未経験からエンジニアに転職できたので、その方法を解説する

あなた

未経験からエンジニアってなれるの?

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでいるあなたは、実際未経験でエンジニアになれるのかを知りたい方ですね。

そんなあなたに、未経験からエンジニアになったぼくが、それを成功させた方法を解説します。

筆者の実績

未経験からエンジニアに就職できた

未経験からエンジニアに転職できました

ぼくは、完全未経験からエンジニアになることに成功しました。

このために利用したものは転職エージェントです。

転職エージェントとは?

転職エージェントは、転職したい人を書類の添削、面接の練習、企業の応募、選定などに至るまで、サポートしてくれる会社です。

たくさんの会社とのコネクションがある、転職エージェントを使って、ぼくは2ヶ月で未経験エンジニアとして就職を成功させました。

内定をもらうまでにしたこと

ぼくが利用したのは、IT企業の案件に特化した転職エージェント、ワークポートです。

ワークポートとは?

ITに特化した転職エージェント。30,000件の案件を持ち、3,000以上の案件は未経験からエンジニアになれるものを含んでいる。

このワークポートに登録し、必要なことを洗い出してやっていった感じです。

では転職成功までにやったことを順番に紹介します。

・業界のことを勉強

・自分のやりたい分野をピックアップ

・サポートをフル活用

・面接で失敗分析→次に活かす

・内定ゲット

 

業界のことを勉強

まずは、IT業界の勉強から始めます。

未経験なので、業界のこともなにもわかりません。

なので、まずは自分で調べたり、担当者の方に、IT業界のことを聞きまくります。

そして自分が進もうとしてる業界の全体像を掴みます。

自分のやりたい分野をピックアップ

次に自分のやりたい分野をピックアップします。

IT業界は主に3つの分野に分かれます。

IT業界の分野

・業務系(メールシステムとか)

・組み込み系(車とか)

・Web系(ウェブサイトとか)

このうちのやりたいことを見つけ、それに的を絞ります。

memo

この分野選定めちゃめちゃ大事です。よくわからないまま、選ぶと、「これやりたいことじゃなかった」ってことになり得ます。ぼくは就職してそれを感じてしまいました。そうならないようにここはしっかり考えましょう。

サポートをフル活用

また、サポートはフル活用します。

ワークポートのサポート

・履歴書、職務経歴書の添削

・面接対策

・無料エンジニアスクール

これらのサポートをフル活用して、転職できる確率を最大限アップします。

面接で失敗分析→次に活かす

また転職エージェントでは、面接が終わると、その面接の内容と受け答えなどの結果から分析し、

次の面接でよりよい結果が出せるように、対策が打てます。

面接を受けるたびに、成長していけるので、内定の確率の上がります。

内定ゲット

そして内定をゲットに至りました。

4社目で内定が出ました。

面接も最初は嫌なんですが、慣れてくると、さほど緊張しなくなってきます。

それに転職エージェントなら、後ろ盾があるので、転職できないなんてことはまずないでしょう。

安心してぶつかってください。

エンジニアとして6ヶ月働いてみて

最後に、実際にエンジニアとして6ヶ月働いてみた感想を述べます。

ぼくが働いてるのは、某有名な自動車開発会社で、自動車開発エンジニアとして働いています。

以下の通りです。

・専門用語だらけでわけがわかんない

・とにかく毎日必死で、帰りは疲れ果ててため息が出る

・研修で勉強したプログラミング一切使ってない

・未来の自動車業界がどうなるかが知れて、面白い

のっけから、ネガティブことばっか書いてますが、ここを隠しても意味がないので、正直に書きます。

きついです。最初だから当たり前ですよね。

研修が終わったのが6月前半なので、実際に就業してるのは1ヶ月半ってところです。

これが現実です。

でも最新の自動車も開発してる会社なので、未来の車の構想とかの情報も入ってくるので、それは面白いですね。ワクワクします。

でもエンジニアを一生続けるかと聞かれたら、きっぱりNOと答えます。残念ながら。

入ってみてわかりましたが、一生続けられるほどのモチベーションは持てなかったです。

(というのも、他に自分のやりたいことがあるので、ぼくの場合は、貯金したいという目的が大きいです。個人的な事情ですが。)

というわけで、新米エンジニアのリアルをお届けしました。

こういうリアルな感想も踏まえて、もう一度エンジニアになるか考えてみてくださいね。

まとめ : 未経験エンジニアなら転職エージェントを使おう

それも踏まえて、エンジニアになりたいという方は、転職エージェントを使いましょう。

エンジニア転職なら、ワークポートがおすすめです。

単純に案件数が多いので、あなたの希望に答えられる可能性が高くなります。

まずは、気軽に登録して話を聞いてみてください。

関連記事

ワークポートの口コミや評判を転職成功者の僕がリアルを徹底解説する

【体験者が暴露】転職エージェントワークポートの口コミや評判は?

2ヶ月で転職を成功させるために立てた5 つの戦略

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。