武者修行プログラムとは?

【徹底解説】長期インターンシップに参加する3つのデメリット

あなた

長期インターンに参加するメリットとデメリットは?

こんな質問に答えます。

どうも、大学時代に短期インターンと長期インターンに参加した、会社員ブロガーけいちゃんです。

大学時代に、

・短期インターン(2週間のコンサル体験インターン)

・長期インターン(ベトナムで日本語教師)

の両方に参加しました。

大学生のうちにインターンに行っておいたほうがいいって聞くけど、短期がいいのか長期がいいのかわからないと思っている方も多いでしょう。

そんなあなたに今回は短期インターンと長期インターンの両方に参加したことのある僕が、短期インターンのメリットとデメリットを徹底解説します。

インターン体験談
武者修行プログラムというベトナムのインターンに参加した体験談を20,000字で詳しく書きました!

【参加者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?【ベトナム】

長期インターンのデメリット

長期インターンのデメリットは、

①学業・アルバイトとの両立が難しい

②業界を幅広く知ることができない

③自由な時間が少なくなる

です。

順に説明します。

①学業・アルバイトとの両立が難しい

まず、学業・アルバイトとの両立が難しいです。

なぜなら、長期間の間、しかも毎日数時間も時間が取られるので、空き時間が少ないからです。

でも学校はあるし、アルバイトもしないとお金がない。

だから長期インターンをしながら、そこらへんのこともしようとすると、非常に時間が足りなくなります。

②業界を幅広く知ることができない

また、業界のことを幅広く知ることができません。

同じ業種のインターンを1年とか長い期間取り組むので、当然1つの業界のことしか詳しくなれません。

でも仕事もしたことないのに、選んだ長期インターンの業種が自分に向いているかもわからないし、やりたいことかも確証は持てないですよね。

長期インターンではそういうリスクもあります。

③自由な時間が少なくなる

また、自由な時間が少なくなります。

長期インターンでは毎日数時間を1年などの時間が取られるので、感覚的にはガッツリ社会人として仕事してるみたいな感じになります。

なので、友達と遊んだり、好きなことをしたりする時間がなかなか取れなくなります。

大学生の時は人生の中でもっとも自由度が高い期間なので、その期間を大きく束縛してしまう危険もあります。

まずは短期インターンに参加してみるのがおすすめ

長期インターンは長い目で見ればスキルも伸びるし、成長も得られますが、こういったデメリットもあります。

なので、インターンを経験したことのない方はまず短期インターンに参加して様子を見ることをおすすめします。

短期インターンのメリット

短期インターンには長期インターンのデメリットを帳消しにするメリットがあります。

それは、

①学業・アルバイトとの両立がしやすい

②業界を幅広く知ることができる

③自由な時間が多く取れる

ということです。

長期インターンのデメリットだったポイントをメリットとしてカバーできます。

①学業・アルバイトとの両立がしやすい

期間が短いので、学業やアルバイトとの両立も可能です。

その期間だけは忙しくなりますが、インターンの前後に学校の課題やアルバイトの時間を集中させて、インターンの期間だけおやすみしたり時間を減らせば、帳尻を合わせることも可能です。

②業界を幅広く知ることができる

また、業界を幅広く知ることができます。

短期のインターンであれば複数の業種のインターンをいくつか受けることもできるので、いろんな業界の知識を広げることができます。

自分がどの業界に向いてるのかわからない、どういう仕事をやりたいのかもわからないという人は結構多いと思います。

そういう人は、まずお試し気分で短期インターンを色々受けてみることをおすすめします。

③自由な時間が多く取れる

また、自由な時間は多く取れます。

拘束期間が短いので、インターンの期間はインターンに集中しても、終われば遊ぶ時間もしっかり取れるし、他にやりたいことがあればそちらにもしっかり時間をかけることができます。

絶対にこの仕事につくんだという強いこだわりがないのであれば、まずは短期から始めてみることをおすすめします。

おすすめの短期インターン

ではここでおすすめの短期インターンを紹介します。

それは武者修行プログラムというインターンです。

武者修行プログラムとは、ベトナムで開催される、超実践型ビジネス体験インターンプログラムです。

ベトナムに構える7つの実際の店舗ビジネスにコンサルタントとして入り込み、

その店舗の抱える問題点を解決したり、新商品を開発したりして、その店をよりよくする企画を立て、オーナーにプレゼンするという、

ビジネスコンテストのようなインターンです。

武者修行プログラムのメリット

武者修行プログラムに参加するメリットは以下の通りです。

①なんでも挑戦させてくれる

②失敗してもOKな環境

③同じ志を持った仲間ができる

④ビジネス知識も学べる

上記の通り。

順に説明します。

①なんでも挑戦させてくれる

まず、なんでも挑戦させてくれます。

武者修行プログラム大学生が挑戦していくことを望んでおり、その精神を育てるために存在しているので、基本的にチャレンジにストップはかかりません。

・新しい授業システムを考案する

・自分で考えた授業をお試してやる

などのことも自由にやってOKです。

どんどんチャレンジして成長していきましょう。

②失敗してもOKな環境

また、失敗してもOKです。むしろ失敗ウェルカムです。

先程も言いましたが、武者修行プログラムは大学生の成長を第一に考えています。成長するためには、失敗してそこから改善して乗り越えることが必要です。

そしてそのことを運営側は十分理解しているので、むしろ失敗させようとしてくるくらいです。

なので、思いっきり失敗しましょう。

③同じ志を持った仲間ができる

また、同じ志を持った仲間ができます。

大学の周りに自分と同じように教育に興味を持っている人がいない、、そんな人も多いんじゃないでしょうか?

そんな方でも武者修行プログラムに参加すれば、同じ考えを持った仲間に出会えます。

参加者の中には

・起業している人

・もっともっと大きく成長したい人

・教育に興味がある人

・将来起業したい人

などがたくさんいます。

同じ考えを持った人が必ず見つかります。

④ビジネス知識も学べる

武者修行プログラムの魅力は、教育だけでなく、ビジネス知識も学べるところです。

世の中はすべてビジネスでできています。

なので、ビジネスを理解するということは、世界を理解することに繋がります

会社の仕組みや仕事の成り立ちがわかれば、これからの人生が大いに有利に傾くと思いませんか?

また、副業もできます。(僕もこのブログを副業として取り入れ、月5万の収益を上げています)

武者修行プログラムで学べることは、

・マーケティング知識

・顧客のニーズの探し方

・効果的なアンケートのとり方

・顧客を購入まで導く導線の作り方

など、実践で使える知識がガッツリ学べます。

しかも、実際に試すこともできるので、身に付き方が違います。

さらには、このままの知識を会社員になってからも使えます。

メリットは大きいです。

僕の参加した長期インターンは武者修行プログラムの会社

ちなみに僕が参加した長期インターンは、武者修行プログラムの会社です。

武者修行プログラムに参加して、もっとこの会社に関わりたいと思ったところ、

スタッフを募集していたので、インターン生として会社で働かせていただけることになりました。

このように短期インターンとして参加して、もっと関わりたいと思ったら、長期インターンに持っていくというケースもあります。

ご参考までに。

無料説明会もやっています。

武者修行プログラムの体験談を2万字で超詳しくまとめたので、こちらの記事も合わせてお読みください。

【参加者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?【ベトナム】

まずは短期インターンに参加してみよう!

インターンに参加しようと思った時に、短期と長期で迷う方も多いと思います。

でも今回紹介したように、長期インターンにはデメリットも多いので、まずは短期から参加することをおすすめします。

短期であれば、向いていなかった場合にもすぐに終わるので、切り替えが容易ですが、長期だと一度始まってしまうと、やめることができないので、インターン未経験者にはリスクが大きいです。

まずは、短期インターンから参加してみてください。

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【経験者が語る】短期インターンに参加する3つのメリットとデメリット

ベンチャーのインターンに参加する6つのメリットとデメリット

The following two tabs change content below.
22歳大学生の時に人格否定と借金のダブルパンチでうつ病になり、人生のどん底に。「これでは社会に出てまともに生きることができない」と思い、 自分を変えるインターン、「武者修行プログラム」に参加し、うつ病克服! その後、ベトナムに移住し、日本語教師を経験したり、レストランを起業したりと行動派に生まれ変わる。現在は日本で会社員をしながら、「武者修行プログラム」のすばらしさを本ブログで伝えています。