【体験談】フリーテルの最新アンドロイドスマホjetfonを1ヶ月使ってみた感想をレビューします

あなた

フリーテルのjetfonってスマホいいのかな?使用者の声を聞きたいな。

こんな疑問に答えます。

そらりん

どうも、jetfonを使ってみて、2か月がたちました、そらりんです。

フリーテルの出しているアンドロイドのスマホ、jetfonを2か月使ってみたので、そのレビューをしていきます。

jetfonってどんなスマホ?

まずはjetfonってどんなスマホなの?っていうところからひもといていきます。

特徴

特徴はこんな感じ。


・世界初SIMカード不要で100以上の国と地域でつなげられるスマホ(クラウドSIMテクノロジー)

・多様な周波数に対応

・海外でも安定した通信を実現(CPU Snapdragon搭載)


・2万円で買える

世界初SIMカードなしで空港に着いた瞬間、アプリで現地の電波とつなぐことができるというスマホです。

クラウドSIMテクノロジーとは?

今までは海外や日本でも電波を使うときは、格安SIMを使うことが多く、海外に行ったときには、その国のSIMカードを買わなければ、電波がつながらなかったのですが、

このスマホはその不便をなくし、空港に着いた瞬間に電波がつながる仕組みを作りました。

もちろん、従来のSIMカードも使うことができます。デュアルSIMなので2つSIMを入れることができます。

そらりん

実際、ぼくは日本にいるとき、格安SIMを入れています。

jetfonで契約すると高くつくので、空港に着いた瞬間に必要でなければ無理して契約する必要はありません。

その料金体系については後述。

スペック

スペックの中でメインのものをピックアップしてまとめます。

サイズ 高さ154mm
幅76mm
厚さ7.9mm
重さ 180g
ディスプレイ サイズ5.5インチ
解像度1920ドット×1080ドット(FHD)
タイプIPS結晶
OS Android 7.1.2 Nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 652 Octa Core (4 x 1.8GHz, 4 x 1.1GHz)
メモリー RAM 4GB
RAM 64GB
micro SDカードスロット mircoSD(最大2GB)/microSDHC(最大32GB)/microSDXC(最大256GB)
カメラ メイン 画素数 約1300万画素
動画 HD 1080p
サブ 画素数 約800万画素
動画 HD 1080p
バッテリー 容量 2,900mAh
取り外し 不可
2G:約397時間(約16.5日)
3G:約362時間(約15日)
4G:約278時間(約11.5日)
3G:約760分
4G(VoLTE):約600分
SIM スロット数 2 (DSDS) 
サイズ nano / nano

もっといろんなスペックの詳細は公式サイトからご覧ください。

備考としましては、


・防水機能なし

・デュアルSIM

・イヤホンジャックあり


細かいところで言うと、こんな特徴もあります。

普通に使う場合であれば、問題のある機能はありません。

いいポイント

jetfonのいいと思ったポイントは次の4点。


①安い

②読み込み速度も問題なし

③初めてアンドロイド使う場合も使いやすい


④iPhoneよりも画素数が高い


ぼくがいいと思ったのはクラウドSIMテクノロジーではなく、コスパです。

海外に行く用事がないため、複数の国の電波は必要としていませんが、安いのに機能が問題なく使えて、不便がないこと。

ここがぼくのおすすめポイントです。

カメラの画素数がなんとiPhoneXよりも高い

jetfonはカメラ性能については触れられていませんが、なんとiPhoneXよりも画素数が高いんです。

画素数だけで見たらカメラを推しているiPhoneXRよりも高いというスペック。(iPhoneXは1200万画素)

そらりん

jetfonに替える前はiPhone6を使っていましたが、型落ちのiPhoneよりも3万くらい安いのに、問題なく使えるなら、ジョブズ信者のプライドを捨てて、アンドロイドに乗り換える価値は十分にあります。

ぼくもiPhone信者でしたが、アンドロイドに替えてみたら別に使いにくい点は特になく、むしろ安く買えたので満足しています。

よくないポイント

よくないポイントはぶっちゃけありません。

iPhoneと比べて操作感やボタンの位置など異なる点があるので最初は戸惑うこともありますが、それも1週間ほどで慣れます。

それよりも安くて問題なく高機能で使えることのメリットがあまりあって大きいです。

iPhoneとどっちがいい?

筆者のぼくはこのjetfonを使う前は、スマホを使い始めてから6年間ずっとiPhoneを使ってきました。

しかしここで値段をとり、アンドロイドに乗り換えました。

感想はどちらでも使えるので、どちらでも問題ありません。

ぼくもずっとアンドロイドに替えることはしぶっていましたが、それは慣れた操作方法から変えることが面倒だったにすぎません。

そのために型落ちなのにアンドロイドよりも高い端末にお金を払っていました。

このムダさに気づきました。

特別にiPhoneである必要がないのなら、アンドロイドで安い端末を買った方がほかにいろんなお金の使い方ができると思うので、個人的にはジョブズへの信仰心よりもコスパを優先して考えることをオススメします。

価格は?

端末の価格は

22,800円

です

iPhoneで比べると、



・iPhoneXR 84,800円

・iPhoneXS 5.8インチ 112,800円

・iPhoneXS Max 6.5インチ 124,800円


とこんなに違いがあります。

普段の日常で使用するのであれば、jetfonの圧倒的コスパのよさがわかります。iPhoneXRの3分の1以下の値段です。

これに加えてSIMなしで海外の電波を使える点を考えれば、さらにメリットは大きいですね。

格安SIMを使えばさらに安くできる

 

jetfonは世界中どこでもすぐにつながることを特徴としてうたっているので、SIMがなくてもjetfonで契約すれば電波が使えます。

しかし空港で即座に必要にならないのであれば、無理にそこで契約する必要はありません。

日本にいるなら、既存の格安SIMを使えば月額1700円ほどで、安く使うことが可能です。

実際、ぼくは端末だけ購入して、SIMはmineoを使っているので、毎月の支払いは1700円ほどです。

 

こんな人にオススメ

jetfonはこんな人にオススメです。


・iPhone少し高いなと思う人

・ブランドでなく、コスパでスマホを選ぶ人

・海外主張をよくする人

・海外旅行をする人

・空港ですぐに電波が必要な人


海外利用が多い人はもちろん、ただ使いやすいからiPhoneを使ってるという方にもオススメです。

アンドロイドは端末自体が安いものもあるので、かかるお金を減らすことができます。

画質もいいですし、使い勝手も問題ありませんので、自信を持ってすすめられます。

まとめ:2万でこのスペックはすごい

いかがでしたか?

ぼくは正直2万でこのスペックが使えるというのに驚きました。

今までiPhoneに払っていた高い端末代は何だったのかと思わされるほど。

iPhoneでもこのjetfonでも不便さは変わらずほとんどないので、特にこだわりがない方は、

今度買い換えるときに思い切ってアンドロイドに替えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

The following two tabs change content below.
旅を愛しています。 旅経験は今まで8か国425日。 旅ノマドを実現するべく、ブログとプログラミングを学習しています。 ブログ歴2年、プログラミング歴半年です。 「ネットで稼ぐ力をつけて自由に旅する魅力」を発信しています。 夢は世界全周です。