【完全公開】武者修行プログラムの14日間で行ったすべてのこと【体験談】

大学生

武者修行プログラムって期間中どんなことするのかな?ネットに詳しい情報が少ないよ。

こんな疑問に答えます。

そらりん

どうも、2017年3月に武者修行プログラムに参加しました、そらりんです!

この記事を読んでいるあなたは、武者修行プログラムを知って気になるから、もっと詳しい情報が欲しい方ですね。

そんなあなたのために、過去に武者修行プログラムに参加した経験のある、ぼくが14日間で行った活動の詳細を全部公開します。

筆者の経験
2017年春12タームで武者修行プログラムに参加。日本語学校のインサイドマーケティングを担当した。その体験談をブログに30記事にわたって執筆。

武者修行プログラムって?

武者修行プログラムは1文で表すと、

大学生がビジネス体験をし、自分と向き合い、人生について深く考えるベトナムでの2週間のインターン

とまとめることができます。

ただの業務を覚えるインターンではなく、大学生の成長にコミットしたプログラムであり、起業家精神を育てたいという思いのもと、存在するインターンです。

実績もすばらしく、

・過去参加者2,500名以上(5年間)
・大学の単位認定科目になった

という輝かしい実績があります。

かっこいいPVもあります。

2週間の大まかな流れ

2週間の大まかな流れは以下の通り。

日本 事前研修、顔合わせ
ベトナム キックオフ
現地リサーチ
中間プレゼン
企画の改善
最終プレゼン
日本 事後研修

これをベトナムの14日間、日本で数日行い、完了です。

短いですが、その濃さと言ったら、日本にいるときの3か月分に匹敵します。

(ぼくの個人的裁量です)

ぼくの参加した店舗

フェイスブックより引用

武者修行プログラムは担当する店舗によって活動が変わってくるので、

ぼくの担当した店舗を紹介しておきます。

ぼくの担当店舗は日本語学校。

担当チームはインサイドマーケティングでした。

インサイドマーケティングは、「購買率の向上、顧客単価の向上」を目的にしたチームです。

なので、お土産屋のように物を売ったりはしていません。生徒に寄り添ってサービスをよりよくするようなことがメインの活動でした。

お土産屋など違う業態の仕事は、経験してないので書いていません。

他の店舗の情報が知りたい方はこちらの記事に書いていますので、参照ください。

関連記事:ネットに載ってない武者修行プログラムが持つベトナムの店舗10こを過去参加者が紹介します

武者修行プログラムで行った活動のすべて

では武者修行プログラムに参加したぼくの、おこなった活動すべてを時系列で紹介していきます。

詳細は各記事へリンクを貼っていますので、そこから飛んで読んでみてくださいね。

参加前の日本での活動

事前研修(1/23)

ぼくが武者修行プログラムに申し込んだのは参加した前年の11月でした。

だいたい参加日程の2か月ほど前に、事前研修というイベントが1日だけあります。

事前研修では、マーケティングやビジネスの仕組みなどの学習をします。加えて、春なら春に参加する同じ地区の人と顔合わせもします。

ここで知識を入れて、 日程と担当店舗が決まったら、チームに振り分けられます。

参加前にやったこと(2月~3月前半)

近日公開

何も準備せずにいきなりベトナムに行っても何もできないので、参加前に日本で準備をします。

参加前にやること
  • チームメンバーと顔合わせ(スカイプなど)
  • 企画書の作成、提出

2週間共に過ごすチームのメンバーともコミュニケーションをとっておく必要があります。

いきなり出会ってすぐに意見を言い合うのも難しいので。

ぼくの場合は、チーム全員みんな住んでるところが違ったので数回スカイプでミーティングしました。

参加前の日本ではこんな動きをしていました。

初めて東南アジアに上陸編

Day0(3/14)

ついにベトナムに上陸です。

初めての東南アジアで、びくびくしてましたが、なんとかホテルまでたどりつきました。

すべてが空回りし続けた前半編

Day1(3/15)

武者修行プログラムがスタート。

初日はキックオフということで、プログラムの説明と、店舗の紹介。あとはアイスブレイクのゲームをやりました。

夜は親睦会で、ワイワイファシリテーターも参加者も交流を深めました。比較的ライトな日でした。

Day2(3/16)

二日目は、活動初日。

授業見学してみたり、路上アンケートしてみたり、まだ何をしていいかわからない状態で、とりあえず情報収集していました。

現地の先生に話を聞いたりもしてました。

Day3(3/17)

3日目は、昨日の続きで情報収集をしつつも、翌日の中間プレゼンの準備をしないといけないので、企画を考えてとりあえず試してみました。

チームメンバーとはまだうまくかみ合わない感じで、不安の残る日でした。

Day4

この日は地獄でしたね。

中間プレゼンでたくさん指摘されて軽く挫折しかけました。

メンタルはボロボロになって、号泣しました。

メンバー全員「ここで変わらなきゃ」と思いました。

期間中で一番大きい壁にぶち当たった日です。

海にバーベキュー!存分に遊んだオフ日編

Day5

前半戦が昨日で終了し、プログラム期間中唯一の休み。

海に行って、バーベキューとビールを楽しんで、思う存分リフレッシュしました。

行動力が爆増!新たなスタート切った後半編

Day6

後半戦初日。

4日目の反省を生かして、行動力を爆増させました。コミット量がぐんとあがりました。

生徒一人ひとりにアポをとって1時間みっちりコミュニケーションをとってノート5枚分もメモを取りました。

Day7

この日は6日目に続いて、生徒の情報収集にあてました。

生徒が何を求めて日本語を勉強しているか、自分たちが何を提供できるのかを考えて、生徒とのコミュニケーションを行いました。

Day8

6,7日目の情報収集のおかげで、だいぶ生徒の事、日本語学校のことがわかってきたので、それをもとに企画を立てて、検証し始めました。

同時にチームのまとまりがよくなってきて、歯車がまわり始めました。

やっと楽しくなってきたタイミングです。

チームがまとまり始めた、ラストスパート編

Day9

ここからラストスパートに入っていきます。

立てた企画に検証を重ねていきます。

Day10

順調に進んでいるはずでしたが、ここでまさかの出来事が。

一緒に2週間苦楽を共にしてきたチームメンバーから苦手宣告を受けてしまいます。

それでもプログラムは進んでいきます。

どうなるんでしょうか?

Day11

いよいよ活動最終日になりました。

翌日の最終プレゼンに向けて、企画の効果検証に明け暮れました。

悔いの残らないように全力で尽くしました。

Day12

そして、迎えた最終プレゼン。

ここで自分たちの企画が採用されるかが、決まります。

運命の瞬間。はたして2週間続けてきた努力は実るのか?

引継ぎと帰国

Day13

近日公開

Day14

近日公開

事後研修

近日公開

武者修行に参加した、その後

武者修行プログラムは終わった後が肝心です。

ただベトナムへ行って、ビジネス体験することが目的なのではありません。

運営会社や社長の願いは、「参加者が帰国後も自分の力で変わり続け、成長し続けること」です。

ぼくの知り合いに、帰国した後もとの生活に戻ってしまう人もいましたが、ぼくはその願いの通り、変化を続けています。

・ブログ開設、2年で750記事を執筆
・ベトナムに移住し、担当した日本語学校で日本語教師として1年勤務
・武者修行アドバンスに参加(ベトナムでレストランを起業するインターン)

こんな具合に行動し続けています。

これを書いている今日もぼくは自分の夢に向かって日々努力を続けています。

武者修行に参加して人生を変えよう

武者修行で人生を変えよう。

と言うと、うさんくさいと思われるかもしれません。

でも武者修行で人生が変わることは事実です。

なぜならこの記事を書いているぼくが、変わったから。

そこで得た経験がすべての行動力の源となり、今爆速で成長することができています。

あなたも生まれ変わりたいと願うのなら、武者修行プログラムに参加することをぜひオススメします。

こちらもおすすめ

【体験者が暴露】海外ビジネス武者修行プログラムは怪しい?口コミや評判は?

The following two tabs change content below.
旅を愛しています。 旅経験は今まで8か国425日。 旅ノマドを実現するべく、ブログとプログラミングを学習しています。 ブログ歴2年、プログラミング歴半年です。 「ネットで稼ぐ力をつけて自由に旅する魅力」を発信しています。 夢は世界全周です。