ベトナムで食べられている衝撃の動物3選

どうも、リュック1つで世界を旅するリュックサッカーけいです。
みなさんはどんな動物を食べたことがありますか?
人は昔から動物を狩って、食べてきました。鶏、豚、牛、鴨、羊などはよく食べられている肉ですよね。
動物を食べること自体には抵抗はないはずです。
しかし、僕が1年住んでいたベトナムでは、日本人の我々では理解できない、え?っと思うような動物が食べられていたんです。
今回はその動物を3種類紹介したいと思います。

*今回の記事にはその動物たちの料理の写真を載せますので、グロテスクな部分もあります!!見れない人は見ないほうがよいかもしれません!!この先は自己責任でお願いします!

みなさんは一体なんだと思いますか?ぜひ予想してみてくださいね!
それはこの3種類です。

カエル

ソース画像を表示(引用元:こちら
カエルは食べたことがあります。ホイアンのレストランにもありました。
食感は鶏肉とほとんど変わらず、骨が細かくて、魚みたいでした。
普通に美味しかったです。

※閲覧注意※

ソース画像を表示(引用元:こちら

ねずみ

ソース画像を表示(引用元:こちら
ねずみも食べるそうですが、食べたことはありません。ねずみは日本ではあまり路上でも見かけないと思いますが、ベトナムでは毎日見かけます。
夜中の道路を走っています。しかも想像するよりでかいから出してます。
ねずみを使った料理は以下の通りです。

※閲覧注意※

ソース画像を表示(引用元:こちら
食べたことはないので、味は他のブログのレビューを見てみましょう。
関連:

ソース画像を表示
(引用元:こちら
カエル、ねずみもなかなかびっくりで、食べろと言われたら、最初は抵抗があるかもしれませんが、極め付きはこれです。犬。
犬は衝撃が大きくないですか?
僕は衝撃が大きかったです。友達がホーチミンで食べたらしいのですが、罪悪感がすごすぎて、もうぜったい食べないと言っていました。
犬肉料理にはこんなものがあるそうです。

※閲覧注意※

ソース画像を表示(引用元:こちら

 

また感想はこちらから。

まとめ

いかがだったでしょうか。東南アジアへ行くと虫の踊り食いだったり、さそりだったり、ゲテモノを食べる習慣があることはよく聞きますが、実際どんなものが食べられてるのかの一部を今回紹介しました。
噂に聞くとベトナムはまだ優しい方で、インドネシアの方へ行くと、本物のゲテモノがあるそうです。
興味がある方はぜひベトナムや東南アジアへ未知への挑戦をしに行ってみてください。
動画でも発信しています。

The following two tabs change content below.
世界を旅するのにバックパックは必要ない。 リュックサック1つで世界を旅するリュックサッカー。 ブログ、YouTubeで旅の魅力と旅を取り入れた働き方を発信しています。 国立大学の大学院を中退し、借金を200万抱え、鬱になりました。それを乗り越え、それでも人生をかけて世界を旅するべく、日本を飛び出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です