友達ゼロだったぼくが、武者修行プログラムでできた友達と2年後も連絡を取っている件

どうも、けいちゃんです。

武者修行プログラムというインターンに参加して、2年が経ちますが、

参加前後で大きな変化がありました。

それは根暗な性格で友達がいなかったぼくが、2年経っても武者修行プログラム時代の友達と連絡をとっているという事実です。

 

武者修行プログラムでできた友達と2年後も連絡とってる件

武者修行プログラムに参加して、2年が経ちますが、まだ同じチームだった2人と連絡をとっています。

住んでるところもぼくは名古屋で、他の二人は関東なので、全く会う機会もない。

でもこの記事を書いてる今、ぼくが東京に来ていて明後日会おうということになっています。

もう会う機会もないのに、まだ連絡とってるって結構すごくないですか?

それだけ絆が続いてるってことです。

参加前は友達ゼロの根暗でした

ぼくの武者修行プログラム参加前は、友達がいませんでした。

心を開ける人がいなくて、孤独で寂しかったです。

武者修行プログラムで初めて心を開いて、素直に話せる友達ができました。

ちなみに高校時代までも勉強オタクで人に興味なかったんで、ぼっちでした。

そんな万年ぼっちだったぼくでも、定期的に連絡を取る友達ができるんですねぇ。

人は成長します。武者修行プログラムのおかげです。

まとめ : 人は努力で変われます

まとめです。ここまでぼくが変われたのほ、武者修行プログラムに参加して、変わろうと死にものぐるいで頑張ったからです。

人は努力で変われるんだってことを、自分の体を持って証明しました。

あなたも、ぼくと同じ悩みを抱えて、変わりたいと思うのなら、めちゃめちゃ努力しましょう。

その1つの環境として、武者修行プログラムはおすすめです。

あなたも努力で人のなりたい姿に必ずなれます。

がんばりましょう。

関連記事

「海外ビジネス武者修行プログラム」とは?ネットで一番詳しく解説

武者修行プログラムに参加してから2年たったので、振り返る

武者修行プログラム参加当時の自分から1年後の自分に手紙が来たので全文公開します

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。