武者修行プログラムとは?

【実証済み】嫌いな自分を好きになるたった1つの方法を教えよう

あなた

嫌いな自分を好きになる方法は?

 

こんな疑問に答えます。

 

どうも、自分が大好きな会社員ブロガー、けいちゃんです。

 

大学生の頃までは自分が嫌いでしたが、その後は自分を好きになって人生が楽しくなりました。

 

なぜこうなれたのかというと、自分を好きになるのには方法があったからです。

今回はその方法を解説します。

 

 

嫌いな自分を好きになる方法

 

では本題。

嫌いな自分を好きになる方法は、

昨日の自分よりも成長すること」です。

 

理由を解説します。

 

成長するべき理由

自分が嫌いな人の特徴は、「いつも他人と比較して人より劣っているところだけを見ている」という劣等感に苛まれていることです。

 

人よりも劣っているという感覚は、嫌な気持ちになるので、それを脱する必要があります。

 

それができるのが「成長」です。

 

成長のメリット

成長には2つのメリットがあります。

 

・意識が自分に向く

・自分が良くなったことに注目する

 

この2つによって、劣等感を感じることを防げます。

他人に意識が向いてるのを自分に向け、他人よりも劣っているところを見ているのを、自分の良くなったところに注目するようになります。

 

これで自分が嫌いになる原因を防げます。

 

成長するためにやるべきこと

では、成長するためにやるべきことは何かというと、それは成長できる環境に飛び込むことです。

特に当ブログでおすすめしているのが、武者修行プログラムという海外インターンです。

 

武者修行プログラムとは?

 

武者修行プログラムは、ベトナムで開催されるビジネスインターンで、

ベトナムにあるリアル店舗ビジネスにコンサルタントとして入り込み、その店を良くする企画を立ててプレゼンするビジネスコンテストの側面もあるプログラムです。

 

武者修行プログラムをなぜすすめるかというと、このインターンはただ会社の業務を覚えるインターンではなく、

大学生の成長にコミットした内容になっているからです。

 

・挑戦への不安を消し、失敗させる

・挫折を乗り越え成功体験を積ませる

 

ことを奨励していて、ガンガン挑戦して失敗して、そこから成長させるところまでをプログラムの構成の中に入れ込まれています。

 

参加した変化

これに参加して僕は、

 

【参加前】

・自分のすべてが嫌い

・自暴自棄の状態

【参加後】

・自分にもいいところがあると気づき、ちょっと好きになった

・自分を認められるようになった

 

という変化をしました。

それまでは何をしても自分が嫌いでしたが、環境を利用して成長にコミットしたら、自分の見方も変わりました。

 

武者修行プログラムの体験談はこちらに詳しく書いていますので、合わせてお読みください。

 

【参加者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判や口コミは?【ベトナム】

 

嫌いな自分を好きになりたければ、環境に飛び込むべき

まとめです。

あなたが嫌いな自分を好きになりたいのであれば、

自分でなんとかしようとせずに、それを達成できる環境に飛び込むべきです。

 

自分でなんとかしようとして失敗するから、自分が嫌いになるので、悪循環で何も解決できません。

環境を変えるとストレスもありますが、それでその後の人生は見違えるほど楽しくなりますので、環境に飛び込んたほうが早いですよ!

 

 

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【体験者が語る】自分が嫌いな4つの原因を教えよう

【徹底解説】自信がない大学生でも自信満々になれる3つの方法【実証済】

【体験者が語る】自己嫌悪に陥る6つの原因【対処法も解説】

The following two tabs change content below.
22歳大学生の時に人格否定と借金のダブルパンチで鬱病になるが、 武者修行プログラムに参加し、わずか6ヶ月で克服。 ベトナムに移住しやったことのない日本語教師を経験したり、レストランを起業したりと行動派に生まれ変わる。