>>武者修行プログラムとは?

武者修行プログラムに参加してベトナムが気に入ったので、移住して1年日本語教師をしてみた

どうも、けいちゃんです。

武者修行プログラムに参加して、ベトナムが気に入ったので、1年移住して、日本語教師として働いてみました。

その感想をぶっちゃけます。

ベトナムが気に入ったので、移住してみた

武者修行プログラムに参加して、ベトナムが好きになったので、勢いで移住しました。

海外に住んだのは初めてだったのですが、わりと対応できたし、毎日新しいことばかりが目に入るので、刺激的で楽しい日々でした。

ただ遊びに行ったわけではなく、働きに行きました。

武者修行プログラムの日本語学校で働きました

武者修行プログラムの担当店舗が日本語学校だったので、その日本語学校に日本語教師として、勤務していました。

日本語教師の資格は持ってなかったし、それどころか文系ですらなく、ゴリゴリの理系出身ですが、

なんとかなりました。

毎日生徒のためにいい授業を考えるのは、楽しかったです。

日本語教師をしてみた率直な感想

日本語教師をしてみた率直に思ったことを3つ並べました。

・子供がかわいい

・みんなガチで日本語勉強してる

・アニオタの日本語力が高すぎる

順に説明します。

子供がかわいい

もうねこれに尽きます。

子供がかわいすぎ。

ベトナムの子供は、日本人よりも元気でやんちゃで、歯止めが効きません。

それが逆に元気をもらえますね。

乗っかりすぎ(笑)

 

はしゃぎすぎ

 

こちらの写真のように、とにかく暴れん坊なんですよ。

ぼくは心の中で怪獣だと思ってました。(笑)

こんな暴れまわるので、授業なんてできなくて、モヤっとするんですが、

逆にこんなこともしてくるんですよね。

ぼくのひざにちょこんと座る子供たち

 

こんなかわいいとこ見せられたら、何も言えんでしょう。

異国の人間を怖がらずに、こんなに心を許してくれるなんて、日本では考えられなかったですよ。

まじかわいいです。

みんなガチで日本語勉強してる

年が大きくなると、ガチで日本語勉強する人が増えます。

本気で日本に留学に行って、人生を変えようと、一生懸命勉強する生徒がたくさんいました。

その熱意には、心を打たれます。

アニオタの日本語力が高すぎる

また、ベトナム人の中にもアニオタがいるんですが、彼らの日本語の上達力は恐ろしいです。

まだ学校入ってきてないのに、ペラペラしゃべる人もいますからね。

あと発音がバツグンにいい。

やはり普段から日本語をアニメで聞いてるからですね。

アニメってほんとすごいです。

ほかにやったこと

日本語教師だけじゃなく、いろんな仕事もさせてもらいました。

・英語学校のフェイスブックマーケティング

武者修行プログラム参加者へのスーツ販売営業

など、武者修行プログラムに関わるいろんなことをやらせていただいて、貴重な経験になりました。

それなりに楽しかったです。

ただの日本語学校ではできない、武者修行プログラムだけの特典です。

武者修行プログラムを先生側から見て

また、武者修行プログラムを参加者としてではなく、またファシリテーターでもない、第三者の目線から見れる、貴重な立ち位置にいました。

率直な感想は、

・マジで参加者が変わってくのがわかる

・いろんな参加者といろんな話ができた

こんな感じ。

横で見ていて、参加者がどんどん変わってくのがわかるんですよ。

最初は大人しかった子が、最後の方にハキハキとしゃべって、芯をしっかり持った人に変わるんですよね。

また、いろんな参加者と深い話とかできて、すごく充実してました。

まとめ : さらに挑戦したい人は、ぜひ武者修行プログラムの運営側へ

武者修行プログラムは、参加するだけでなく、運営する側に回ると、目線が変わります。

それに、新しい挑戦もできます。

武者修行プログラムに参加して、まだ挑戦し足りないという方は、日本語教師も視野に入れてみるといいかもしれませんね。

武者修行プログラムが終わった後にもう1回挑戦できる機会もあります。

それが、武者修行アドバンスという、レストランを起業するインターン。

参加してきたので、記事を書きました。↓

関連記事

「海外ビジネス武者修行プログラム」とは?ネットで一番詳しく解説

武者修行プログラムに参加して学んだ23のこと【ビジネスだけじゃない】

The following two tabs change content below.
海外インターンに参加したら、人生が変わった25歳会社員。ベトナムの2週間の海外インターン「武者修行プログラム」に参加したら、今までインドアの根暗だったのに、その後ベトナムに1年移住したり、ブログを1,000記事書いたり、YouTuberやったりする意識高い系の行動派になりました。その原点「武者修行プログラム」で体験したすべてをこのブログに記します。