武者修行プログラムとは?

【内定者が暴露】就活で重要視される人間性3選【身につける方法も解説】

あなた

就活で重要視される人間性は何?

こんな疑問に答えます。

どうも、そらりん(@soralin_journey)です。

大学院中退というハンデを背負いながらも、2ヶ月で20社の会社を受け、2社の内定をもらいました。

学歴面でのハンデを背負った僕が就活で好評価を得られたのは、人間性面を磨いていたからでした。

そのおかげで面接でも、

・第一印象がいい

・ハキハキしている

と面接官に言われ、いい評価を得ました。

就活で求められる人間性ってわからないですよね。でも重視されると聞く。

そんなことで悩んでいるあなたに、就活を人間性で乗り越えた僕が、就活で求められる人間性、そしてその身につけ方まで解説します。

就活において一番重要なのは人間性です

まず第一に伝えておきたいのが、就活において一番重要なのが人間性だということです。

あなた

え?学歴が一番じゃないの?

と思われる方がいると思いますが、あなたが面接官だとして考えてみてください。

 

学歴がよくても人間性が悪かったら?

あなたが企業の人事担当だとして、2人の入社希望者がいたとします。

A : 東大卒だけど態度が悪い

B : 有名じゃない私立大卒だけど人あたりがすごくいい

あなたはどっちの人を採用したいですか?

いくら学歴が高くても、態度が悪い人は採用したくないですよね。

これと同じです。

学歴が高くても、一番最後の決定打になるのはやはり人間性です。

逆に学歴が高くなくても、人当たりがよく、ハキハキと喋り、意見をしっかり持って言える人は好印象になります。

 

就活で重要視される人間性3選

人間性が就活で一番大事ということがわかったところで、本題。

就活で重要視される人間性は以下の3つです。

・積極性

・柔軟性

・外向性

上記の3つです。

これはdodaに寄せられた約3,000社の求人情報をもとに集められた調査から引用しています。

(参考 :企業が求める人物像は?

 

積極性

まずは、積極性です。

積極性は上記の調査の中で最も重視している企業が多く、74%で求められています。

日本経済の縮小や国際競争力の低下など、企業が抱えている課題は多く、それを解決するために与えられた仕事をこなすだけじゃなく、自分で考えて行動できる積極性が必要とされています。

 

柔軟性

次に、柔軟性です。

柔軟性は2番目に多く、60%で必要とされています。

スマホやインターネットの台頭により、時代の変化はますます激しくなっています。

それはビジネス面でもお客様のニーズやマーケットの変化もスピードを速くしているので、それに対応するためには、この柔軟性が必要です。

 

外向性

次に外向性。59%。

グローバル社会なので、海外や他領域への事業展開を考える企業も多いです。

そのため、視点を外に向けて新たな情報を敏感にキャッチして、新しいマーケットの可能性を探れる人物が重宝されています。

 

以上の3つがどの企業にも求められるベースとなる人間性です。

上記調査ではさらに3つの人間性を紹介していますが、職種によって重視されない場合もあるので今回は省きます。

 

大学生のときにこの3つを身につけて就活した結果

僕は、この3つの人間性を大学生のときに身に着けました。

インターンに参加することで身に着けました。

 

実際に就活してみた結果

これを身に着けた上で就活してみた結果、2ヶ月の転職活動で20社を受け、2社から内定をもらいました。

現在は従業員2,000名以上いるエンジニア派遣会社パーソルテクノロジースタッフという会社に正社員として働いています。

ウッチャンナンチャンの内村さんがCMキャラクターを務める結構大きな会社です。

 

僕の経歴

簡単に僕の経歴を紹介しておきます。

・名古屋大学工学部卒

・名古屋大学大学院中退

・ベトナムに1年移住(日本語教師)

・帰国後、転職

こんな経歴で転職活動をしていました。

少し変わった経歴ですが、面接官がぱっと見たときに目につくのは、大学院中退というマイナスの経歴です。

案の定ここばかりを面接では突かれました。

このマイナス面をカバーできたのが、僕の人間性と言えます。

 

どうやって就活を乗り越えたのか?

僕は面接で3つの求められる人間性を持っていることをアピールしました。

積極性

・海外移住するほどの行動力がある

・好きなことにはとことん打ち込む

 

柔軟性

・日本以外の環境でも対応してきた

・いろんな職種のアルバイト経験も豊富

 

外向性

・海外移住経験

・ベトナムの文化に強い興味がある

上記のような感じ。

企業が一番求めていることをエピソードと交え話し、話し方やふるまいも含めて、アピールしました。

 

面接官から好印象をゲット

結果、面接官から好印象をゲットしました。

面接官

ハキハキしているね

面接官

第一印象がいい

などのコメントをいただきました。

これは、僕からの感触としても感じていて、面接が終わったあとも受かった自信がありました。

なので、面接中も後も不安は少なく、のびのびと就活が進められて、しかもちょっと楽しかったです。

 

就活で企業にウケる人間性を身につけるおすすめの方法

僕が上記のようなスムーズな就活ができたのには、就活で重要視される人間性を身につけることができたからです。

そして、その人間性を身に着けた方法は、海外インターンに参加したことでした。

 

海外インターンなら3つの人間性が全て身につく

なぜ海外インターンが有効だったのかというと、海外インターンに参加すると3つの人間性がすべて身につくからです。

積極性

・インターン先の問題を解決する

・自分でガンガン行動させられる

 

柔軟性

・海外の異文化を許容する

・日本で出会わないトラブルに対応する

 

外向性

・海外の知識と経験

 

上記の通り。

日本国内のインターンだとこのうちの外向性が身に付きにくいですが、海外インターンはそこも網羅できます。

海外インターンの体験談はこちらの記事にまとめているので、合わせて読んでみてください。

【参加者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?【ベトナム】

 

人間性を高めて就活を有利にしよう

まとめです。

就活で重要視される人間性を紹介してきました。

就活の8割は人間性で決まります。

大学生のうちに人間性を高めておくことで、就活はイージーなものに変わるので、就活で苦労したくない方はぜひ参考にしてくださいね。

 

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?

【体験談】海外インターンは就活に有利?メリットを徹底解説

武者修行プログラムに参加すると就活に有利になる4つの理由

大学生がビジネス英語を身につける4つのメリット【就活が有利に?】

The following two tabs change content below.
22歳大学生の時に人格否定と借金のダブルパンチで鬱病になるが、 武者修行プログラムに参加し、わずか6ヶ月で克服。 ベトナムに移住しやったことのない日本語教師を経験したり、レストランを起業したりと行動派に生まれ変わる。