【利用者が暴露】ワークポートで未経験からIT企業に転職できた話

限定特典あり

当ブログの読者の方には特別にお得な友達紹介の特典があります!!ぜひご活用ください!

【特典あり】ワークポートの友達紹介を受ける方法

 

あなた

ワークポートで未経験からIT企業に転職できるの?

 

こんな疑問に答えます。

 

どうも、ワークポートで未経験からIT企業に転職した、そらりんです。

 

この記事を読んでいるあなたは、ワークポートで本当に未経験からIT企業に転職できるのかを知りたい方ですね。

 

ぼくは実際にワークポートを利用し、完全未経験からIT企業に転職し、今もエンジニアとして働いています。

 

その転職ができた体験談をガッツリ詳しく書いていこうと思います。

 

 

 

ワークポートで未経験からIT企業に転職できました

 

そもそもワークポートで未経験からIT企業に転職できるの?と思っている方も多いと思います。

 

ぼくは、プログラミングも触ったことがない完全に未経験の状態から、従業員2,000人以上の大手IT企業への転職に成功しました。

 

転職した先の会社は、パーソルテクノロジースタッフという会社です。

 

パーソルテクノロジースタッフ

 

 

ウッチャンナンチャンの内村さんがイメージキャラクターを務める、日本の人材業界でリクルートに次ぐ規模を誇る、パーソルグループの子会社の一つで、エンジニア派遣会社です。

 

現在は、トヨタ自動車に派遣され、組み込みエンジニアをしています。

 

ワークポート未経験からIT企業に転職できる理由

 

ワークポートで未経験からIT企業に転職できるのには、理由があります。

 

それは、

 

・未経験OKの求人がたくさんある

・無料プログラミングスクールがある

・エンジニアの需要が高い

ワークポートの実績がしっかりある

 

という理由から。

 

順に解説します。

 

未経験OKの求人がたくさんある

まず、未経験OKの求人がたくさんあります。

 

 

数にして約3,000件もあります。

 

これは後にも説明しますが、現在IT業界に人材が足りておらず、未経験からでもエンジニアを育てないといけないような状況があるためです。

 

無料プログラミングスクールがある

また、無料のプログラミングスクールがあります。

 

 

プログラミングスクールは通常10〜60万ほどのお金がかかるのですが、ワークポートの運営するプログラミングスクールは完全無料。

 

もちろん、高度なスキルは身につけられませんが、転職の際に企業に提出するポートフォリオ(スキルのレベルを表す作品集)を作れるくらいには、プログラミングが学べます。

 

プログラミングをやったことがない人でも、基礎的な素養を身につけることができるので、企業側も採用ができるというわけです。

 

 

エンジニアの需要が高い

また、現在エンジニアの需要が高まっています。

 

というのも、スマホの台頭や車業界では自動運転の推進、またAIの普及など、IT業界はどんどん拡大しているのにも関わらず、

エンジニアが足りていないという現状があります。

 

今までは経験者だけを雇っていてなんとかなったかもしれないけど、

今やこれからは未経験から雇って教育してエンジニアを育てていかないと人材が不足してしまうわけです。

 

つまり、IT業界に興味があり、エンジニアになりたいという人には高い需要があり、IT企業側も喉から手が出るほどほしい人材ということになります。

 

そういう時代の流れがあるので、未経験からIT企業への転職もしやすいのです。

 

ワークポートの実績がしっかりある

また、ワークポートの16年の歴史の中で、IT企業に排出した実績がしっかりあります。

 

 

写真のように、カプコンやサイバーエージェントなどの超大手企業にも輩出した実績があるので、

転職できるノウハウは十分にあります。

 

ワークポートで未経験からIT企業に転職した具体的な方法

 

ワークポートで未経験からIT企業に転職できる理由がわかったところで、

ぼくが実際に転職活動時に実践した方法について紹介します。

 

・無料プログラミングスクールに通って、最低限のスキルをつけた

・ポートフォリオを作成

・職務経歴書を担当者に添削してもらった

・企業に合わせた面接対策

・学歴をフル活用

 

上記の方法を活用し、転職を成功させました。

順に解説します。

 

無料プログラミングスクールに通って、最低限のスキルをつけた

ワークポートみんスクという、無料プログラミングスクールも運営しています。

未経験でも転職できるように、最低限のプログラミングスキルを身につけることがてきます。

 

ここでぼくは1ヶ月しっかりとプログラミングを勉強し、簡単なトランプゲームが作れるようになりました。

 

その実績を応募する際に企業に提出して、アピールポイントとして使いました。

 

その周りのサポートはワークポートがしてくれます。

 

ポートフォリオを作成

みんスクで学んだプログラミングスキルをもとに、トランプゲームを作った実績を、自分の作品集としてまとめ、

書類として企業に応募する際に、職務経歴書などと一緒に提出しました。

 

これで、プログラミングは未経験だけど、最低限の素養はあるということをアピールしました。

 

職務経歴書を担当者に添削してもらった

また、職務経歴書や履歴書などの必要な書類を担当コンシェルジュの方に添削してもらい、

より良い形に改善を重ねました。

 

アピールすべきポイントを絞り、それが一番伝わるようにして、書類審査を通りやすくするためだけでなく、次の面接のときにも興味を持ってもらえるよう、心がけました。

 

企業に合わせた面接対策

また、企業ごとに合わせた面接対策を行いました。

 

50万人が利用するワークポートだからこそ、過去に面接を受けた人がたくさんいるので、面接のときに聞かれる質問や担当する人は傾向が固まってきます。

 

そのデータをもとに、その企業の面接を突破するためにその企業に特化した面接の対策を入念に行います。

 

そうすることで、面接のときも緊張を抑えて、冷静に対策してきた質問に応えることができ、内定につなげました。

 

学歴をフル活用

また、学歴をフル活用しました。

 

ぼくの学歴は名古屋大学なんですが、地元の愛知ではその名前だけで書類審査を突破できることもあるほど、絶大な影響力があるので、

その学歴は惜しげもなくフル活用しました。

 

個人的な印象ではやはりこの学歴が内定のポイントとして大きく捉えられたと感じていますが、持っているものは全面に押し出して使っていきました。

 

他の未経験からIT企業に転職した人の口コミ

 

ワークポートで未経験からIT企業に転職したした他の人の口コミをまとめました。

 

飲食からインフラエンジニアになった方

プロフィール

名  前 G.Kさん(23歳)
コ ー ス インフラ
受講期間 約4週間
前  職 飲食

 

インフラエンジニアを目指そうと思ったきっかけはなんですか?

 

前職を退職したとき、最初はゲームが好きだったのでアプリ開発のアルバイトに応募したのですが、その時は完全に未経験ということもあってご縁がありませんでした。

その時にインターネットでみつけたのがワークポートのみんスクです。

説明会に参加した時に、メンターの方からインフラエンジニアという仕事があることを教えてもらい、「自分が毎日不自由なくスマホを操作できたり、ゲームができたりするのはインフラエンジニアのおかげなんだな」と知ったら、自分も目指したいと思うようになりました。

勉強も最初は難しくてつまづきましたが、質問に対してとても丁寧に教えてくれたので感覚を掴んでからはスムーズに勉強がすすみました。

転職後は同期よりも勉強が進み、世界200ヵ国以上の技術者が受験している「LPIC Level1」の資格も1ヵ月ほどで取得しました。

 

(引用元:面接対策で自分の武器をみつけてもらえました!

 

 

人事からITエンジニアになった女性の方

 

プロフィール

名  前 M.Nさん(22歳)
コ ー ス 開発(PHP)
受講期間 約4週間
前  職 人事

どうしてITエンジニアを目指そうと思ったのですか?


大学生の時に通っていた陸上クラブには、学生だけでなく社会人として働いている方もたくさんいて、現役エンジニアの方とお話しする機会もあったんです。

そのとき「自分たちがつくったシステムで世の中をもっと良くしていきたい!」と目を輝かせながら話している姿を見て、とても良い仕事だなと思っていました。

また、自分が勉強して頑張った分だけスキルや収入に直結していくエンジニアの仕事は、ずっと練習を頑張ってきた陸上競技と似ていたので目指してみようと思いました!

 

ズバリ!転職成功の要因はなんですか?

自信をもってありのままの自分で面接を受けられたことです!

自分が働きたい会社の理想像や条件を相談しながら求人を探してもらい、その会社の面接を受けるにあたって、ありのままの自分で臨めるよう面接対策に力を入れました。

みんスクでは何度でも面接対策が受けられるので、自分の考えをうまくまとめて話す練習をすることができました!

おかげで無事、第一希望だった会社から内定をいただくことができて、自分の理想に一歩近づくことができたと感じています。

 

(引用元:自分の理想に一歩近づくことができました!

 

小売店販売員からエンジニアに転職された男性の方

プロフィール

名  前 K.Yさん(25歳)
コ ー ス 開発(PHP)
受講期間 約5週間
前  職 小売店販売員

 

もともとエンジニアを目指そうと思っていたのですか?

転職を考え始めたときには、はっきりと決めていたわけではありません。

でもどうせ働くなら手に職をつけてきちんと目標を持って働きたいと思っていました。

僕はこれまで自分自身の将来について深く考えたことがなく、就職先を決めるときも最初に内定が出たという理由だけで今の会社に入社したくらいの適当ぶりでした。

ただ、入社3年目に入ってさすがにこのままぼんやり働いていてはこの先の人生やばいんじゃないかって焦りはじめたんです。

実はワークポートを利用する前に、2社ほど別の転職エージェントで転職の相談をしたのですが、そのどちらにも営業の仕事を勧められ、ピンとこなくてそれでもう一度確認の意味も込めて、ワークポートの転職相談サービスを受けてみました。

担当してくれた転職コンシェルジュの方に、ぶっちゃけ自分の経験やスキルでは営業の仕事以外の選択肢はないのか、率直に聞いてみたんです。そうしたら、エンジニアの仕事を提案されたんですよ。

未経験からエンジニアを目指す人のために、基本的な知識やスキルを学べるエンジニアスクールというカリキュラムも用意されているので、挑戦してみたらどうかって。

以前エンジニアの友人から仕事のおもしろさややりがいを聞いていたこともあり、自分もエンジニアを目指してみようと思いました。

 

みんスクと並行して、転職活動はスムーズに進められましたか?

初めての転職活動でもあり何からはじめてよいのかわからない状態でしたが、転職活動の進め方から丁寧にアドバイスをもらうことができたので、不安なく進めることができました。

また、企業の面接を受ける前にじっくりと面談をしていただき、自分自身がやりたいことや今後どうなりたいのかをしっかり紐解いてもらえたのもよかったです。

実際の面接ではその思いを、熱意を込めて一生懸命伝えるだけでした。

 

(引用元:本気で取り組むことの楽しさを知った1カ月でした!

 

ワークポートで行きたい会社に行けました

 

まとめです。

ここまで、ワークポートで未経験からIT企業に転職したリアルな体験談をお届けしてきました。

 

ぼくはワークポートを使って転職したことで、生活環境がガラリと変わって、よくなりました。

 

転職前

・1日10時間のアルバイト

・年収180万くらい(月15万)

・心に余裕がない

転職後

・1日8時間勤務(残業月15時間)

・年収350万(月22万)

・心に余裕がある

 

こんな変化をしました。

転職をしたことで、収入が安定し、心にもお金にも余裕ができて、安心して生活できるようになりました。

 

IT企業に入って、今はバリバリエンジニアとして世界最先端の自動車開発に携わっています。

 

誇りを持てる仕事です。

 

ワークポートなら、あなたの本当に行きたい会社へ転職ができるので、

まずは無料の面談から申し込んでみてください。

 

限定特典あり

当ブログの読者の方には特別にお得な友達紹介の特典があります!!ぜひご活用ください!

【特典あり】ワークポートの友達紹介を受ける方法

 

関連記事

【転職成功者が暴露】転職エージェントワークポートの評判や口コミは?

【体験談】ワークポートのエンジニアスクール「みんスク」の評判は?

【転職成功者が暴露】ワークポートで転職するのにかかる費用は0円です

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。