【徹底解説】海外インターンの就活に役立つ4つのポイント

あなた

海外インターンって就活に役立つのかな?

 

こんな疑問に答えます。

 

この記事を読んでいるあなたは、海外インターンが就活に役立つか知りたい方ですね。

 

海外インターンに行くにあたって、就活が有利になるかは重要ですよね。

 

ぼくの経験上、有利になる場合とそうでない場合の両方がありますが、

実際に海外インターンに参加して、その後就活して内定を勝ち取った経験のあるぼくが、

海外インターンが就活に役立つポイントを4つ徹底解説します。

 

 

おすすめの海外インターン

武者修行プログラム

 

ビジネスを超実践的に学べるベトナム開催の2週間の海外インターンプログラム

 

 

海外インターンは就活に役立ちます

 

就活に役立つポイントの前に、そもそも海外インターンが就活に本当に役立つのかが、あなたは一番知りたいと思います。

 

大丈夫です。海外インターンは、就活に役立ちます。

ただし、内定が決まる決定打にはなり得ません。

また役立たないケースももちろんあります。

 

英語全く使わない職場なのに英語できますアピールしても、内定もらえる確率上がるかって言ったら、上がらないですよね。

 

ズバリ海外インターンが就活に役立つかは、職種によります。

 

ぼくの経験上、ぼくはインターンに参加してそのままその会社で働かせていただくことになったので、海外インターンに参加したことがそのまま就活に活きたケースですが、

 

そのあと別の会社に転職した際は、職種が全く違った(ビジネスインターンに参加したけど、転職先はエンジニア)ので、直接は役に立ちませんでした。

 

もちろん、話のネタにはなりましたが。

 

このあたりも含めて、海外インターンが就活に役立つポイントを解説していきます。

 

海外インターンの就活に役立つポイント

 

では、本題。

海外インターンの就活に役立つポイントを紹介します。

 

それは、

 

・面接のネタになる

・業務に活かせる

・英語力をアピールできる

・実務経験があることをアピールできる

 

の4つです。

 

順に解説します。

 

面接のネタになる

まず、面接のネタになります。

 

どのポイントも面接で役に立つことが多いですが、ここでは面接で聞かれるポイントをここに限定できるというメリットがありますね。

 

なにも経験しないアピールポイントのない状態で、就活に臨むと、面接官もどこを聞いたらいいかわからないし、なによりその企業へのアピールが何もありません。

 

それではオワコンですよね。

 

ありきたりではありますが、海外インターンに参加したという経験は、面接のときに必ず狙って聞かれるエピソードなので、

 

こちらも対応しやすいというメリットもあるし、海外インターンでしっかり経験を積んでおけば、

「お、こいつはしっかり考えて行動して、ちゃんと経験を積んできたな。」

と思ってもらえます。

 

ただし、海外インターンに参加だけしておけば、アピールになると思っているのは、論外ですよ。

 

しっかり学んだこと、身につけたものを伝えられなければ、お金と時間の無駄です。

 

業務に活かせる

 

また、会社に入ったあとの業務に活かすことができます。

 

例えばインターンでマーケティングを学んだのなら、マーケティングの仕事につけば、即戦力とまではいかなくても、予備知識があるぶん、成長は早いと思ってもらえますよね。

 

その会社が必要としている経験やスキル、知識を海外インターンで学ぶことができたら、それをアピールすることで、面接で効果を発揮します。

 

業務にモロに使える力をすでに持っている人が面接に来ることなんて、企業側からしたらすごくありがたいことなので、それは存分に使えます。

 

英語力をアピールできる

 

また、英語力をアピールできます。

 

先ほど英語が話せるからって日本の会社ではあまり役に立たないと言いましたが、

日本の会社でも海外との関わりが多い会社であれば、

英語の文書を読んだり、英語のメールを作成したりすることはあります。

 

そういうときに、学んできた英語力はすごく役立つので、アピールポイントになります。

 

実際ぼくもそれが役に立ったケースがあって、

ぼくは某大手自動車メーカーで働いているのですが、海外の部署とのやり取りがありまして、そのときに英語での業務サポートをすることがあります。

 

他の先輩方は、技術に関する知識はあっても、英語はできないという方が多いので、その時英語が使える人がいれば、新人でもすごく役に立ちます。

 

実務経験があることをアピールできる

 

また、実務経験があることをアピールできます。

 

企業の採用側の目線に立ってみると、就活で面接を受けに来る人は、会社で働いた経験のない、いわば素人ばかりなわけです。

 

だから就業経験の有無で判断することはできず、その人の個性や経験からどの人を選ぶかを判断しますよね。

 

でも海外インターンは、実際の仕事を体験することができるので、短くても就業経験があることになります。

 

これはほかの普通の大学生の候補者と比べたら、いくらかはアドバンテージになります。

 

それは大きなアピールポイントとして使えます。

 

そして実際にどんなふうに働いたのかやそこで何を得たかをきちんと答えられれば、プラスに持っていくことができます。

 

 

以上の点が、海外インターンの就活で役に立つポイントです。

 

海外インターンに行っただけでは就活は有利になりません

 

しかし、当たり前ですが、ただ目的もなく、海外インターンに参加したって、それは意味がありません。

 

企業側が求めるのは、海外インターンに参加したという「事実」ではなく、「そこで何を学んできたか」だからです。

 

つまり、きちんと目的を持って行動し、学べるものを吸収してこないと、参加した意味がありません。

 

なのでそこだけはお間違いなく。

 

海外インターンを就活に活かすためにやるべきこと

 

それでも海外インターンを就活に活かしたいと考えるならば、

参加するにあたってやるべきことがあります。

 

それは、

 

・参加する目的を明確にすること

・学びたいものを明確にすること

・死にものぐるいで学び取ること

 

です。

 

就活に利用するための海外インターンに必要なことは、就活面接のときに「何を目的として参加して、何を学んできたか。きちんと学んできたか」です。

 

就活が有利に動くかは、海外インターンに参加する前に8割が決まります。

 

自分が何を得たいのか、学びたいのか、どうなりたいのかをしっかり考え、明確にしてから、インターンに臨みましょう。

 

就活時に海外インターンに関して聞かれること

 

海外インターンを就活で役立てるためには、就活の面接時に面接官に何を聞かれるか、面接で何を主に見られるかを知っておくべき必要がありますよね。

 

なぜなら、自分が面接官がほしいと思ってる人材であることを伝えなければならないからです。

 

そこで実際に就活をしたぼくが、就活時に海外インターンに関して聞かれることをお教えします。

 

就活時に海外インターンに関して聞かれることは、

 

・何を目的に参加したか

・何を学んできたか

・参加している間どんな試行錯誤をしてきたか

 

です。

 

就活の段階でTOEIC800点など、見せられる大きな実績があれば申し分ないですが、そういう人はそもそも就活で困ることはないですよね。

 

面接官もそういう実績を持つ人がいないことは承知の上です。

 

そこで見られるのは、「きちんと考えを持って行動し、試行錯誤ができる人間かどうか」というポイントです。

 

海外インターンに参加すること自体には意味はありません。

その参加を通して、何を考え、何を目的として参加し、どんな行動をし、何を学んできたか、それを言えることが非常に重要です。

というか、そこだけが重要なポイントになります。

 

なぜそこを見られるかというと、この人がうちの会社に入社したあとに、成長し続けられる人材かどうか、またきちんと自分の考えを持って行動して会社に貢献してくれる人材かどうかを判断したいからです。

 

それを答えられるようにするために、海外インターンに参加するときは、自分の目的を持って前向きに行動し、大きな実績は出せなくてもその結果に近づけるよう、努力をしなければなりません。

 

それはあなた自身の成長にもつながるし、結果として就活を有利にすることにもつながります。

 

 

ここでぼくの実際の体験談を見ていきましょう。

 

ぼくは海外インターンに参加したあとに、実際に就活をし、内定をもらっています。

 

その体験談を書いていく前に、ぼくの経歴を簡単に紹介しますね。

 

ぼくの経歴

 

ぼくの経歴は、

 

大学卒業

大学院に進学

中退

★海外インターン「武者修行プログラム」に参加(ベトナム)★

インターン運営会社に雇ってもらう

(正社員ではなく、インターンというかアルバイトのような形)

インターンの会社を辞める

帰国

アルバイトを3つ跨ぐ

エンジニアに転職

 

こんな感じです。

 

ちょっと正規のルートとは言えない、変わった経歴をしていますが、

そのおかげで、就職を2回してます。

(インターンの会社とエンジニア会社)

 

では、ぼくが経験した2度の就活において、就活の様子がどんなふうだったかを解説します。

 

1回目の就活(インターン会社)

1回目の就活は、就活という就活はしておらず、

インターン先の武者修行プログラムの運営会社が運営している日本語学校、先生を募集しているというので、

「やりたいです!」と言って決まりました。

 

ここでは面接とかはなく、もともと大学生にガンガンいろんなことを挑戦させてくれる会社なので、サクッと決まりました。

 

強いて言うならば、そのインターンに参加したことが、その会社で働ける唯一の必要条件と言えます。

 

 

2回目の就活(エンジニア会社)

 

2回目の就活は、転職エージェントを利用しての、転職です。

 

2ヶ月の転職活動で2社に内定をもらいました。

 

この就活で受けたのは、エンジニアを雇ってくれるIT企業です。

 

英語などを使う機会は多くはないので、海外インターンで学んだことは、直接は内定に影響しませんでしたが、面接のときにほぼ毎回聞かれました。

 

そこで普通の大学生とは違い、経験を積んでいることはアピールできましたね。

 

会社によっては、海外の文書を扱うこともあるらしく、英語ができるというのが、プラスに働く場合もあるようです。

 

実際、今ぼくが働いている会社で、英語の文書を読んだり、英語で送るメールの内容を考えたりなどもしたことがあります。

 

あと、海外インターンでビジネスに取り組んたことがあったおかげで、仕事に真剣に取り組む姿勢が身についていたので、

面接のときもハキハキと受け答えをして、自分が何を学んできたか、そしてこの会社で何をしたいのかをしっかりと答えることができました。

 

この転職エージェントを利用して転職したときの体験談はこちらに詳しく書いたので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

【転職成功者が暴露】転職エージェントワークポートの評判や口コミは?

 

ぼくが参加したインターン

 

ここで少し名前を出しましたが、ぼくが参加したインターンは、ベトナムで開催される、武者修行プログラムというインターンです。

 

ビジネスを超実践的に学べるの短期インターンです。

 

ベトナムに10個の様々な業種の店舗を持っており、その店舗の一つを担当し、そこの抱える課題を解決する企画を考えて、プレゼンします。

 

詳しくはこちらの記事に書いたので、こちらを読んでください。

 

 

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

 

ちなみにぼくが選んだ店舗は、日本語学校でして、その後雇ってもらったのもその日本語学校です。日本語教師として1年間働きました。

 

そのときのことはこちらの記事に書いたので、こちらをご覧ください。

 

 

武者修行プログラムに参加すると就活にすごく有利になる理由

 

武者修行プログラムに参加すると、就活がめちゃめちゃ有利になります。

その理由を解説します。

 

武者修行プログラムで就活がめちゃめちゃ有利になる理由は、

 

・大学生の成長にコミットしたプログラム内容

・仕事に真剣に向き合わされる

・実際の店舗ビジネスに入って、仕事をする体験ができる

 

からです。

 

順に説明します。

 

大学生の成長にコミットしたプログラム内容

まず、プログラム内容が大学生の成長にコミットしています。

 

武者修行プログラムが開催しているインターンは、自分の企業の業務を覚えてもらって、そこに就職する人をその中から選ぶようなインターンとは違います。

 

そのインターン自体がメイン事業そのもので、そのインターンを通しての目的は、

 

「大学生に起業家精神を身に着けてもらい、その後の人生で、自分のゴールを自分で見つけ、それに向かって最後までやり切る力を身につけること」だからです。

 

本当に純粋に海外インターンを通して、大学生に成長してもらいたい、そしてその後の人生で一流のビジネスマンとして生きていける力をつけてもらいたいという思いがあるので、

このインターンに参加すると求める成長をすることができます。

 

結果として、参加前はすごくおとなしくてモジモジしているような人でも、すごく参加後にハッキリとものが言えるようになったり、しっかり自分の芯を持って行動できる人になっている人が多いです。

 

ぼく自身もその一人で、そのおかげで就活でもしっかりと自分の意志を面接で伝えることができました。

 

仕事に真剣に向き合わされる

また、仕事に真剣に向き合わされます。

 

このインターンでは、本気でビジネスに取り組むことを目的としており、2週間という短い期間ですが、嫌というほど仕事に向き合わされます。

 

サボってたら、見逃さず、「それでいいの?」という言葉が講師の方やチームメンバーから飛んできたりして、

手を抜くことは許されないストイックさです。

 

また講師の方が30人の1グループにつくのですが、その講師の方は、現在社長をやる現役バリバリのビジネスマンやコンサルタントが担当するので、

リアルなビジネスの話を聞くことができます。

 

これにより、社会に出てからの仕事のイメージもより具体的にしやすくなります。

 

実際の店舗ビジネスに入って、仕事をする体験ができる

また、ベトナムで展開されている実際の店舗のビジネスに入り込んで、そこで実践をするので、リアルの仕事に沿ったビジネス体験ができます。

 

それに対しても、ビジネスマンの講師の方にいろいろとアドバイスをもらえて、改善を繰り返していけるので、

就職する前にビジネスマンとしての心得を持った状態で就活に臨むことができます。

 

ほかの大学生より、社会人としてのスタートを一歩リードしていることをアピールできます。

 

武者修行プログラムで学んだこと

 

ここからは、ぼくが実際に参加した武者修行プログラムという海外インターンで学んだことについて、紹介します。

 

それは、

 

・本気で仕事に向き合う姿勢

・英語に対する不安がなくなった

・失敗から試行錯誤して成功を掴み取る過程

 

です。

 

本気で仕事に向き合う姿勢

まず、本気で仕事に向き合う姿勢です。

 

武者修行プログラムでは、本気で仕事に向き合う大切さを教えられます。

 

本当の成長を得るためには、顧客第一の考え方になり、顧客の求めているものを引き出して、それを解決することを徹底的にやらないと達成できません。

結果として、自分たちのチームで作る企画も成功しません。

 

そのため、成長を得るためにも、仕事に本気で向き合う姿勢がみにつきます。

 

これは、就活のときに大いに役立ちました。面接のときってぶっちゃけ「仕事やだなあ」と思いながら、就活したりしたがちです。

しかしそれでは相手企業の方に熱意なんか伝わりません。結果として、受かりませんよね。

 

でも武者修行プログラムでは、仕事に本気で向き合って、成功を勝ち取ることで、仕事の面白さを知ることができます。

だから仕事に対して前向きになり、就活のときも熱意を持った受け答えができるようになります。

 

英語に対する不安がなくなった

また、英語に対する不安がなくなりました。

 

ぼくが参加したインターンは、2週間の短期だったので、その間で英語が喋れるようにはもちろんなりません。

 

しかし、毎日ベトナム人や観光に来ている欧米人にアンケートなどの目的で話しかけていたので、英語に対する不安はだいぶ解消しました。

 

経験して思ったのが、英語ができないと思ってる漠然とした不安は、単純に話した経験が少なすぎるせいであって、あなたが能力が低いからではありません。

 

日本にいたら当たり前ですが、英語を使わないので、話せるようにはならないだけです。

 

苦手意識があっても、がんばって話しかけていたら、いつの間にか英語を話すのが楽しくなっています。

 

そこまでいけば、英語に対する不安はなくなります。

 

もちろん1年などの長期のインターンに参加すれば、十分日常会話ができるレベルには成長できるので、その場合はそのまま就活で英語ができることをアピールできます。

 

ぼくは武者修行プログラムに参加したあと、その会社で1年間現地で働いたので、英語が話せるようになり、就活でもそのアピールをしました。

 

海外インターンを通して、きちんと時間を無駄にせず、スキルを身につけたことをきちんとお話できました。

 

失敗から試行錯誤して成功を掴み取る過程

また、失敗から学んで試行錯誤をして成功を掴み取るまでの過程を学びました。

 

これは就活でそのまま活かせる実績とは言えませんが、

大きい学びを得たというアピールにはもってこいです。

 

武者修行プログラムでは、失敗と挫折を経験させて、そこから学び取り、成長し、成功体験を積むことで自信をつけさせるというプログラム内容が組み込まれています。

 

この過程を通して、社会人になる前に仕事に対して一生懸命取り組んで失敗しながらもうまくいくという過程を経験し、また成功までいくとやりがいを感じられるという事実をその身に体験することになります。

 

この一連の流れを経験すると、仕事が楽しいという価値観が生まれ、これからの就活、仕事に対して前向きい取り組む姿勢が生まれます。

 

そのため、就活でもやりたい業種を見つけて、その会社に入ろうと一生懸命面接も頑張ろうという意識がつきます。

 

熱意を持って面接に臨むと、やはり面接官側の受ける印象もよいものになるので、内定の確率も上がります。

 

自分に自信があるかどうかは喋れば一発でわかるので、ここで自信をつけておけば、好印象に伝えることができます。

 

武者修行プログラムの内容

 

武者修行プログラムでやることは以下の通りです。

 

武者修行プログラムでやること

・現地のリサーチ

・競合店のリサーチ

・企画立案

・ビジネス知識の学習

・チーム構築のための知識学習

・企画発表のプレゼン資料作成

・プレゼンテーション

・企画の効果検証

・顧客へのインタビュー、アンケート

・従業員とのコミュニケーション

 

ざっくりまとめると、上記の通り。

 

実店舗を使った、リアルビジネスを行います。

この実践を通して、深い学びと成長をしていきます。

 

分けられたチームで、現地の店舗周辺のリサーチを行い、それに基づいて、その店舗の課題を解決する企画を作り、それを効果検証し、結果をプレゼンするビジネスインターンです。

 

武者修行プログラムについて詳しく知りたい方は、こちらの体験談記事を合わせてぜひ読んでください。

 

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

 

武者修行プログラムは全国で無料説明会を行っています。

説明会に参加して詳しく話を聞きたい方は、こちらのボタンからご参加ください。

 

▼武者修行プログラムの説明会に参加したい方は、こちらのボタンから!▼

 

海外インターンに参加して就活を有利にしよう

 

最後になりますが、海外インターンに参加して、きちんと学ぶものを学んでこれば、就活に活かすことは可能です。

 

就活のためにと思いながら、参加するのではなく、純粋に海外インターンを楽しんで、そこで自分の目的を達成しようという気持ちで、参加すれば、

きっと参加後には求める成長ができていて、就活でも相手企業様によく思ってもらえる人材になっていることでしょう。

 

就活を有利にしたい方は、しっかりと目的を持って海外インターンに参加しましょう!

 

関連記事

【体験者が暴露】武者修行プログラムは怪しい?評判は?

【体験者が暴露】海外インターンに参加するメリット8選総まとめ

【体験者が暴露】ビジネスを学べるおすすめの海外インターンを徹底紹介

【体験者が暴露】2週間の海外インターンに参加して成長した5つの事

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。