武者修行プログラムとは?

【体験者が語る】自分が嫌いな4つの原因を教えよう

あなた

自分が嫌いな原因は?

こんな質問に答えます。

 

どうも、自分が大好きで悩みがない会社員ブロガー、けいちゃんです。

 

大学生の頃までは自分が嫌いで仕方なかったですが、22歳以降は自分が好きになり、悩みがなくなりました。

 

そうなれたのは、「自分が嫌い」という現象にパターンがあることがわかり、それを修正したからです。

 

その経験を活かし、今回は自分が嫌いな原因を解説します。

 

自分が嫌いな原因

 

自分が嫌いな原因は以下の通りです。

 

①他人といつも比較している

②自分の嫌なところだけを見ている

③完璧主義

④自己表現をしていない

 

順に解説します。

 

①他人といつも比較している

自分が嫌いということは、「あの人よりも劣っている自分が嫌い」ということなので、すなわち劣等感です。

そういう人は、いつも誰かと自分を比較して、他人より自分が劣っているところだけを注目しています。

それでは自分が嫌いになりますね。

 

②自分の嫌なところだけを見ている

人間には基本的に長所も短所も両方ある生き物です。

ですが、自分が嫌いな人は自分の短所だけを見ていて、長所を見ていません。

長所とは言い換えると「自分ができること」ですね。料理ができるとか、車を運転できるとか。

でもそれは自分にとっては当たり前のことなので、いいことだとは思えません。

 

となると、目につくのは自分の嫌なところだけが残ってしまいます。そうなると、自分が嫌いになっていきます。

 

③完璧主義すぎる

完璧主義な人は、テストで100点取れないと嫌な人ですよね。

60点取れれば合格なのに理想が高すぎるために、100点が取れないと自分が許せないという状態になっています。

 

そうなると、いつまでも自分が認められなくて、100点が取れない自分がどんどん嫌いになっていきます。

 

④自己表現をしていない

人間は自分をさらけ出せる場がないと承認欲求を得られないので、イライラが溜まっていきます。

それに他人に認められないと、どんどん嫌になっていきますよね。

次第に他人に認められない自分が嫌いになっていきます。

 

環境に飛び込んで強制的に自分を変えるべき

 

自分が嫌いな原因はわかっても、それを変えられる環境がなければ、自分が嫌いな状態は変わりません。

自分が嫌いなのは、自分のせいというよりも、環境のせいである側面が大きいです。

 

なので、そんな自分を変えたいのであれば、ある程度強制力を働かせて、環境に飛び込んで変えたほうが早いです。

 

おすすめは、武者修行プログラムという海外インターンです。

僕は、このインターンに参加して、挑戦しまくって、失敗してもそれを乗り越えて、頑張って自分を出せるようになって、

自分か嫌いという状態をむりやり脱することができました。

 

体験談をこちらに書いたので、合わせてお読みください。

 

【参加者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?【ベトナム】

 

自分が嫌いという人は、あなたが原因ではないので、それを脱出できる環境に飛び込んたほうが近道ですよ!

 

 

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【実証済み】後悔から立ち直るたった1つの方法【体験者が語る】

【徹底解説】自信がない大学生でも自信満々になれる3つの方法【実証済】

The following two tabs change content below.
22歳大学生の時に人格否定と借金のダブルパンチでうつ病になり、人生のどん底に。「これでは社会に出てまともに生きることができない」と思い、 自分を変えるインターン、「武者修行プログラム」に参加し、うつ病克服! その後、ベトナムに移住し、日本語教師を経験したり、レストランを起業したりと行動派に生まれ変わる。現在は日本で会社員をしながら、「武者修行プログラム」のすばらしさを本ブログで伝えています。