>>プロフィールはこちら!

3度の飯より旅が好きなぼくの旅への愛を語らせてくれ。

どうも、そらりんです。

 

この記事では、3度の飯より旅が大好きなぼくが、旅への愛をひたすらに語るという記事です。

 

ぼくは旅が好きすぎて、国立大学の大学院を中退してまでも、旅を人生にしようと決意したこともあります。

 

それくらいにぼくの人生からは外せないほど大切なものです。

 

ここまでハマったものは人生で他にありません。

 

ということで、本記事ではそのぼくの旅への愛を語り尽くしたいと思います。

 

長くなると思いますが、お付き合いください。

 

目次

旅がどれくらい好きなの?

 

じゃあ、そもそもどのくらい旅のこと好きなの?っていうところから、お話したいと思います。

 

それはどのくらいかというと、

 

・大企業の安定を捨ててしまうほど

・国立大学大学院を中退するほど

・残りの人生ずっと旅したいほど

・旅できるなら一生アルバイトでもいいと思えるほど

 

に好きです。

 

結構頭いってますねw

 

大学生の頃までは、普通に大企業に入って安定した生活を目指してましたし、普通の生活して結婚して子供生んでみたいな暮らしを想像してたんですが、

 

旅に出会ったことにより、その人生プランはいとも簡単に崩れ去りました。

 

安定なんてないし、安定してなくてもお金がなくても、それでも旅がしたい!!

と思えるくらいに、決意ができてしまいました。

 

安定を捨てるというリスクをとっても、一生旅がしたいと思い、何と名古屋大学の大学院に通っていたんですが、半年で中退しました。

 

全く後悔はないです。

 

そのあとも借金背負ったり鬱になったりと、いろんな辛い出来事も経験しましたが、そうなっても僕の頭の中からは「旅がしたい」という希望で満ち溢れてました。

 

そこまで衝撃的な出会いでした。

 

なんで旅が好きなの?

 

じゃあ、なんでそんなに旅が好きなの?って言うと、それは、

 

・純粋に楽しいから

・自由だから

・きれいな景色見るの好きだから

・価値観広がって面白いから

・外国人の友達ができて楽しいから

・いろんなもの学べるから

・リアルにRPGの中に入ったみたいでワクワクするから

・飽きないから

・アイデアがわきまくる

 

といった理由からです。

 

旅はとにかく楽しくてワクワクします。またいろんなことを学べて、それが尽きません。

どれだけ旅しても、新しい世界はどんどん出てくるし、価値観はほんとに無限大に広がっていきます。

 

めちゃくちゃ自由になれるし、外国人の友達もできるし、いいことづくめ。

ぼくは小さい頃、ポケモンやドラクエなどのRPGゲームが大好きで毎日やっていたんですが、本当にその世界に入り込んだみたいに、少年のようにワクワクします。

 

そんなところが旅の好きなところです。

 

旅を好きになったきっかけ

 

次に旅を好きになったきっかけをお話していきます。

 

イギリス・フランス旅行

 

ぼくが旅を好きになる最初のきっかけは、大学生の頃に行った海外旅行でした。

 

大学3年の春に、イギリスとフランスに旅行に行きました。

合わせて2週間ほどの旅行で、それぞれロンドンとパリを中心に、王道の観光スポットを一通り回る旅行でした。

 

ここはまだ旅というより、旅行って感じでしたが、

はじめてのヨーロッパで刺激は大きかったです。

このときフランスで凱旋門を見たときに、ぼくはこう思いました。

 

あなた

凱旋門ってほんとにあったんだ

 

と。

 

 

 

何言ってんだこいつ、そんなの当たり前じゃんって思うかもしれませんが、

 

写真でしか見たことなかったものを実際に自分の目で見たときって、結構衝撃受けますよ。

 

それも有名なものであればあるほど。

 

その旅行でぼくは、

 

・エッフェル塔

・タワーブリッジ

・ビッグベン

・モンサンミッシェル

・モナリザ

 

など、世界で超有名なものをたくさん見てきました。

 

 

エッフェル塔

 

 

タワーブリッジ

 

 

ビッグベン

 

 

モンサンミッシェル

 

 

モナリザ

 

 

モナリザもテレビでさんざん見てるけど、実際に目で見ると、本物なんだ!と思って、しみじみ感じますよ。

 

それくらい、画面でしか見たことがなかったものが実際に存在するという衝撃を、受けました。

 

それから、海外旅行の魅力にどんどんはまり込んでいって、特に絶景についての本を20冊以上買い漁って、調べるようになりました。

 

「世界一周しちゃえば?」と書かれた本との出会い

 

絶景本を買い漁るようになって、1年がたった頃、また絶景本がないかと本屋に立ち寄ったとき、ある本の帯に書いてある文字に目が惹かれました。

 

その文字は

 

「世界一周しちゃえば?」

 

の文字。

 

世界一周を「しちゃうの!?」と内心ツッコみながら、そんなに簡単にできるもんじゃないでしょ、と思いつつ、その本を手に取りました。

 

その本は、高橋歩さんという日本で有名な旅人であり、執筆家である方が書いた、世界一周のガイドブック「WORLD JOURNEY」でした。

 

 

そこには、

 

・世界一周のやり方

・世界一周の魅力

・世界一周の体験談

・世界一周の費用

 

などの情報がたくさん書かれており、読むだけでどうすれば世界一周ができるかがわかるようになっていました。

 

その本を読み、ぼくが一番思ったことは、「世界一周ってこんなに安く行けるんだ!」ということです。

そこには世界一周するなら費用は半年で100万くらい、という目安が書いてありました。

そんなに安く済むんだったら、バイトすればいけるじゃんと思いました。

 

あと、世界一周なら、いろんな国の行きたいところだけをつまんで行き、自分だけの旅が作れるから、すごく効率がいいじゃんと感じました。

 

例えばエジプトのピラミッドはすごく見たい。でもエジプトの他のスポットには興味がない。

 

そんなとき、世界一周という手段なら、アジアを旅してそれからヨーロッパに渡る前に、ついでにちょろっと寄ってピラミッドだけを見て、それからヨーロッパに行く、なんていう贅沢なこともできる。

 

日本からエジプトへの往復航空券は12万かかるけど、例えば世界一周のルートで、

インド→エジプト→トルコというルートをたどる場合、飛行機代は5万で抑えることができる。

 

日本との往復をするよりも、連続して旅をしたほうが金銭的に効率がすごくいいということに気づきました。

 

この気付きから、ぼくはそこで人生はじめての夢「世界一周」をみつけます。

 

それからほどなくして、大学院に入りますが、半年でやめることになります。

 

 

トラブル続きのニュージーランド旅

 

そして、その運命の本との出会いを経て、そのあとにニュージーランドに一人旅へ行きます。

 

6日間の短い旅で、目的地は「世界一美しいと言われる星空」が見られるテカポという街。

それだけの予定を立てて、リュック一つで海外へ飛び出すという、無計画な旅をしました。

 

そこでも、いろんなことを感じました。

 

・満天の星空を見る

・偶然泊まったドミトリーの同じ部屋に日本人がいた

・飛行機を逃すトラブルに遭遇

 

といった経験をしました。

 

日本の都会出身のぼくにとっては、プラネタリウムの中にいるかのような満天の星空はすごく感動を呼びました。

また偶然日本人の人と同じ部屋になり、気が合って、出会ってすぐなのに一日半くらい行動をともにしました。

 

また、飛行機を逃すというトラブルにもあってしまいました。

 

これは乗り換え時間が短すぎて、荷物が出てくるのを待ってたら、トランジットに乗り遅れるという、ぼくの単純なミスです。

 

そのあと一夜を空港で明かして、8万払って航空券を新しく買い直すということになり、だいぶ絶望しましたが、

その飛行機で日本に帰った先に奇跡が起こります。

 

なんと、芸能人の出待ちに遭遇したんです。

 

しかも、その芸能人が日本人ではなく、世界トップレベルのモデル、

 

ミランダ・カー

 

だったんですね。

 

飛行機を逃していなかったら、この時間にその場にいることはなかったわけです。

 

つまり、ぼくは8万払って、ミランダカーを見る権利を得たことになります。

 

ミランダカー見れるんだったら、8万は安いものだと思いました。

 

この一連の出来事を経て、ぼくは終始ワクワク、ドキドキしていました。

 

今までに感じたことのない興奮を感じて、いてもたってもいられなくなっていました。

 

小さい頃、ポケモンのゲームを初めて買ったときのような、少年のころの冒険に対するワクワクと同じものを感じていました。

 

これにより、ぼくは完全に旅の魅力に取り憑かれました。

 

 

こういう出来事を経て、ぼくは旅の虜となり、大学を出て安定を求めることを捨て、旅人になることを決意します。 

 

旅の原点はマンガとゲームにあった

 

そんな22歳にして、旅に取り憑かれたぼくですが、実は旅へのあこがれは、もっと子供の頃、小学生の頃にハマっていた、ゲームと漫画が原点でした。

 

それは、

 

・ポケモン

・ドラクエ

・ONE PIECE

 

の3つです。

 

ポケモン

 

1994年生まれのぼくは、完全にポケモン世代で5歳から20歳頃に至る15年間、ずっとやり続けたゲームです。

 

初期の赤緑青からオメガルビーまでやりこみました。

 

その総プレイ時間は1,000時間をゆうに超えるでしょう。

 

ぼくの冒険へのあこがれの原点はこのゲームでした。

 

ポケモンは最近こそ、いかに強いポケモンを作り、バトルに勝つかを追い求めるゲームの側面が強いですが、

ぼくはそれには一切興味がなく、逆にシナリオをすべてクリアしたら、飽きます。

 

逆に言えば、そのシナリオを進めること自体がぼくの楽しみ方だということです。

 

シナリオを進めるということは、いろんな街に行き、新しい人に出会い、ポケモンとともに成長していく過程です。

 

それは冒険であり、ぼくが言うところの旅そのものです。

 

毎回新しいソフトを買ったときは、どんな街があるんだろうとそれにワクワクしていました。

 

5歳のときに受けた、画面の中への旅という衝撃がすべて今のぼくを形作りました。

 

一番ハマったのは、ルビサファエメラルドとダイヤモンドですね。

 

ドラクエ

 

冒険のゲームの王道といえば、やはりドラクエです。

 

ドラクエは残念ながら、全部はやれていませんが、やはり世界を冒険し、強くなっていくそのシナリオをクリアするRPGは、ぼくの少年心をくすぐりました。

 

強いモンスターを合成して作るのも楽しいですが、やっぱりフィールドを駆け回って冒険することが一番の楽しみでした。

 

ちなみに一番ハマったのは、ドラクエモンスターズジョーカーと、ドラクエ9です。

 

ONE PIECE

 

そしてこちらはマンガのONE PIECE。

 

ONE PIECEは生まれて初めて読んだ漫画の一つで、こちらも超世代です。

 

今や世界一売れてる漫画ですが、ぼくが読んでた頃からも子供の中には大人気で、ぼくも大好きでした。

 

主人公のルフィがまさに冒険大好きな純粋な少年で、その性格は当時小学生だったぼくもすごく共感した覚えがあります。

 

そして物語で出てくるいろんな島々。

 

・砂漠の島

・雲の上に浮かぶ空の島

・水の都

・雷が降り注ぐ島

 

などなど、ほんとに冒険心くすぐるいろんな島々が出てきます。

 

漫画を読みながら、ルフィと同じ気持ちになって、旅した気分になるのが楽しかったです。

 

現在も90巻以上出てますが、欠かさず読んでます。20周以上は読み返しましたね。

 

また、ONE PIECEに出てくる島は地球に実在するものをモデルにしていることが多いんです。

 

例えば上であげたような島で言うと、

 

・砂漠の島(アラバスタ)

→ジョードプル(インド)

 

・水の都(ウォーターセブン)

→ベネチア(イタリア)

 

・雷が降り注ぐ島(ライジン島)

→マラカイボの灯台(ベネズエラ)

 

といった感じで実在します。

 

だから世界を旅しながら、ONE PIECEのモデルになった場所を巡るという、聖地巡礼もできちゃうわけです。

 

ONE PIECEファンとして、それはやらないといけないという使命感を勝手に感じています。笑

 

▼今すぐ読みたい方はポチっとどうぞ!▼

 

これがぼくの旅の原点です。

 

人生を変えた旅本

 

次に、ぼくの人生を変えた旅本を紹介したいと思います。

 

旅本もよく読んでいて、絶景写真集やエッセイなど、幅広いジャンル読み漁ってます。

 

そこからもたくさん刺激をもらってきました。読んでるだけで旅してる気分になって、ワクワクしちゃうものがたくさんあります。

 

ぼくが特に影響を受けたのは、以下の本たちです。

 

 

僕らの人生を変えた世界一周

 

世界一周をした人の体験談が赤裸々に書いてあります。

 

僕が旅に出る理由

 

 

世界一周をした人の体験談が赤裸々に書いてあります。

 

女子が旅に出る理由

 

 

世界一周をした人の体験談が赤裸々に書いてあります。

 

Journey

 

 

世界の絶景の鮮やかな写真と偉人の名言が書かれた本です。

 

WORLD JOURNEY

 

 

世界一周のガイドブックです。

 

The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅

 

 

旅で人生が変わって、やりたいことを見つけた人たちの体験談がまとめられています。

 

自分の仕事をつくる旅

 

 

世界の500人の起業家に会うというコンセプトで世界一周をした大学生の体験記です。

 

僕らはまだ世界を1ミリも知らない

 

 

日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。

 

 

ブラを捨て、旅に出よう

 

 

アナウンサーでもあった女性のハラハラドキドキの世界一周体験記です。

 

死ぬまでに行きたい!世界の絶景

 

 

世界の絶景を集めた本です。

 

TraveLife

 

 

 

世界全周という夢

 

 

さて、ここまでぼくが旅にハマってきた経緯を紹介してきました。

 

そしてそんなぼくには、「世界全周」という夢があります。

 

世界全周とは、「世界すべての国に行くこと」です。

 

これをしようと思ったのは、世界197カ国を回ったという人が世界に実在すると知ったからです。

 

それを成し遂げた人は、アイルランド人の旅ブロガー「ジョニーワード」さんです。

 

 

One Step 4 Ward|ジョニーワードのブログ

 

彼の存在を知り、「世界すべての国に行くことってできるんだ」と思いました。

 

それからぼくの目標は、世界全周となりました。

 

世界70億人いようとも、おそらく指を数えるくらいの人間しか成し遂げないであろう、世界すべての国を制覇するという偉業を成し遂げる。

 

それが、ぼくが人生をかけてやりたいことです。

 

それはきっと日本中の旅行好きの人たちを熱狂させることができます。

 

今はブログだけしか書いていませんが、いずれはYouTubeでも発信していきたいと思っています。

 

世界全周というとハードルが高すぎるように感じますが、決してそんなことはありません。

 

1ヶ月に1カ国滞在するとしても、17年で197カ国は回れます。

 

人生は長いので、全然いけると思ってます。

 

世界全周を通してやりたいこと

ぼくは、世界全周を通してやりたいことはがあります。

 

それは、

 

・1,100箇所以上ある世界遺産を制覇する

・世界の絶景マップを作りたい

・絶景の前で踊ってみた動画を撮りたい

・絶景の前で歌ってみた動画を撮りたい

・世界の夜景の前でヲタ芸動画を撮りたい

・スマホで撮った写真だけで絶景写真集を出したい

・書道と絶景を絡めたアート作品を作りたい

・世界の絶景や街を舞台にした小説を書きたい

 

です。

 

1,100箇所以上ある世界遺産を制覇する

 

まずは世界遺産を全部制覇したいです。

 

世界が認めた人類が守るべき遺産なんで、それは見ずにいられないですよね。

冒険家として外せないです。

 

また世界遺産の中にはこの世のものとは思えない形や景色をしたものもあるので、ぜひ見てみたいです。

 

世界の絶景マップを作りたい

 

また、世界の絶景を地図形式で検索できる絶景マップを、アプリで作りたいです。

 

世界遺産は探せるけど、絶景って地図にも載ってないような、ニッチなものもたくさんあるので、それを含めぼくが地図を作ります。

 

日本を一周して地図を作った伊能忠敬のような偉業を成し遂げたいです。

 

絶景の前で踊ってみた動画を撮りたい

 

また、絶景の前で踊ってみた動画を出したいです。

 

ぼくの好きなYouTuberに、パオパオチャンネルというグループがいます。

 

今は活動休止してますが、ボカロの曲を中心に、それに合わせたダンス動画を出していました。

 

 

この動画がすごく好きで、何度も見て踊りを覚えてしまったほどです。

 

ぼくもこれを、絶景の前でやりたいです。

 

絶景の前で歌ってみた動画を撮りたい

 

また、絶景の前で歌ってみた動画も撮ってみたいです。

 

YouTube活動をするにあたって、歌も好きなので、歌動画も出していきます。

 

さらにぼくはせっかく旅をするので、その現地の絶景を使って、PVも撮れたら、すごくいい作品に仕上がると思うので、ぜひそれをやりたいですね。

 

世界の夜景の前でヲタ芸動画を撮りたい

 

また、世界の夜景の前でヲタ芸動画を撮りたいです。

 

ヲタ芸とは、ヲタクが光るペンライトを持って踊るものです。

 

こちらも好きなYouTuberに、北の打ち師たちというグループがいます。

 

 

再生回数数百万回超えの数々のヲタ芸動画を出してきた方々です。

 

これを世界の夜景という、きれいな場所を前に、踊りたいです。

 

スマホで撮った写真だけで絶景写真集を出したい

 

また、スマホで撮った写真だけで絶景写真集を出したいです。

 

世の中にはきれいな絶景写真集はよくありますが、

スマホだけでやった人はまだあんまりいないはず。

 

でも最近のスマホはカメラのクオリティがすごく高いので、写真集にもできるんじゃないかと思ってます。

 

なのでそこはあえて、スマホだけで撮った写真で本をだしたいですね。

 

書道と絶景を絡めたアート作品を作りたい

 

また、書道と絶景を絡めたアート作品を作りたいです。

 

小さい頃、書道を7年ほど習っていました。

 

そこでそれを使ってなにかできないかを考えていたとき、書道って白黒の作品しかないことに気づきました。

 

まあそれが書道の良さなんですが、カラフルな書道もあっていいと思ったんですよね。

 

それをぼくの旅というカテゴリを組み合わせて、なにかアート作品を作れないかなーと思っています。

 

世界の絶景や街を舞台にした小説を書きたい

 

最後に、世界の絶景や街を舞台にした小説を書きたいです。

 

旅の他にもアニメがすんごく好きで、1年で300作品に目を通すほどのハマりこみぶり。

 

そこから転じて、ラノベ小説も読み漁るようになってから、なんと自分でも書き始めちゃいました。

 

旅をしていると、結構創作意欲を刺激されるので、すごく物語を書きたくなります。

 

SF小説を書くにあたって、その舞台を実際に見た絶景や街を使って、描きたいというのが夢です。

 

いま一番行きたい国

 

さて、では次にいま一番行きたい国を紹介していきます。

 

行きたい国多すぎて、1つに絞れないので、5つ紹介します!

 

・アイスランド

・イタリア

・アメリカ

・インド

・スペイン

 

アイスランド

 

 

1カ国目は、アイスランドです。

自然がいっぱいの氷と炎の国です。

また、周りに暖流が流れており、北海道ほどの寒さでオーロラが見れる唯一の国です。

アイスランドで行きたいところは、

 

・世界最大の野外温泉(ブルーラグーン)

・ストロックル間欠泉

・氷河(ヴァトナヨークトル国立公園)

・滝(ゴーザフォス、セリャラントスフォス)

 

などです。

 

車を借りて、一周したいです。

 

イタリア

https://www.instagram.com/p/B0yDZSPAmAx/

 

2カ国目は、イタリアです。

 

普通海外の国で知ってる街の名前って1つくらいしかないと思うんですが、

イタリアは魅力的な街が多すぎて6つも名前を知っています。

 

そんなイタリアの行きたいところは、

 

・ファッションの街ミラノ

・水の都ベネチア

・遺産の集まる都市ローマ

・フィレンツェ

・ナポリ

・青の洞窟カプリ島

・水が透き通ってる島ランペドゥーザ島

 

などです。

 

遺跡とかはもちろん、海もきれいだし、本場のイタリア料理をとにかく堪能したいですよね。

 

 

アメリカ

https://www.instagram.com/p/B2O5issn_5b/

 

3カ国目は、アメリカです。

アメリカといえば、スケールの大きい絶景と、ハンバーガーと、スポーツです。

ぼくは学生時代バスケを10年間やっており、NBAもよく見ていました。

なので、世界のプロバスケを自分の目で見て、その盛り上がりを肌で感じたいです。

 

アメリカで行きたいところは、

 

・グランドキャニオン

・アンテロープキャニオン

・ブライスキャニオン

・セドナ

・モニュメントバレー

・石が勝手に動く不思議な谷デスバレー

・ハリウッド

・ユニバーサルスタジオハリウッド

・ディズニーワールド

・この世の不思議がつまってるイエローストーン国立公園

・白い砂漠ホワイトサンズ

 

などです。

行きたいところたくさんです。

車借りてドライブするのいいですね〜!

ハンバーガーとかアメリカンフードを楽しむのもありです。

 

インド

View this post on Instagram

【RETRIP×インド】 インドの「タージマハル」はいつかは訪れてみたいスポットですよね。世界遺産に登録されていて、多くの観光客が訪れる大人気の観光地。最近入場時間が3時間に制限されるようになったので、時間をチェックしながら白くて美しい「タージマハル」を満喫してください。 . RETRIPでは「おでかけ」に関する様々な情報を発信しています。ぜひ他のアカウントもチェックしてください @retrip_osaka_ 大阪のおでかけグルメスポットを紹介 @retrip_nagoya_ 名古屋の話題のカフェを紹介 @retrip_kyoto_ 京都のおでかけスポットを紹介 @retrip_fukuoka_ 福岡のおでかけグルメスポットを紹介 @retrip_hokkaido_ 北海道のおでかけスポットを紹介 @retrip_korea_ 韓国の話題のカフェを紹介 @retrip_dinner 全国の話題のごはんを紹介 @retrip_news 最新のおでかけ情報を紹介 @retrip_nippon 日本の絶景を紹介 @retrip_global 海外の絶景を紹介 @retrip_gourmet 全国の話題のスイーツを紹介 @retrip_cafe 全国のおしゃれなカフェを紹介 . ▼RETRIP[リトリップ]のアプリは AppStore、GooglePlay「リトリップ」で検索! プロフィールのURLからもダウンロードできます . photo by @daiki0515 . #RETRIP #リトリップ #retrip_global #retrip_ho #retrip_インド #retrip_タージマハル #retrip_india #インド #インド旅行 #タージマハル #india #india🇮🇳 #tajmahal #tajmahalgallery #tajmahalindia #tajmahalpalace #世界の絶景 #instatravel #instatravelling #instalike #likeforlikes #like4likes

A post shared by RETRIP<リトリップ>海外 (@retrip_global) on

 

4カ国目は、インドです。

インドはとにかくカオスな国という話しか聞きません。

しかし、そのカオスさを実際に感じたいという気持ちが強くて、行きたいところがたくさんあるというより、その雰囲気を感じたいです。

 

行きたいところは、

 

・ガンジス川

・インドのハリウッドボリウッド

・ニューデリー

・タージマハル

・ITで発展する南部地域

 

ですね。

 

スペイン

View this post on Instagram

【2019年遅めの夏休み旅行】はいっドン‼️アンドラから3時間かけてバルセロナに帰ってきました🚌もう正直この日は朝6時からアンドラに行っていたのでクタクタです😫ただそんなことで休んでる暇はありません🏃‍♂️🏃‍♀️💨時間があるのであればとにかく観光→死ぬように寝る→翌日またとにかく観光👀旅行中はこれが連日続きます😭まぁ帰国までは保つでしょ🙌はいっ夜のサグラダファミリア見に行くよー、、、よく考えたら妻はよく付いてきてるな💦笑 2019.8.25「@tabiryman」 . 【1枚目】夜のサグラダファミリア 、なんか模型見たい😲 【2枚目】定番のやつも見に行きました📸 【3枚目】池にも綺麗に映ってました😊 【4枚目】実は到着した時はこんな感じでした🙌 【5枚目】ライトアップまで近くのお店でパエリアを🥘 【6枚目】疲れてたのでビールが沁みる🍺 . #旅 #旅人 #旅リーマン #旅行好きな人と繋がりたい #旅行 #海外旅行 #ヨーロッパ旅行 #夫婦旅 #写真 #カメラ #写真好きな人と繋がりたい #風景 #絶景 #死ぬまでに行きたい世界の絶景 #スペイン #バルセロナ #サグラダファミリア #travel #traveler #trip #photo #photography #landscape #landscapephotography #instagram #instagood #europe #spain #barcelona

A post shared by 旅リーマン (@tabiryman) on

 

 5カ国目は、スペインです。

 

スペインはヨーロッパの中でも物価が安く、旅行しやすいです。

 

それでいてご飯がおいしいらしく、また世界遺産や絶景とのことで、めちゃめちゃ行きたい国です。

 

行きたいところは、

 

・バルセロナ

・サグラダ・ファミリア

・グエル公園

・アンダルシアのひまわり畑

 

あたりです。

 

とくにサグラダ・ファミリアがみたいです。

 

今ブログを書いて独立を目指してます

さて、ここまでぼくの旅への愛をひたすら語ってきました。

 

こんなに旅が好きですが、まだずっと旅ができる環境は整えられておらず、日本で会社員をしています。

 

貯金が貯まり次第、海外へ行ってワーホリでバイトしながら、ブログを書き、独立を目指しています。

 

ブログも成果が出てきて、だんだん夢に近づいています。

 

世界全周を成し遂げていくさまを、このブログでも発信していくので、ぜひお楽しみください!

 

関連記事

「袴で世界全周とは?」当ブログのコンセプトについて説明します

【旅だけじゃない】死ぬまでに絶対叶えたいぼくの6つの夢を語らせてくれ。

「稼ぎながら旅をする」を実現したいそらりんのプロフィール

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。