【体験談】海外ビジネス武者修行プログラムの事後研修に行ってみた!

あなた

武者修行プログラムの事後研修って何するの?

こんな疑問に答えます。

そらりん

どうも、武者修行プログラムに参加した、そらりんです。

今回は武者修行プログラムが終わった翌月にその振り返りを行う、事後研修でやったことをお話しします。

事後研修の内容

事後研修の内容は以下の通りです。

事後研修の内容

以上の通りです。

武者修行プログラム終了後の振り返り

事後研修は春と夏のシーズンのタームの翌月にそれぞれ行われます。

12,1,2,3月の参加者→4月中旬

8,9月の参加者→10月中旬

この事後研修の目的は、 武者修行プログラムが終わったあとに、きちんと意識を持って行動を変えられたかを振り返ること」です。

図、振り返って自分の行動を見直す

武者修行プログラムでは、物事に真剣に向き合うことで、成長することの大切さと楽しさを学びます。

ベトナムではその意識を保てても、日本に帰ってから環境に頼らず自分の力で持続するのは至難の業。

それができたかを振り返る場です。

コミュニティを作る

またコミュニティをつくるというのも、この事後研修の大きなイベントの一つ。

武者修行プログラムには過去の参加者2,900人全員とつながれる巨大フェイスブックグループMAP(Mushashugyo Almini Platform)があります。

そこで

・デザインを一緒に勉強したい
・英語を話せるようになりたい仲間がほしい

といった、共通の目的を持った同志を募って、コミュニティを作ることができます。

または、すでにあるコミュニティに参加することもできます。

ここで新しいつながりを作れます。

余談:そのあとみんなでお泊まり会しました

事後研修の懇親会が終わったあとは、自由解散です。

同じタームのメンバー全員集まりました

こちらは余談ですが、ぼくたちのタームはみんなでエアビを借りて、お泊まり会をしました。

日本全国に散らばってるメンバーが集まれる機会はほとんどないので、せっかくなのでみんなで遊びました。

楽しかったです。

まとめ:武者修行は終わってもつながりは終わらない

武者修行プログラムはベトナムから帰ってきたら、終わりではありません。

終わってからも成長し続けられるための環境は整っています。

事後研修で新しい出会いを作って、さらに活動の幅を広げられます。

変わり続けられるかどうかは、自分の行動次第なので、がんばりましょう。

武者修行プログラムの体験記を読みたい方はこちら

関連記事

武者修行アドバンスに参加してベトナムでレストランを起業した話

武者修行プログラムに参加して学んだ23のこと【ビジネスだけじゃない】

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。