて、質問に答えてくれます。が、基本自力です。

  • STEP.3
    フローチャート作成演習(1週間)

    C言語の課題が終わったら、フローチャートの作成練習をします。

    目的のプログラムを作るためには、手順となるフローチャートを作る必要があるので、その練習です。

    演習問題を2問解きました。

  • STEP.4
    マイコン課題演習(2週間)

    次にマイコンの課題演習です。

    マイコンというパソコンの基盤のようなものを使って、C言語のコードを打って、ランプを点灯させたり、ディスプレイに文字を表示させたりします。

    ちょっと実践的でものづくりっぽくなってきましたが、思い通りの指示がなかなか通らず、難しいです。

以上が、研修の流れです。

これをやりつつ、研修期間の真ん中と最後に、中間報告、最終報告と称して、報告書を作り、プレゼンをしました。

これも報告書を作る練習です。

研修の感想

研修の感想をまとめると、以下の通りになります。

・難しい

・毎日頭フル回転させて疲れる

・地道ではあるが、成長する

上記の通り。

はじめてのことばかりなので、頭使って疲れますが、コツコツやっていくと、徐々にわかってきます。

1ヶ月経つとC言語もわかるようになってきます。

一度挫折したりもしましたが、

苦しみながらも、成長はしていきます。

まとめ : 1人前までの道のりは長い

まとめです。

研修ではC言語をメインにやっていき、エンジニアとしての基礎を身に着けました。

しかし、就業が始まってからも新しい業務やツールがバンバン出てきて、毎日てんてこまいです。

1人前のエンジニアになれる日はまだ遠いです。

関連記事

エンジニアはきつい?つらい?現役制御エンジニアが仕事のリアルを暴露

ワークポートの口コミや評判を転職成功者の僕がリアルを徹底解説する

未経験からエンジニアに転職できたので、その方法を解説する

今さら聞けない、エンジニアの仕事内容を現役エンジニアが徹底解説

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。