旅人の僕がメンバー9500人のキンコン西野さんのオンラインサロンに入った3つの理由

スポンサーリンク



 

キンコン西野「オンラインサロンメンバーの店に行ってみた」

 

リュックサッカーけいです。

キンコン西野さんのオンラインサロン、エンタメ研究所に入りました。

 

9500人くらいメンバーがいるまぎれもない日本最大のオンラインサロンである西野さんのサロン。

実は2017年後半には入っていたのですが、海外にいたのもあってなかなかかかわることができず、退会していました。

 

それがなぜこのタイミングでもう一度はいることにしたのか。

理由は3つです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

①サロン運営を勉強するため

 

 

 

自分も来月あたりからサロンを作って運営する予定です。

 

 

今はやっているオンラインサロン。ぼくもやってみたいということで、そのコミュニティ運営方法を参考にするためです。

 

コミュニティの魅力と必要性には僕自身も感じていて、もっと必要としている人がいるはずなので、10000人近くも集める西野さんのノウハウをぜひ吸収したいので、入ることにしました。

 

 

 

②西野さんの動向を追いかけるため

 

 

 

これも大きい。

西野さんは時代の先をいく考えを持ち、ディズニーを倒すという言葉の通りに面白いことをバンバンやっています。

 

 

 

去年の絵本の無料公開とか。

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野

 

 

 

また今年出した本、革命のファンファーレにもクリエイターや広告についての最新のやり方を書いていました。

 

 

 

 

さらには今新しい絵本と、えんとつ町のプペルの映画も作っているそうで、これからの時代の中心に必ずなる面白い人なので、その最新情報を知るべく、オンラインサロンに入ることを決めました。

 

 

 

 

 

③エンタメ研究所MAPが面白すぎるから

 

そして3番目の理由。これがあったから今回入ろうと思ったのですが、最近西野さんのブログでも書いているんですが、エンタメ研究所MAPというものが存在します。

 

 

それはメンバーとメンバーを引き合わせるマッチングみたいなもの。

西野さんが地図を作ろうと言い始めたことから、始まりました。

 

【キンコン西野】地図を作る

 

一昨日、サロンメンバーが働いている美容室に足を運んだのですが、これがもう、メチャクチャ最高だったんですね。
すでに共通の話題があるし、共通言語があるし、話が盛り上がるまでが早い。
くわえて、僕がサロンメンバーの店に時間とお金を落とすことによって、サロンメンバーの活動を具体的に後押しすることができます。
この体験があまりにも最高だったので、「今後、僕の時間とお金はなるべくサロンメンバーのお店に落とす」と言ったところ、
「ホントそれ!どうせ、どこかにお金を落とすのだから、それなら、自分と同じコトを面白がっているサロンメンバーの店にお金を落としたい」
というサロンメンバーがたくさんいて、「だったら、サロンメンバーが働いている店』が一目で分かる地図を作りましょう」話がまとまり、昨夜、地図制作がスタートしました。

 

遅かれ早かれ人にお金を落とすようになるという西野さんの考えには賛同で、実際もうぼくは「人」にお金を払っています。

 

この人だから買うという人への強烈な関心があります。

たとえばるってぃさんだからブログを見るし、note、を買うということがあります。それと同じこと。

 

本を買うときなんか、人でしか選んでないですから。

 

やっぱりこれが一番面白くて、また西野さんのサロンメンバーは全世界にいますから、旅しながらいろんな人のところ訪れて話聞くのが一番面白いなと感じるので、ここにひかれて入ることにしました。

 

 

まとめ:面白いものには積極的に参加してこう

 

結論、おもろいものにはセンサー敏感にして積極的に参加していこうということです。

ぼくは西野さんには多大に影響受けてるし、実際ほかの人がしないようなことをどんどんやってく西野さんは面白いし、それについてくる人に面白い人はいっぱいついてくるはずだから、そりゃ面白いでしょうということで、もう入るしかない!って感じで入りました。

 

入ってみたいかたは月額1000円と安いですし、ぜひ入ってみてください!

 

『西野亮廣エンタメ研究所』はこちら

 

この投稿のツイートはこちら。ここからシェアしてね!


 

関連記事

30点でもいいから世に出してしまう。キンコン西野さんのリーダー作法【新R25】

キンコン西野さんの手掛けるサービス、しるし書店に登録しました!

 

 

オススメ記事

バックパックやスーツケースはもういらない!?リュックで旅行をするべき6つの理由

僕が今15歳だったら高校行かずにバイトして旅に出る。

1歩なんて踏み出さなくていい。

あなたは犬タイプ?猫タイプ?

勉強する姿勢がないと搾取される。ぼくも気づいてから本で学んだ。

 

 

 

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.
世界を旅するのにバックパックは必要ない。 リュックサック1つで世界を旅するリュックサッカー。 ブログ、YouTubeで旅の魅力と旅を取り入れた働き方を発信しています。 国立大学の大学院を中退し、借金を200万抱え、鬱になりました。それを乗り越え、それでも人生をかけて世界を旅するべく、日本を飛び出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です