【保存版】海外インターンに必要不可欠な持ち物47選チェックリスト

あなた

海外インターンで必要な持ち物って何?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読んでいるあなたは、海外インターンに必要な持ち物を知りたい方ですね。

 

そんなあなたに、実際に海外インターンに参加したぼくが、海外インターンで必要な持ち物を徹底紹介します。

 

 

おすすめの海外インターン

 

武者修行プログラム

 

ビジネスを超実践的に学べるベトナム開催の2週間の海外インターンプログラム

 

 

 

目次

海外インターンで忘れ物があると大変なことになる

 

海外インターンの持ち物を紹介する前に、

海外インターンに参加するときに、忘れ物をすると大変なことになるという話をします。

 

海外インターンは、日本以外の国に旅行以上の長い期間で滞在するので、それに伴い、事務手続きも増えるし、トラブルも増えます。

 

またそのときの対応も大変です。

 

海外インターンで起こりうるトラブルとして大きいものは、主に

 

・パスポートの紛失

・現金やクレジットカードの紛失または盗難

・食中毒などの病気になった場合

 

などの場合が考えられます。

 

こういうときになったとき、必要なものを日本から持ってきていない場合、インターンどころではないほど、大変な事態になる恐れがあります。

 

そうならないためにも、海外インターンに行く際の持ち物は入念なチェックが必要です。

 

また、これらの場合の解決法は、後に解説します。

 

海外インターンに必要な持ち物

 

では、本題。

海外インターンに必要な持ち物は以下の通りです。

 

海外インターンに必要な持ち物
  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 現金
  4. クレジットカード
  5. 国際キャッシュカード
  6. 海外旅行保険
  7. 各種書類のコピー(保険証、パスポートなど)
  8. 証明写真の予備
  9. スーツケース
  10. スマホ(SIMフリー推奨)
  11. スマホの充電器
  12. モバイルバッテリー
  13. ノートパソコン
  14. Kindle
  15. ポケットWi-Fi
  16. 変圧器
  17. 変換プラグ
  18. 防寒具
  19. 雨具
  20. 折り畳み傘
  21. 筆記用具
  22. ノート
  23. コンタクトレンズ・メガネ
  24. タオル
  25. 洗面具
  26. ひげそり
  27. 爪切り
  28. 歯ブラシ
  29. 生理用品(女性のみ)
  30. 虫除けスプレー
  31. リュック
  32. 帽子
  33. 日焼け止め
  34. サングラス
  35. 正露丸
  36. 風邪薬
  37. 地図、ガイドブック
  38. 南京錠
  39. カメラ
  40. ティッシュ
  41. ハンガー
  42. 洗濯バサミ
  43. 圧縮袋
  44. インスタントの日本食
  45. サンダル
  46. 動きやすい靴

 

上記の通りです。

 

以下で、

 

・絶対に持っていくべきもの

・必須じゃないけど、あると便利なもの

 

に分けて、解説していきます。

 

海外インターンで絶対に必要な持ち物30選

 

必須な持ち物
  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 現金
  4. クレジットカード
  5. 国際キャッシュカード
  6. 海外旅行保険
  7. 各種書類のコピー(保険証、パスポートなど)
  8. 証明写真の予備
  9. スーツケース
  10. スマホ(SIMフリー推奨)
  11. スマホの充電器
  12. モバイルバッテリー
  13. ノートパソコン
  14. 変圧器
  15. 変換プラグ
  16. 筆記用具
  17. ノート
  18. コンタクトレンズ・メガネ
  19. タオル
  20. 洗面具
  21. ひげそり
  22. 爪切り
  23. 歯ブラシ
  24. 生理用品(女性のみ)
  25. リュック
  26. 正露丸
  27. 風邪薬
  28. 南京錠
  29. ティッシュ

 

パスポート

海外へ行く場合はパスポートが必須です。失くしたら、再発行が大変だし、大きな問題になるので、大事に保管しましょう。

 

ビザ

ビザとは、入国許可証です。日本のパスポートがあれば、短期間であれば、ほとんどの国にビザなしでは入れますが、長期で滞在する場合は必要になることがあります。

インターンの情報とその国のビザ情報をしっかりと把握し、必要なら行く前にとっておきましょう。

 

現金

現地ではクレジットカードが使えない場所もあります。なので現地通貨で現金を持っておきましょう。また足りなくなったときにすぐに換金できるように、日本円も数万円分くらい持っておくといいでしょう。

 

クレジットカード

クレジットカードが使える店なら、日本のクレジットカードでも買い物できるので便利です。

 

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、海外のATMで日本の銀行口座からお金を引き出せるキャッシュカードです。

現金が足りなくなったとき、換金所が近くにないことが多いので、重宝します。

 

海外旅行保険

海外だと日本の保険証は通じないので、病気や事故になったとき、通じる保険として海外旅行保険に入っておく必要があります。

クレジットカードに付帯しているものもあるので、その手のクレジットカードを一枚は持っておいたほうがいいです。

楽天カードがそれにあたります。

 

 

各種書類のコピー(保険証、パスポートなど)

パスポートを紛失して再発行する場合、パスポートのコピーが必要になります。

身分を証明するためにも保険証のコピーも必要です。

 

証明写真の予備

パスポートを再発行する際に必要になります。

 

スーツケース

長く海外に滞在するとなると、スーツケースが必須です。

 

スマホ(SIMフリー推奨)

スマホは海外でも地図や翻訳機、メモ帳などの役割を発するので必須です。

スマホは、SIMフリーが推奨です。

SIMカードを買って入れておけば、日本と同じようにWi-Fiがなくても使えるようになります。

 

おすすめのSIMフリースマホはこちらです。

 

 

 

 

スマホの充電器

海外でもスマホはよく使うので充電を消耗します。ただ、コンセントの形が日本の形と対応してないことがあるので、その場合は変換プラグが必要になります。

 

モバイルバッテリー

スマホの充電が切れて使えなくなると、連絡手段が途絶えてしまい、未知の国で迷ってしまうと危険なので、モバイルバッテリーは必須です。

 

 

ノートパソコン

インターンの資料作りなどに必要になります。パソコンは世界対応してる場合が多いので、電圧が違っても対応が効くことが多いです。しかし、電圧が違って対応してないと、破損の恐れがあるので確認しましょう。

 

変圧器

海外は電源で流れる電圧が異なるので、対応してない機器をそのまま使うと、壊れる危険があります。

変圧器ではその電圧を日本の電圧に変換できますので、これで日本の電子機器が使えるようになります。

スマホやパソコンはほとんど世界対応していますが、ドライヤーなどは対応してないこともあります。

 

変換プラグ

電圧と同じようにコンセントの形が異なるので、それを日本のものでも使えるようにするために、変換プラグが必須です。

世界どの国でも対応できる変換プラグもありますので、それを持っておくと便利かと。↓

 

 

服はかさばるので必要最低限がいいです。もし足りなくなったら買えばいいので。現地に行ってみての気候で調整しましょう。

 

筆記用具

日本と同じものを持っていけばOKです。

 

ノート

日本と同様でOKです。

 

コンタクトレンズ・メガネ

対象者は必須です。海外だと行きつけの眼科もないので、コンタクトレンズ買うの難しいです。国によってはメガネも買う場合、保険の対象外でめっちゃ高くなることもあります。

 

タオル

バスタオルはかさばるので、タオルで十分です。こちらも現地で買えます。

 

洗面具

日本の旅行用と同様でOKです。

 

ひげそり

現地で買えますが、電動のものとかは日本から持参するのがいいです。

 

爪切り

爪切りはあんまり売ってないです。売っていても切れ味は日本製がバツグンです。

 

歯ブラシ

日本の旅行用でOKです。現地でも買えます。

 

生理用品(女性のみ)

ぼくは女性じゃないのでわからないですが、やはりこちらも日本製のものがいいと聞くので、女性の方必須です。

 

リュック

動き回る用のリュックです。肌見離さないリュックがベターです。目を離したすきに盗まれる危険を防げるので。

 

正露丸

海外の食事が合わないことがあるので、そういうときは結構お腹下します。そういうときに正露丸は神です。

 

風邪薬

海外の薬ってなんか怖いと思います。ぼくも飲んだことはないですが、日本の風邪薬があると、重宝します。

 

南京錠

スーツケースやリュックの口を閉じるために使います。盗難防止です。

 

ティッシュ

トイレに紙がないことが多々あるので、ティッシュが重宝します。

 

必須じゃないけど持っていったほうが便利なもの17選

 

便利な持ち物
  1. Kindle
  2. ポケットWi-Fi
  3. 防寒具
  4. 雨具
  5. 折り畳み傘
  6. 虫除けスプレー
  7. 帽子
  8. 日焼け止め
  9. サングラス
  10. 地図、ガイドブック
  11. カメラ
  12. ハンガー
  13. 洗濯バサミ
  14. 圧縮袋
  15. インスタントの日本食
  16. サンダル
  17. 動きやすい靴

 

Kindle

暇なとき本を読めるといいです。紙の本はかさばるので、Kindleがあると便利です。

 

 

ポケットWi-Fi

Wi-Fiがない地域もあるので、ポケットWi-Fiがあると便利です。

友達と共用することも可能ですし、パソコンも使えるようになります。

 

 

防寒具

実際に行ってみると寒いこともあるので、防寒具があると便利です。

 

雨具

東南アジアとかだとスコールもよくあるので、雨具が有ると便利です。現地でも買えます。

 

折り畳み傘

スコール対処用です。傘も現地で買えます。

 

虫除けスプレー

アジアなどだと蚊がすごいことがあります。日本の虫除けスプレーはクオリティが高いので、あると良いです。

 

帽子

日差しが強い場所もあるので、そのときに使えます。

 

日焼け止め

日差しが強い地域もあるので、そのときに使えます。日焼け止めも日本製は性能がいいです。

 

サングラス

日差しを避ける用です。現地でも買えますが、コンビニには売ってないので、ちょっと見つけるのが大変かも。

 

地図、ガイドブック

電波が通じないところだと、紙の地図が役立ちます。

 

カメラ

せっかくの海外なのでいい写真を撮るのも楽しみの一つです。一眼やコンパクトカメラが役立ちます。

 コンパクトカメラ

一眼レフ 

ハンガー

洗濯をする場合、ハンガーがないと乾くのに時間がかかるので、あると便利です。

 

洗濯バサミ

洗濯するなら、あると便利です。

 

圧縮袋

圧縮袋があると、かさばる服の面積を縮められます。すると、スーツケースのスペースが作れて、お土産なども入ります。

 

インスタントの日本食

日本食が恋しくなるので、インスタントの日本食があると重宝します。

 

サンダル

靴だけだと暑いので、サンダルもあると便利です。現地でも買えます。

 

動きやすい靴

サンダルだけだと足がつかれるので、靴もあるといいです。

 

緊急事態になった場合に必要になるものと対処法

海外にいると、緊急事態になったときの対処法がわからないことが多いです。

なので、ここにそんな事態になったときに必要なものと対処法を記しておきます。

 

・パスポートの紛失

・食中毒などの病気になった場合

 

こちらの事態について、以下に詳細を示します。

 

パスポートの紛失

パスポートを紛失した場合は、大変です。日本に帰ることもできなくなってしまいます。

パスポートをなくしたら、警察署と日本大使館に連絡します。

再発行に必要なものは、

 

・パスポートのコピー

・証明写真

 

です。

 

詳しい手順は、こちらの記事をお読みください。

海外でパスポートを紛失したら? 知っておくべき対処法

 

食中毒などの病気になった場合

食中毒などの病気になった場合、現地の病院に行きます。

 

このとき必要になるのが、

 

・海外旅行保険

・パスポート

 

これがないと、保険の適用ができないので、必須です。

 

現地で買えるもの

持ち物に加えたけど、現地で買えるものもありますので、その分持っていくものを減らすことも可能です。

 

現地で買えるものとしては、

 

・ひげそり

・ノート

・筆記用具

・日用品

・シャンプー

 

などが挙げられます。

もし忘れてもこちらは、現地で調達できます。

 

現地で買えるけど、日本製のほうが質がいいもの

 

また、現地で買えるけど、日本製のほうが質がいいものもあります。

 

それは、

 

・虫除けスプレー

・インスタントの日本食

・日焼け止め

・薬

 

あたりです。

生活に直接関わらないものもありますが、荷物に余裕があるなら、日本から持っていくことをおすすめします、

 

海外インターンに参加するなら入れておくべきスマホアプリ

このあたりはおまけですが、海外インターンに参加するにあたって、必須名スマホアプリをまとめました。

 

以下の通りです。

 

・スカイスキャナー

・グーグルマップ

・グーグル翻訳

・フェイスブック

・メッセンジャー

 

このあたりは入れておくと便利です。

スカイスキャナーは、一番安い航空券を検索できるアプリです。海外に行くときは必須のアプリです。

 

また、外国人はフェイスブックでやり取りすることが多いので、アカウントを作っておくことをおすすめします。

 

荷物を減らす方法

また、どうしても海外に行くとなると、あれもこれも持っていこうとして、荷物が多くなりがちです。

 

そこで海外インターンに12キロの荷物だけで行ったぼくが、荷物を減らす方法を伝授します。

 

・洗濯して着替えを減らす

・上記の持ち物で自分にとっていらないものを減らす

・現地で買えるものは持っていかない

・他のもので代用できるものを減らす

 

上記の方法です。

 

上で挙げた持ち物は、あらゆる必要なものを網羅したものですので、自分に必要ないものは排除してもらってOKです。

 

また現地で買えるものは、わざわざ持っていかず、現地で買うというのも手です。

 

また、スマホがあれば、地図や筆記用具、メモなど、いろんな機能で代用できるので、スマホをフル活用して必要なものを減らす方法も有効です。

 

スマホのスリ対策

また、海外ではスマホが盗まれる危険もあります。

ぼくの友達もスマホをおいておいたら、とられたということがありました。

 

そうならないためにも、スリへの対策は必要です。

 

具体的にどうするのがいいかというと、

 

・リングをつける

・ストラップをつけ、常に手を通す

 

この2つで、手から離れないように二重で対策をしましょう。

手から離れなければ、とられることもないので。

 

まとめ

まとめです。

海外インターンに必要な持ち物をまとめてきました。

海外インターンに参加して、必要なものを忘れて困ることのないよう、チェックを重ねましょう。

 

もう一度持ち物リストを貼っておきますね。

 

海外インターンに必要な持ち物
  1. パスポート
  2. ビザ
  3. 現金
  4. クレジットカード
  5. 国際キャッシュカード
  6. 海外旅行保険
  7. 各種書類のコピー(保険証、パスポートなど)
  8. 証明写真の予備
  9. スーツケース
  10. スマホ(SIMフリー推奨)
  11. スマホの充電器
  12. モバイルバッテリー
  13. ノートパソコン
  14. Kindle
  15. ポケットWi-Fi
  16. 変圧器
  17. 変換プラグ
  18. 防寒具
  19. 雨具
  20. 折り畳み傘
  21. 筆記用具
  22. ノート
  23. コンタクトレンズ・メガネ
  24. タオル
  25. 洗面具
  26. ひげそり
  27. 爪切り
  28. 歯ブラシ
  29. 生理用品(女性のみ)
  30. 虫除けスプレー
  31. リュック
  32. 帽子
  33. 日焼け止め
  34. サングラス
  35. 正露丸
  36. 風邪薬
  37. 地図、ガイドブック
  38. 南京錠
  39. カメラ
  40. ティッシュ
  41. ハンガー
  42. 洗濯バサミ
  43. 圧縮袋
  44. インスタントの日本食
  45. サンダル
  46. 動きやすい靴

 

 

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【保存版】海外インターン参加に必要な6つの準備まとめ

【全部公開】2週間のベトナムの海外インターンでかかった費用まとめ

海外インターンで絶対に失敗をしないために押さえるべき4つのポイント

海外インターンに意味はない?過去参加者がその本音を徹底暴露

【体験者が暴露】2週間の海外インターンに参加して成長した5つの事

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。