当ブログのおすすめ記事はこちら!

【体験談】正社員経験0の私が転職エージェントを使って、たった2ヶ月でITエンジニアへ転職に成功した話

あなた

IT企業に転職ししたいけど、何をしたらいいかわからない、、、
ぼくは転職エージェントを使って、2ヶ月で自分の行きたいところに転職できたよ!その体験談を書くよ!

そらりん

こんな疑問にお答えします。

そらりん

どうも、転職エージェントを使ってたった2ヶ月で転職に成功した、そらりんです!

今回はですね、転職エージェントというものを使って、転職に成功した私の体験談をたっぷりご紹介したいと思います。

転職というとハローワークだったり、マイナビなどの転職サイトを使って求人を探したりすると思うんですが、

今回私が選んだ転職エージェントという手段は、自分の行きたい職種を探し出せて、面接の対策もしてくれるなど、 すごく質の高く、短期間で就職までもっていくことのできる、ベストな方法でした。

転職をしようとしてる人にぜひ使ってみてほしいと思ったので、体験談をたっぷりと書いていこうと思います!

2ヶ月で転職活動の結果は?

まずは私の2ヶ月の転職活動の結果についてです。20社応募した中で、

2社
内定

をいただきました。

応募した職種は、ITエンジニア(未経験からの応募も含む)です。

ちなみに私はプログラミング経験も数カ月程度で実務経験0です。

こんな結果を実現できた要因のうち80%は転職エージェントのおかげです。

この実績を実現しえた転職エージェントとはなんなのかを順に説明していきますね。

そもそも転職エージェントって何?

転職活動をしよう!と考えている方の中にも、転職エージェントってそもそも何?っていう方もいるはず。

転職エージェントとは簡単に説明すると以下の通りです。

転職エージェントとは?
人材紹介会社に所属し、転職・キャリアの相談のスペシャリストで、自社でもつ企業の求人の中からあなたに合った求人を提案してマッチングを行ってくれる会社

入りたい企業に入るため、その企業の求人を抱えているエージェントを通して、入社へのサポートをしてくれる会社になります。

有名な転職エージェントでいうとリクルートやDODA、エン転職などがありますね。

転職エージェントはどんなことをしてくれるの?

転職エージェントがしてくれることは主に次の通り。

  1. 思い描くキャリアに沿った企業の提案
  2. 企業への応募
  3. 希望する求人の提案
  4. 面接対策
  5. 職務経歴書、履歴書の添削
  6. 面接のセッティング(日時の設定や応募企業の人事の方とのやり取り)
  7. 業界のこれからの変化

などです。

自分だけで就活しようとしたら、このあたりをすべて自分だけでやらなければならないのて、すごく大変です。

しかし、エージェントならそこの情報網と企業様とのつながりがすでにあるので、就活がグンとしやすくなります。

また受かりやすくなるように、面接の対策や書類の添削など、就活に必要なこともサポートしてくれるので、自身を持って活動に臨めます。

どのエージェントを使ったの?

私が使ったのは、ワークポートというエージェントです。

ワークポートは、人材紹介業界で15年の歴史の長い会社で、ITの案件に特化したエージェントさんです。

またリクナビの調査によると、転職決定人数はNo.1を6連続でとっている会社です。(半年に1回)

ワークポートよりスクショ

今はIT以外の求人も扱っていますが、2013年まではITの求人のみを扱っていました。

ワークポートの実績

ワークポートの実績を簡単に記します。


・35万人が利用している

・転職決定人数6期連続第1位


・楽天、コロプラ、カプコンなど大手IT企業への紹介実績あり


日本中に名をとどろかせる大企業にも輩出しており、転職決定人数ナンバーワンという大きな実績があります。

もっている求人はいろんな業種があるとはいえ、数年前までITに特化したエージェントだったため、IT業界に強いことは変わりないようです。

他のエージェントとの違いは?

ワークポートの他のエージェントとの主な違いは以下の2つ。

  1. ITに特化している
  2. 自社オフィスで無料のプログラミングスクールを提供している

この2点です。マイナビやdodaなどの転職サイトがいろんな業種の求人を扱っているのに対し、ワークポートはITに特に特化している点がやはり他のエージェントとの大きな違いです。

また近年ITエンジニアの不足により、未経験でもOK!という企業も増えています。

そんな企業に応募するにあたって、プログラミングを習っているというポートフォリオを提出するため、

自社のプログラミングスクールにて全くの未経験でもIT企業に応募できるように教育する環境を整えています。教えている言語はPHPです。

2ヶ月間どうやって進んでいったの?

2ヶ月間の転職活動のスケジュールは次の通り。

12/19 ワークポートの面談を受ける

スクールに通い出す

職務経歴書、履歴書の作成

書類の添削、訂正

1/29企業に応募

2/5 面接開始

2/7 二次面接開始

2/14 2社内定が決まる

といった流れでした。

新卒の就活とちがってあっという間に決まっていきました。

ITの会社は面接からの判断が早いらしく、翌日にはもう結果がわかっており、ある企業様では面接の最後に「じゃあ、あなたは一次面接合格で」と言っていただける企業もありました。

内定をいただいた会社にあたっては


1/29 書類提出

2/7 一次面接


2/13 最終面接


2/14 内定


というハイスピードで決まっていきました。

書類を出してからわずか17日で内定をいただけました。

新卒採用の就活では半年以上もかかるので、もっと長い目で見ていたのですが、まさかこんなに早く決まるとは思いませんでした。

エージェントの担当の方に聞いてみたら、めちゃくちゃ早いと言っていました。

でもこのスピード感で内定が決まる可能性は現実的にあるということです。

よかったポイント

2ヶ月で内定が決まり、行きたかった会社にも入れたので、満足度は非常に高いです。

中でもよかったと思ったポイントは以下の5点。

  1. 面接後、相手企業からフィードバックを聞ける
  2. サポートしてくれる心の支え
  3. 各企業に合わせた面接対策
  4. IT業界のこれからの時代の変化などを教えてくれる
  5. プロによる職務経歴書の添削指導

です。

私はこの転職活動において、ワークポートさんの恩恵を非常にたくさん受けたおかげで、転職を成功させることができました。

なので、よかったポイントはたくさんあります。

それぞれ詳しく説明していきますね。

❶面接後、相手企業からフィードバックを聞ける

中でも①のフィードバックは次の面接に生かせるものが多く、確実に毎回の面接を通してレベルアップできたので、非常に質の高い面接ができました。

面接でうまくいかなくて不合格だったとしても、普通の就活では「なにがいけなかったのか」ということは教えてもらえませんよね。

でも落ちた身としては、正直それが一番知りたいはず。

態度が悪かったのか、志望動機が弱かったのか、熱意が伝わらなかったのか。

落ちた理由を知ることができれば、次の面接に生かせるはず。

ワークポートではそれがなんと可能です。結果がわかった後にワークポート側も情報が必要ということで、フィードバックを聞くことができます。

これを聞くことで、どういう目線で面接官が自分のことを見ていたのかが丸裸になるので、面接のときに話すべきことと話さないべきこともわかってきます。

そらりん

個人的には成功の理由はここにあると思っています。

❷サポートしてくれる心の支え

あとはなんといっても心の支えがあることです。面接に行くときは一人で行くし孤独感を味わいそうな就活ですが、一緒に戦ってくれて、応援してくれる人がいると安心感がちがいます。

面接のときに緊張するとせっかくいいところを持っていてもなかなか出せないことも多いはず。

応援してくれる人が近くにいると、それだけで緊張度合いは下がります。

ワークポートの担当の方は転職に役立つ情報を提供してくれるだけでなく、採用まで付き添ってくれるパートナーです。

そらりん

実際私の担当者の方はすごく心配もしてくれていたし、内定が決まったらすごくほっとして肩を下ろしていました。

❸各企業に合わせた面接対策

またワークポートを介して面接を受けている人がたくさんいるので、面接の傾向、面接官がどんな人かも自分が面接を受ける前に前情報として仕入れることができるので、対策がしやすいのもメリットです。

怖い人だったら教えてくれるし、突っ込んだ質問をしてくる人だったら事前にそう伝えてくれるので、心構えができます。

会社とのコネクションとデータが豊富にあるワークポートさんだからこそ、質の高い転職活動ができるはずです。

各企業の雰囲気も熟知しているので、あなたの性格に合った企業はここだということも教えてくれます。

そらりん

例えばぼくの場合、エントリーした企業の中の2社に、特徴は似ているけど社内の風土が「体育会系でギラギラしている会社」と「ワークライフバランスを大事にし、アットホームな感じの会社」がありました。

ぼくがどちらがいいか迷っていた時に、「あなたは後者の方があっていると思いますよ」とアドバイスをいただき、そちらに決めたということもありました。

企業のサイトを見ただけではわからない情報もワークポートさんなら内部の情報も参考にできます。

❹IT業界のこれからの時代の変化などを教えてくれる

エンジニア未経験の方に向けてプログラミングスクールを開放しているくらいなので、IT業界のことをよくわからないまま、そちらに進もうとしている人も転職希望者の中には多いでしょう。(かくいう私もそうでした)

そんな人でも大丈夫なように、担当者の方からスクールの講師の方も、IT業界のことには詳しいので、概要からいろんなことを聞くことができます。

聞いた情報では例えば、


・5Gが普及したらどうなるか

・今後どの分野が伸びてくるか

・どの分野の人が特に足りていないか


など、IT業界に進むなら絶対知っておかないといけない基本的情報も、教えてもらえます。

そらりん

ぼくの担当の方は女性の方でしたが、IT業界のビジネス事情には詳しかったので、なんでも聞くことができました。

❺ プロによる職務経歴書の添削指導

また職務経歴書のいい書き方なども就活を何度もやってないと、わからないので、そこをプロの方に教えてもらえるのは就活の成功確率を上げる重要な要素でしたね。

自己PRの構成、なにを書くかなどは最初の1か月の間にみっちり相談して、何度も書き直しました。

なので安心感を自信をもって、書類選考に臨むことができ、結果9社審査を通過することができました。

よくなかったポイント

ぼくはワークポートさんに行ったおかげで転職活動がうんと短縮されたし、面接も質高くできたし、

なにより自分が行きたい企業に入ることができたので、不満な点はほぼないのですが、よくない点をしいてあげるなら次の2点になります。


❶完全無料だから怪しく感じる

❷担当の方との連絡手段が
専用のアプリからじゃないといけない

転職をサポートしてくれるのはいいけど、プログラミングスクールも完全無料なのですっごく怪しく感じます。

でも担当の方はすごくいい人でしたし、最後までお金を取られることはなかったので、問題ありません。

また現代の20代の目線から言えば、やり取りがきちんとした文面を考えたうえで専用のアプリで送らないといけないのが多少めんどくさいと感じました。

しかし企業に入ったら、結局仕事のメールは必須なので、その練習と思えば必要なことと割り切れるかと思います。

まとめ:短期間で質の高い転職をしたいなら転職エージェントを使うべし

いかがでしたか?

ぼくも就活をしようと思ったときはマイナビに登録して、全部自分の力でやろうとしていました。

しかし、たまたま来ていたメールをチェックして電話面談をしてみたところ、担当の方が話を引き出すのがうまくて、これはいいかもしれないと思い、使うことにしました。

ワークポートを使う場合は、他の転職エージェントを使わないことを決めなければなりませんが、ぼくはITエンジニアとして転職したいなら、ワークポートさえ使っていれば、何も問題ないと思います。

電話面談から内定に至るまで、ぼくはワークポートさんには一切お金を払っていないですので、

試しにまずは電話面談から気軽に使ってみてください。

おまけ1 :ぼくが就職することになった会社について

ぼくが就職することに決めた会社についてご紹介します。

社名はここでは伏せさせていただきますが、

  • 1000名以上規模
  • 未経験からのIoTエンジニア採用
  • 2万人以上のグループ会社の小会社
  • 残業毎月20時間ほど
  • 3か月の研修制度あり

こんな会社です。

教育制度も申し分ないし、面接していただいた人事の方の印象もよく、文句なしの120点で内定を承諾させていただきました。

ちなみにIoTエンジニアに未経験から採用してもらえるところはなかなかないそうです。

おまけ2 :私の職務経歴

最後に私自身の学歴、職務経歴、主な経験を載せておきたいと思います。

あなたの転職活動の参考になったらと思います。

  • 名古屋大学工学部化学・生物工学科卒業
  • 名古屋大学大学院工学研究科中退
  • ベトナムに1年移住、日本語教師を務める
  • 帰国後、IT分野に興味を持ち、ワークポートを知る
  • プログラミング勉強始めたばかり
  • 大学生時代、飲食店アルバイトを2店舗経験(3年ほど)

こんな経歴でした。タイトルにも書きましたが、ぼくは日本での正社員経験がありませんでした。

働いた経験は大学時代のアルバイトとベトナムでの日本語教師。ベトナムでの仕事もアルバイトという契約だったので、正社員ではありませんでした。

面接のときにその点を突っ込まれるかなと思っていましたが、意外にもあまり突っ込まれず、大学時代何をやったか、なぜベトナムに行ったのかなどの質問が多かったです。

あなたが転職活動するとき、ベトナムに住んでたということはまあないと思いますので参考にならないかもしれませんが、正社員経験がなかろうと、どんな経験をして何を得たかが言えれば、問題ありませんでした。

よければ参考になさってください。

関連記事

The following two tabs change content below.
クソアニオタ旅ブロガー。 旅とブログとアニメを愛しています。 8カ国400日以上海外を旅し、ブログ歴2年で800記事を書きました。 アニメは9ヶ月で180作品を観破。 夢は世界全周です。