【Day6】後半戦フルスロットルで始動!【武者修行】

そらりん

どうも、2017年3月に武者修行プログラムに参加した、そらりんです!

武者修行体験記も6日目になりました。

前日のオフをしっかり楽しんで体を休ませたので、今日からの後半戦を頑張っていきます。

武者修行体験記を最初から読みたい方はこちら

今日の活動

今日は朝礼終礼で学んた事は少なかったので、省きます。

本日の活動は以下の通りです。

・前半の反省
・生徒への徹底ヒアリング

順に何をやったか説明していきます。

前半の反省

前半戦の4日目まではチームがうまくいかなかったので、それを中間プレゼン、面談で指摘してもらいました。

今日はそのアドバイスからまずは反省をしました。

よくなかったところは以下の通り。

・インサイドマーケティングの仕事がわかっていなかった
・生徒へのヒアリングの不足(なんのためにやるのか、誰のためにやるのかという意識)
・日本で成功しているビジネスモデルを持ってくることができていなかった
・ベトナムの日本語学校のビジネスモデルの理解不足
・思い込み力に対するブレーキが効かなかった(暴走した)
・思考が浅すぎる

自分たちの浅はかさを思い知りました。

いろいろと足りないところが多すぎるということを思い知りました。

その挫折のおかげでこの日から一気にグンとコミット量が変わります。

生徒への徹底ヒアリング

行動量が格段に上がった様子は、インタビューの量の変化から読み取れます。

4日目までは生徒ではなく、街頭インタビューをして日本語を学びたい人がいるかの調査をしていました。

そのときのインタビュー量とDay6で行ったインタビューの量を比較してみると、こんな変化が起きました。

数字にして5倍です。

2日しかたっていないのに、コミット量はぐんと上がりました。人間やればできるものですね。

しかも聞く内容ももっとその人の本質に迫るように、深くまで掘り下げて聞くようになりました。

そうすると文量も増えるし、純粋に情報量が10倍以上になりました。

主に以下のような情報が得られました。

・生徒が何を考えてるか
・なぜ日本語を勉強しているのか(学業のため?給料を上げたいから?スキルをつけたいから?)
・日本に行って何をしたいのか(留学?就職?、旅行?)
・モチベーションはどこからくるのか(アニメ?資格?時代の流れ?)
・苦手とする分野(カタカナ、漢字、文法など)
・日本についてどこまで知っているか(桜や富士山程度なのか、芸能人を知ってる程度か)
・学校に対する要望(アニメのポスターを張ってほしいなど)
・学校に対する印象(先生がフレンドリー)

とにかくしゃべりまくって聞きまくったので、膨大な量の情報が得られて、やるべきことの方向性がパッとわかるようになりました。

大きな前進です。初めて武者修行に参加して楽しいと思ったと同時に、ビジネスとはどうするものかがわかった気がしましたね。

後半戦フルスロットルで始動!

後半戦気合十分にスタートを切りました。

明らかに空回りしてた前半戦とは勢いが違います。

挫折を経験し、メンバー3人ともが自分の課題に気づいて、変わりはじめようとしています。

徐々に「変態」の片鱗が見えてきました。

ここからの成長が楽しみです。

次回の記事をお楽しみに!

関連記事

【体験者が暴露】海外ビジネス武者修行プログラムは怪しい?口コミや評判は?

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。