武者修行プログラムとは?

武者修行アドバンスに参加してベトナムでレストランを起業した話

どうも、けいちゃんです。

2017年12月に、ベトナムでレストランを起業しました。

というのも、武者修行プログラムの発展バージョンの「武者修行アドバンス」というインターンに参加し、レストランを起業する体験をしてきましたので、その体験談をリアルに書いていきます!

ぼくの知る限り、ネットに載ってる記事はほかに1つもありません。

このブログだけの貴重な記事です。

筆者の経歴

武者修行プログラムに参加したのち、武者修行アドバンスに参加

・ベトナムでレストランを起業した

ベトナムでレストランを起業しました!

武者修行プログラムの修了生だけが参加できる、「武者修行アドバンス」というインターンに参加し、ベトナムでレストランを起業しました。

今もそのレストランはあります。

起業したレストランについて

作ったレストランは、Mi Rong Noodle House(通称ミーロン)という麺専門レストランです。

ぼくのほかの記事を読んだ方は気づいたかもしれませんが、武者修行プログラムの店舗の1つです。

実際にプログラムの店舗として使われている、ミーロンを9人の武者修行プログラム卒業生と作りました。

次では、武者修行アドバンスについて、説明していきます。

武者修行アドバンスって何?

武者修行アドバンスとは、武者修行プログラム修了生しか参加できない、もう一つの武者修行プログラムです。

武者修行アドバンスでやること

武者修行プログラムで使われる新しい店舗をゼロから2週間で作り上げるもう1つのインターン。

武者修行プログラムで学んだ知識をここで総動員させて、誰も指示してくれない中、自分たちで考えて行動し、2週間でレストランを作り上げました。

人数はわずかに9人です。

担当ファシリテーター

担当のファシリテーターは、その年によって違いますが、ぼくのときはこの方々でした。

・矢口真実さん(ビジネスファシリテーター)

・加藤大吾さん(チームビルディングファシリテーター)

どちらの方も武者修行プログラムのファシリテーターとして活躍されています。

学んだこと

武者修行アドバンスで学んだことは以下の通りです。

・人を動かすことの難しさ

・1つの店舗を作り上げるには、メンバーとの連携が何より重要

・こんな自分でも起業はできるということ

上記のとおり。

このインターンを乗り越えて、無事レストランを完成させたことで、だいぶ自信になりました。

起業には前から興味があったので、それが自分でもできたというのは、大きな財産になりましたね。

武者修行プログラムとの違い

武者修行プログラムとの違いは、以下の通りです。

・誰も指示してくれない

武者修行プログラムより自分で考えなきゃいけない範囲がめちゃ広い

・縛りがなく、正解が見つけるのが難しい

アドバンスの方が、よりリアルなビジネスに近く、誰も答えを出してくれません。

すべて自分で見つけないといけません。

だから難しいと思う反面、自由度が高いので、面白くもあります。

まとめ:さらなる挑戦をしたい方はアドバンスへ

まとめです。

武者修行プログラムには、もう一つのインターンがあります。

武者修行プログラムが終わってなにかに挑戦したくて、くすぶっている方は、

武者修行アドバンスに参加することをおすすめしますよ!

関連記事

武者修行プログラムに参加して学んだ23のこと【ビジネスだけじゃない】

武者修行プログラム参加当時の自分から1年後の自分に手紙が来たので全文公開します

武者修行プログラムに参加してから2年たったので、振り返る

The following two tabs change content below.
超実践型ビジネス体験インターンプログラム「武者修行プログラム」に参加して、人生が大きく変わった社会人ブロガー。武者修行プログラムのことを詳しく紹介する当ブログ「引きこもり大学生が武者修行プログラムで人生変えたブログ」を運営中。 何かに挑戦したい、成長したいという思いを抱いている大学生の方に武者修行プログラムの素晴らしさを伝えタイト思い、当ブログを運営しています。