武者修行ブログラムが開催されるベトナムについての情報をまとめました

あなた

武者修行プログラムが開催されるベトナムってどんな国?

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでいるあなたは、武者修行プログラムの開催されるベトナムについての情報が知りたい方ですね。

そんなあなたに、武者修行プログラムに参加し、さらにベトナムに1年住んだことのあるぼくが、武者修行プログラムの開催地ベトナムの情報をお伝えします。

筆者の経歴

・武者修行プログラムに参加

・ベトナムのホイアンに1年移住経験あり

武者修行プログラムの開催地ベトナムについて

次に、武者修行プログラムが開催される国ベトナムについてご紹介します。

以下の順番にそれぞれ解説していきますね。

・ベトナムってどんな国?

・ビジネス面から見たベトナム

・ホイアンってどんなところ?

・治安は?

・ご飯おいしい?

・物価は?

ベトナムってどんな国?

ベトナムは東南アジアの国の1つです。

概要は以下の通り。

地域 東南アジア
人口 9,500万人
宗教 仏教など
面積 33万平方km

 

近年は、観光地としても有名になってきてますね。日本でもホーチミンやハノイは有名です。

旅行にチョイスする人はまだ少ないかもですが、魅力はたくさん詰まってる国です。

ビジネス面から見たベトナム

武者修行プログラムでは、旅行じゃなくてビジネス体験をするために行くので、ビジネス面から見たベトナムも紹介しますね。

ベトナムはビジネスするにはうってつけです。

その理由は、

・すごい経済発展してる

・予測GDP成長率ナンバーワン

(2016〜2050年)

・治安がいい

などです。

経済成長率が圧倒的にすごくて、ぼくが住んでいた1年のうちに飲食店がめちゃめちゃ増えました。

半年で景色が変わるくらいに、勢いがあります。

ホイアンってどんなところ?

武者修行プログラムが開催されるのは、そんなベトナムのホイアンという街です。

ホイアンの概要は以下の通りです。

位置 ベトナム中部
人口 15万人
概要 ベトナムの中部にあり、ベトナムにある8つの世界遺産の一つがある。それは300年前の町並みを残した、「旧市街」で、それを見に世界中から観光客が集まる観光地でもある。毎日欧米人やオセアニア、アジアからの観光客が絶えない。また夜になると、色鮮やかなランタンが輝くことでも有名。
観光スポット 旧市街の町並み、ビーチ

 

ホイアンは、ベトナムの中でも中部に位置する小さな街です。

日本では知名度が低いですが、世界では有名な観光地で、毎日欧米人がわんさか歩いてます。なので、現地人も英語が通じます。

黄色を基調とした旧市街も古き良き町並みと、川と、夜になると輝く色鮮やかなランタンがインスタ映えします。

ホイアン ランタン

ランタンがキレイだったり

旧市街の街並みが風情ある感じ

 

日本との関係も実は深く、その友好の証として、「日本橋」という名前の橋があったりもします。

また車で10分くらいの距離に海もあります。

欧米人からは、ノマドの移住先としても有名で、物価も安いし、人もいいし、治安もいいので、永住している欧米人やオーストラリア人がめちゃめちゃいます。

治安は?

ホイアンの治安はめっちゃいいです。

ぶっちゃけ、日本並みかそれ以上だと思います。

バイクの運転は荒いですが、それはベトナムとこ行っても同じなので、慣れれば問題なしです。

ベトナム人は親日なので、日本人にも優しいし、むしろフレンドリーに話しかけてきたりします。

観光客がひっきりなしにきて毎日賑わってて、穏やかや雰囲気です。

日本の都会みたいにせかせかもしてないので、すごく心が安らぎます。

そんなぼくは、ホイアンが気に入ったので、武者修行プログラム終わったあと、1年移住してます。それくらい、魅力的な街です。

ご飯はおいしい?

ご飯はおいしいです。

海外のご飯って国によっては全然おいしくないところもありますが、ベトナムは日本人の舌に近い味付けなので、日本人は食べやすいです。

サンドイッチや麺料理もあるし、ご飯もあるので、米が恋しくなったら、すぐ食べられます。

値段はバインミー一つで75円くらい。

ご飯や麺だと100〜150円ってところです。

激安です。

また、ホイアンは観光客向けのレストランもたくさんあるので、ピザやパスタとか、洋風の料理も普通に食べられるので、食に困ることはなく、楽しめます。

物価は?

物価は激安です。

だいたいの目安を示すとこんな感じ。

サンドイッチ 75円
おかずとご飯 150円
ピザ 500円
ビール、水、ジュース 50円
Tシャツ 200円
ホテル1泊 1000円

上記の通り。

日本と比べたら、何でもかんでも安いです。

生活に必要ないお菓子みたいな娯楽品は日本と同じくらいの値段であることもあります。

ローカルじゃなく、観光客向けのいいレストランだと、1食2000円とかするところもありますが。

ベトナム人の人柄は?

ベトナム人の人柄は以下の通り。

ベトナム人の人柄

・フレンドリー

・のんびりしてる

・やさしい

・早口でまくし立てる

こんな感じ。

基本的にせかせかしてなくて、穏やかな雰囲気です。

しゃべうときはベトナム語でまくしたてますが。

また親日で、日本人い優しいです。

 

 

 

子供たちは元気過ぎて怪獣みたいですが。(笑)↓

はしゃぎすぎ

のっかってくるし

でもこういうちょこんと座るみたいなかわいいところがあるから憎めない

 

そんな人たちです。

ぼったくりはある?

ぼったくりはあります。

でも100円程度なので誤差かと。

ただし観光客だとわかると、高い値段ふっかけてくることもあるのでご注意を。

観光地の旧市街周辺だとぼったくられやすいです。

おすすめの食べ物

ホイアンのおすすめの食べ物を紹介します。

おすすめの食べ物

・バインミー(banh mi、サンドイッチ)

・コムガ(com ga、チキンライス)

・カオラウ(cao lau、うどん的な)

順に説明します。

バインミー(banh mi、サンドイッチ)

こんな料理

ベトナム風サンドイッチ。そこらじゅうの屋台で売ってる。鶏肉、野菜、パテなどを挟んだもの。ベトナム人の朝食、昼食の定番です。

バインミーは道を歩けば3軒に1軒くらいはバインミー屋さんです。屋台で手軽に買えるものから、長蛇の列が並ぶ人気店までさまざまです。

75~100円くらいです。

おすすめのバインミー屋さん

・banh mi phuong(ベトナム一うまいと噂)

・phi banh mi (種類が多い)

・madam khanh(シンプルにうまい)

※リンクはグーグルマップに飛びます。

コムガ(com ga、チキンライス)

こんな料理

チキンライス。細く裂いた鶏肉をゆでたものと、ご飯とパクチー、野菜を乗せたシンプルなもの。卓上のしょうゆなどで自分で味付けして食べます。

コムガは、チキンライスです。毎日サンドイッチばかりだと飽きると思うので、ご飯ものも挟みたい方にオススメです。

100~200円くらいです。

カオラウ(cao lau、うどん的な)

こんな料理

ホイアン名物の麺料理。しょうゆベースで、三重の伊勢うどんがルーツと言われている。野菜、肉が乗っている。イメージはちょっと濃い醤油ベースのうどんみたいな感じ。

カオラウはベトナムの中でもホイアンだけの名物です。汁なし麺みたいな感じで軽く食べられて日本人の舌にもあってます。

150~200円くらいですかね。

おすすめのレストラン

次に武者修行プログラム参加者がよくいく」、おすすめのレストランを紹介します。

おすすめレストラン

・バンブー(各国料理)

・cafe 43(各国料理)

※リンクはグーグルマップに飛びます。

上記のレストランは、武者修行プログラムの期間中は参加者だらけです。

ファシリテーターもよくいます。

武者修行プログラム参加者が来すぎて儲かったのか、上のバンブーに至っては内装をリフォームしてました。(笑)

オフの日に行くべきスポット

武者修行プログラムにはオフの日が1日あります。

せっかくベトナムに来たんだから遊ばないともったいないので、ぼくがホイアンのおすすめ観光スポットを教えます。

おすすめスポット

・旧市街(世界遺産)

・日本橋

・アンバンビーチ

旧市街(世界遺産)

旧市街って?

ホイアンには世界遺産の古い町並みがあります。町の3区画くらいが世界遺産になっていて、この黄色の壁の色が統一されています。穏やかで風情があります。

旧市街は、ホイアンの一番の見どころです。

観光地として世界で有名で、欧米やアジア、オセアニアから毎日観光客が来ており、累計で1000万人も訪れたほど、人気の街です。

いろんなお土産屋やレストラン、風情ある街並みがゆっくりとした時間の中、流れています。

夜になると、ランタンが色鮮やかに照らします。

ホイアン ランタン

ランタンが超キレイ

 

日本橋

日本橋って?

来遠橋、別名日本橋と呼ばれる、旧市街の中にある、観光スポット。300~400年前、日本とベトナムが朱印船貿易してた頃に、日本人がホイアンに住んでいた友好の証として作られた。

日本橋はホイアンで一番有名なスポットですね。

日本と関係が深かった証として、今も存在しています。

これを見ずしては、日本人として帰れません。

アンバンビーチ

アンバンビーチって?

アンバンビーチはホイアンの旧市街から車で10分くらいのところにある、ビーチです。

武者修行プログラムのオフの日にもサクッと行けます。

せっかくの休みなので、海でパーッと羽目を外すのはありです。

ぼくもそうしました。↓

ゆっくり観光する方法

武者修行プログラム期間中はスケジュールがぎっしりで、ゆっくり観光する時間はありません。

オフの日に遊んだとしても、遊びきれないところがあります。

なので、ゆっくり観光する方法をお教えします。

ゆっくり観光する方法

①ビザをとって武者修行プログラム前後で遊ぶ

②滝行に参加する

順に詳しく説明しますね。

①ビザをとって武者修行プログラム前後で遊ぶ

まずはビザを取るという方法があります。

ベトナムは14日以内ならビザはいらないんですが、武者修行プログラムは14日フルで使うので、それ以上滞在するには自分でビザを取るしかありません。

1か月のビザは7,500円です。

②滝行に参加する

滝行とは、武者修行プログラムのオプションで付けられる、実践英語プログラムです。

このプログラムは1日から受けられて、武者修行プログラムの日程の前後につけられるので、滝行が終わったら、遊びに行けます。

実際、滝行に参加してた人は、旧市街とかをしっかり観光してました。

こっちもビザが必要ですよ。

 

覚えておくと便利なベトナム語フレーズ

最後に覚えておくと便利なベトナム語のフレーズを紹介しておきますね。

・こんにちは:Xin Chao(シンチャオ)

・ありがとう:Cam On(カムン)

・ごめんなさい:Xin Loi(シンロイ)

・いくら?:Bao Nhieu Tien(バオ ニュー ティエン)

・おいしい:Ngon(ンゴン)

ぜひ使ってみてください。

まとめ:武者修行プログラムでベトナムも楽しもう

ここまで、武者修行プログラムの舞台になるベトナムの情報を紹介してきました。

ベトナムのホイアンは武者修行プログラムがなくても、すばらしい魅力的な町です。

ぜひ武者修行プログラムに参加した際は、ベトナム自体も楽しんできてください!

関連記事

武者修行プログラムに参加して学んだ23のこと【ビジネスだけじゃない】

武者修行プログラムの14日間で行った全日程を公開します

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

武者修行プログラム参加当時の自分から1年後の自分に手紙が来たので全文公開します

武者修行プログラムに参加してから2年たったので、振り返る

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。