【体験談】海外インターンに参加してベトナムでそのまま就職した話

あなた

海外インターンに参加して、そのまま就職ってできるの?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読んでいるあなたは、海外インターンに参加して、そのまま就職することに関して、できるのか、その方法や体験談を知りたい方ですね。

 

そんなあなたに、実際に海外インターンに参加して、そのまま就職した経験があるぼくが、その体験談と方法をお教えします。

 

 

おすすめの海外インターン

 

武者修行プログラム

 

ビジネスを超実践的に学べるベトナム開催の2週間の海外インターンプログラム

 

 

海外インターンに参加してそのまま就職しました

 

ぼくは、海外インターンに参加して、そのままその運営会社に就職しました。

 

海外インターンに参加すると、就活のときにネタにできたりとメリットがありますが、そのまま就職するという選択肢もあります。

 

今回は、その選択肢をとったぼくが、そのリアルな体験談を書いていきます。

 

参加した海外インターン

武者

 

ぼくが参加したインターンは、ベトナムで開催される2週間の海外インターン、武者修行プログラムです。

 

武者修行プログラムって?

海外ビジネス武者修行プログラムとは、ベトナムで開催され、超実践型でビジネスを学べる、海外インターンプログラムです。

 

通称「武者修行プログラム」と呼ばれます。(以下では、「武者修行プログラム」と表記します。)

 

武者修行プログラムの特徴

・超実践型ビジネスインターン

・ベトナムのホイアンで開催

・過去に3,000人が参加

 

武者修行プログラムは上記の特徴を持っており、多数のメディアにも掲載されたことのある、いま勢いのあるインターンです。

 

武者修行プログラムに関しては、体験談を18,000字にわたって詳しく書いたので、武者修行プログラムに興味のある方はぜひご覧ください。

 

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

 

就職した会社

 

その武者修行プログラムに参加して、そのままその運営会社の旅武者に就職しました。

 

実は正社員としての就職というわけではなく、アルバイトというかインターンとして雇われた感じです。

でも給料はもらっていたので、一応仕事として働かせていただきました。

 

仕事内容は、日本語教師です。

 

旅武者では、8つほどの様々な業種の実店舗を持っていまして、その中でインターン中に関わった日本語学校でさらに関わりたいと思ったので、日本語教師を担当しました。

 

そのまま就職することになった経緯

そのまま就職することになった経緯は、自分で申し出たからです。

 

もともとその学校の日本語教師はそのインターンの参加者で構成されていて、ちょうど足りなくなると言っていたので、募集していますという言葉を聞いて、

「やりたいです!」と申し出ました。

 

就職までの行程

就職までには特に特別な行程などはありませんでした。

 

面接などもなく、もうそのままメンバーの紹介が始まりました。

 

就職するのに何か資格があったとすれば、そのインターンに参加したことだったと言えます。

 

ベトナムで日本語教師を1年したこの経験は、こちらの記事に書いたので、合わせてお読みください。

 

そのまま就職するメリット

 

ここからは、海外インターンに参加してそのまま就職するメリットを紹介していきます。

 

それは、

 

・就活しなくていい

・環境が変わらないので、対応しやすい

 

です。

 

順に解説します。

 

就活しなくていい

これが一番大きいですよね。就活しなくても、仕事につける。

 

これは一番のメリットです。

 

会社側もインターンに参加してるときから自分を見てるので、人格だとか仕事への姿勢も把握済みなので、信頼度も大きいです。

 

環境が変わらないので、対応しやすい

また、環境が変わらないので、対応しやすいです。

 

あらたに就活して、新しい環境に入る必要もなく、インターンの延長の環境なので、少し慣れています。

 

なので仕事のしやすさや馴染みやすさも大きいです。

 

海外インターンに参加して、そのまま就職する方法

 

メリットがわかったところで、海外インターンに参加してそのまま就職する方法を説明します。

 

特別な方法があるわけではありませんが、コツがあるとすれば、インターンで結果をしっかり出して、熱意を伝えることです。

 

一般の就活で行われる書類審査や面接は、この場合だとインターンに参加している間にされているような感覚です。

 

インターンに真剣に取り組んでしっかり結果を出して、熱意を伝えることが、そのまま就職につながります。

 

まとめ

まとめです。

海外インターンに参加して、そのまま就職した体験談を書いてきました。

 

海外インターンに参加してみて、ここで働きたい!と思ったら、運営会社の人にお願いしてみるのもありな選択肢です。

 

参考までに。

 

関連記事

海外インターンに参加して、ベトナムで1年日本語教師をしてみた話

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【徹底解説】海外インターンの就活に役立つ4つのポイント

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。