【体験談】ワークポートのエンジニアスクール「みんスク」の評判は?

あなた

ワークポートのエンジニアスクールの評判ってどうなの?

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでいるあなたは、転職エージェントワークポートの無料エンジニアスクールの評判を知りたい方ですね。

そんなあなたに、ワークポートのエンジニアスクールに実際に通い、2ヶ月で未経験からエンジニアに転職したぼくが、

その口コミをお伝えします。

筆者の経歴

・2ヶ月ワークポートのエンジニアスクールに通う

・PHPの基礎を学習

・未経験からIoTエンジニアに転職成功

目次

ワークポートのエンジニアスクールに通って2ヶ月で未経験からエンジニアに転職成功

ワークポートのエンジニアスクールについて紹介する前に、簡単にぼくの実績をご紹介します。

ぼくの実績

・2ヶ月ワークポートのエンジニアスクールに通う

・そのポートフォリオをもとに、未経験からIoTエンジニアに転職成功

上記になります。

プログラミングのスキルもつけつつ、転職にもつなげた実績があります。

その実績と実体験をもとに、本記事にリアルな体験談を書いていきます。

転職に成功した体験談については、【体験談】正社員経験0の私が転職エージェントを使って、たった2ヶ月でITエンジニアへ転職に成功した話を参考にしてください。

ワークポートとは?

まずそもそもワークポートって何?って方に向けて、簡単にご紹介します。

ワークポートとは、

・IT企業に特化した転職エージェント

・転職決定人数6期連続1位

・35万人が利用し、10000件以上の案件を持つ

といった、実績を持つ転職エージェントです。

抱えている案件も多く、幅広い職種を持っており、未経験からエンジニアになりたい方でも、十分転職が可能です。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職のサポートをしてくれる会社です。履歴書、職務経歴書の書き方から、面接の練習、意識すべきところ、業界の説明、キャリア相談、あなたに合った会社の紹介などの充実したサポートを、無料で行ってくれるサービスです。

無料エンジニアスクール「みんスク」とは?

そんなワークポートがエージェントの利用者に向けて、無料で開放しているのが、エンジニアスクール「みんスク」です。

以下に

・概要

・カリキュラム

・サービスの特徴

・内定までの流れ

といった情報を示します。

概要

みんスクは、

完全未経験からプロのエンジニアを目指す人のために無料で開放している、プログラミングスクール

です。

いかに概要を示します。

受講場所

みんスクの各拠点

・大崎

・秋葉原

・立川

・大宮

・千葉

・仙台

・横浜

・埼玉

・名古屋

・京都

・大阪

・岡山

・広島

・福岡

参加対象者

・エンジニア未経験の方

・ITエンジニアに興味のある方

・自分のキャリアを見つめ直したい方

・手に職付けたい方

料金 完全無料

カリキュラム

みんスクでは、

・開発エンジニアコース

・インフラエンジニアコース

の2つのうちからコースを選んで、受講することができます。

並行して、両方のコースを受けることもできます。

このコースの詳細はのちに示します。

サービスの特徴

みんスクの特徴は、以下の5つです。

・いつでも通える

・何度でも転職相談できる

・質問し放題

・添削をお願いし放題

・何度でも模擬面接を受けられる

順に詳しく説明しますね。

 

いつでも通える

みんスクは、毎日休みなく営業しているため、いつでも通えます。

・好きなときに通える

・ポートフォリオを作れる

・あなたにあったスピード、カリキュラムで学習が進められる

という特徴もあります。

ただスキルをつけるだけでなくて、転職の履歴書にかけるポートフォリオもそこで作ることができるので、転職のアピールポイントにもなります。

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、エンジニアが自分の実力でできることをまとめた作品集です。転職活動では、転職者のできる技能のレベルを採用担当者が把握するために、必要不可欠なデータになります。

 

何度でも転職相談できる

みんスクは、ワークポートのオフィスに併設されているので、転職のサポートをしてくれる担当者も同じ場所に常駐しています。

そのため、みんスクでプログラミングを勉強しつつ、転職相談もできます。

それも何回も可能です。

プログラミングの勉強が進むにつれて、担当者の方から「プログラミングの方はどうですか?」などと、聞いてくれたりもするので、相談もしやすいです。

はじめてのプログラミングを勉強していて、不安に思うこともあると思うので、そういった相談ができるのは心強いです。

さらに、それと同時に、転職する業界の相談もできるし、業界の市場なんかのお話も聞くことができます。

 

質問し放題

みんスクでは、講師の方に何度もわからないことを質問できます。

みんスクには、講師の方が常駐しています。

週2日の休みの日以外は、基本的に日中から夜までいてくださるし、たまに見回りにも来てくれるので、質問もしやすいです。

僕のいた名古屋の講師の方は、技術者として働いた経験もある方で、プログラミングの質問はもちろん、業界の話なんかもよく聞いていました。

やはりエンジニア業界のことは、リアルを知っている人に聞くのが一番です。

 

添削をお願いし放題

また、転職活動するにあたっての、履歴書や職務経歴書の添削もお願いできます。

ワークポートとしても、利用者には転職してもらわないと困るので、サポートに手は抜きません。

ぼくは新卒の就活をしたことがないのでわかりませんが、新卒の就活では自分の履歴書の添削をじっくりやってもらえることはあまりないと思います。

ですが、ワークポートでは一人ひとりに担当者がついて、あなたの行きたいところや向いているところに行けるように、しっかりサポートしてくれるので、

書類の添削も結構ガッツリ指摘をもらえます。

(ぼくも最初の方は20箇所以上訂正が入りました。)

 

何度でも模擬面接を受けられる

みんスクは、転職エージェントのオフィスも兼ねているので、面接の練習も何度も受けられます。

実際の就職面接の前に、意識すべきポイントやアピールポイントなどを担当者の方と一緒に相談して、それを実際に面接で喋れるように練習します。

みんスクでプログラミングの勉強をしにオフィスに来る時間に合わせて、練習時間も作ってもらえるので、効率もいいです。

 

内定までの7ステップ(ぼくの場合)

ぼくの場合の内定までの流れは以下の通りです。

基本的にはだいたい同じ流れだと思いますが、最初に電話で問い合わせるか、直接行くかによって若干最初のフローは変わってくると思います。

ぼくが転職活動を始めたのは2018年12月で、

内定が出たのが翌年の2月、

その会社で働き始めたのが4月という短期間で実現しました。

  • STEP.1
    電話で面談(2018年12月)
    僕の場合は、マイナビに来ていたメールを見て、電話で連絡してみて、そこで面談をしました。

  • STEP.2
    オフィスで面談(2018年12月)
    次に一度オフィスに来ませんかということで、名古屋のオフィスに行きました。(名古屋住みなので)

    そこで転職の相談も兼ねて、みんスクの説明会も受けました。

  • STEP.3
    プログラミングの学習(1月)

    次に、みんスクでプログラミングの勉強を始めました。

    ぼくの勉強したのはPHPという言語。上で示したコースのうち、開発エンジニアコースにあたります。

    ぼくの通っていた名古屋ではコースの選択はなく、全員開発エンジニアコースでPHPを学習していました。

    名古屋のスクールでは6席分の小さな部屋でしたが、利用者も少ないのか、席が埋まってることはほとんどなかったです。

    これは応募するまでの1月末まで約1か月ちょい続けます。

  • STEP.4
    履歴書、職務経歴書作成、添削(2019年1月中旬まで)
    次ににみんスクに通いつつ、求人企業に提出するための履歴書と職務経歴書を作っていきます。

    ワークポートから提供してもらえるテンプレをもとに、自分で作ってみて、それを担当者に提出して、添削してもらいます。

    それを直して、また提出というのを数回繰り返しました。

    結構ガッツリ添削してもらえて、ぼくも最初の添削の時は20か所くらい訂正箇所がありました。

    ぼくは大学卒業後海外で働いていたので、日本で正社員をやったことがなく、履歴書も職務経歴書も書いたことがなかったですが、添削してもらうことで、よりクオリティの高いものを作っていけるので、全くの初心者でも大丈夫。

    プロがサポートしてくれるので。

  • STEP.5
    応募(1月下旬)

    コツコツみんスクに通って、決まったカリキュラムを修了し、最後にポートフォリオを作ったら、企業に応募します。

    ぼくはだいたい20社ほど応募しました。

  • STEP.6
    面接(だいたい2回、2月前半)

    20社応募したうちの8社ほどが書類審査を通り、面接に入ります。

    これまでに面接練習を重ねて、対策はばっちり。

    ワークポートでは、受けに行く企業様の面接の傾向などの情報も知れるので、結構面接もやりやすいです。

    例えば、怖い人が出てくるとかの事前情報をちょこっと教えてもらえます。

    これは新卒の就活では知れないお得情報ですね。

  • STEP.7
    内定(2月中旬)

    面接はだいたい2回ありますが、企業によって違います。

    IT企業は最終面接を受けてから結果発表までの期間が早く、ぼくの場合は翌日に結果がわかっていました。

    内定をもらった企業も面接次の日に結果がわかりました。

    これでやることは完了です。

 

みんスクを利用して感じた5つのメリット

ぼくが実際に利用して感じたみんスクのメリットは以下の5つです。

・完全無料

・スクールに通いながら、キャリア相談がその場でできる

・プログラミングスキルをつけられる

・業界の事情の話も聞ける

・未経験でもエンジニア就職できる

順に詳しく説明します。

メリット①完全無料

まずはもちろん完全無料であること。

合計1か月ちょいPHPを学習しましたが、もちろんお金は払ってません。

さらに就職に関するいろんなサポートを受けても、お金は払ってません。

それはぼくがどこかの会社に就職すれば、その会社からワークポートに紹介料が入るからですね。

この仕組みを利用しない手はありません。

プログラミングスクールは有料のものだと10万以上するものも多く、初心者にはなかなか手が出しづらいと思います。

なので、転職を考えてる人は有料のスクールよりも、まずはみんスクを利用して、無料から始めるのもめちゃめちゃありです。

メリット②スクールに通いながら、キャリア相談がその場でできる

またスクールに通って、プログラミングスキルをつけながら、キャリア相談もできるのが魅力です。

自分の行きたい企業や業界、あなたにあった企業を担当者の方が探してくれます。

悩みがあったら、相談にも乗ってくれるし、プログラミングの学習状況もちょくちょく聞いてくれます。

サポーターがいる中で勉強も転職の活動も進められるので、不安も少なく、より自分の行きたい方向へ向かうことができます。

僕自身プログラミング完全に未経験から始めたので、不安もあったし、わからないことだらけだったので、よく質問もして、悩みも担当者の方によく相談しました。

経験上、やはり自分のことをサポートしてくれる人がいるというのは心強いです。

メリット③プログラミングスキルをつけられる

転職活動しながら、プログラミングのスキルをつけられるというのも魅力です。

みんスクの目的は、プログラミングの基礎を勉強して、転職に必要なポートフォリオを作ることが目的ですが、

純粋にプログラミングのスキルもつきます。

ぼくが学習したのはPHPですが、PHPを使えば、

・お問い合わせフォーム

・予約システム

・ECサイトや簡単なブログ

などのウェブサービスが作れるようになります。

みんスクで勉強する1か月程度では作れるようにはなりませんが、そのまま継続して勉強すれば作れるようになるはずです。

その後も役立つスキルを身につけられるのは、転職活動だけでなく、もっと大きなメリットを生みます。

メリット④業界の事情の話も聞ける

転職活動するにあたって、IT業界の詳しい事情も聞くことができます。

IT未経験だとその業界のことも、勉強すべきプログラミング言語すらもわからないと思うので、そんな初心者でもやさしく基本的な情報を教えてくれます。

完全に未経験者だとどんな企業に進みたいかすら、わからない状態かと思います。

それでも担当者の方にいろんな話を聞くことで、だんだんと見えてきます。

また、あなたの性格にあった企業を探してくれたり、今までの経験からアドバイスもしてくれるので、行きたい会社がだんだん見えてきます。

メリット⑤未経験でもエンジニア就職できる

そしてエンジニア未経験でもIT企業にエンジニアとして就職できることが最大のメリットです。

これはぼくの実体験です。

実際にぼくは今までエンジニアもやったことないし、プログラミングもやったことがありませんでした。

その状態からPHPを1か月勉強しただけの付け焼刃でしたが、エンジニア派遣会社に就職することができました。

転職活動にかけた時間も2か月程度です。

就職してからも、コツコツとスキルと経験を積み重ねています。

みんスクを利用して感じたデメリット

逆にみんスクを利用して感じたデメリットは、以下の通りです。

・高度なプログラミング知識が勉強できない

・勉強できる言語が限られている

順に詳しく説明しますね。

デメリット①高度なプログラミング知識が勉強できない

まず、高度なプログラミング知識は勉強できません。

あくまで転職を成功させるためのポートフォリオを作ることがメインの目的なので、勉強できる期間は1か月ほど。

また最低限の基礎スキルのみしか扱っていません。

ぼくもPHPを学習した中で、簡単なトランプゲームが作れるくらいしか、スキルは身に付きませんでした。

そもそもワークポートでIT転職する場合、転職先の企業も未経験であることを承諾しているので、レベルの高いことは求められていません。

デメリット②勉強できる言語が限られている

また、勉強できる言語は限られています。

それはコースによって以下の通りです。

・開発エンジニアコース:PHP、Java

・インフラエンジニアコース:IT業界基礎知識・ネットワークとサーバーに関する知識

上記の通りで、言語の選択肢はほとんどありません。

学びたい言語が決まっている人は、独学かプログラミングスクールなどを活用しましょう。

web系ならスキルハックス、10万以上のお金に余裕があるならテックアカデミーで受けるのがおすすめです。

他社サービスとの比較

みんスクとほかの会社を比較してみます。

  みんスク テックアカデミー テックエキスパート
期間 1か月ほど 1か月~4か月 3か月~6か月
費用 無料 約13万 598,000円+税
学習形態

教室

オンライン 教室
就職支援

あり。

スクール生限定の求人もあり。

あり あり
勉強できる言語や知識

・PHP

・Java

・インフラ

・HTML/CSS

・Bootstrap

・Git/GitHub

・Ruby

・Ruby on Rails

・PHP

・Java

・Wordpress

・JavaScript

・Unity

など

・HTML/CSS

・JavaScript

・AWS

・SQL

・開発、インフラ構築、運用

こんな感じです。

サービスの質や勉強できる言語だけで見たら、ほかのスクールの方がいいのが当たり前ですが、無料という点と就職支援の点はほかのスクールにないメリットと言えます。

就職を前提にエンジニアになろうと考えている方やお金のない方には、みんスクがオススメです。

みんスクが向いている人の特徴

ここまでみんスクのメリットとデメリットを見てきました。

次にみんスクが向いている人の特徴を見ていきます。

それは以下の通りです。

・未経験からITエンジニアになりたい方

・未経験からでもIT企業に就職したい方

・就職を視野に入れつつ、プログラミングの勉強を始めたい方

上記の通りです。

プログラミングはやったことがないけど、興味があって始めたい方や、これからの時代を見越して必要だと感じている方など、

IT企業への転職を考えており、プログラミングもやってみたい方にオススメです。

プログラミングが完全初心者で自分に向いてるかわからない人でも、みんスクに来てOKです。

ぼくもコードの一つも触ったことがなかったけど、カリキュラムを終えることはできましたので。

コースの詳細

次にコースの詳細を説明します。

それぞれの内容は、公式サイトから引用しています。

開発(PHP)コースとは?

まずはPHPコース。

習得スキル PHP
習得時間目安 約80時間
学習内容 プログラムの基本から、現場で最も必要とされているデータベースの連携スキルやアプリケーション制作スキルなどを習得していただきます。オリジナルテキストによる「自己学習形式」で学習を進めます。わからないところを講師に聞きながら、ご自身のペースで進めていただくことが可能です。
備考 ポートフォリオ(作品)となるアプリケーション制作を行うため、受講後、転職活動の面接でスキルのアピールに役立てることができます。

開発(Java)コースとは?

習得スキル Java
習得時間目安 約90時間
学習内容 プログラムの基本から、現場で最も必要とされているデータベースの連携スキルやゲーム制作スキルなどを習得していただきます。オリジナルテキストによる「自己学習形式」で学習を進めます。わからないところを講師に聞きながら、ご自身のペースで進めていただくことが可能です。
備考 ポートフォリオ(作品)となるゲーム制作を行うため、受講後、転職活動の面接でスキルのアピールに役立てることができます。

インフラエンジニアコースとは?

習得スキル インフラ技術
習得時間目安 約20時間
学習内容 IT業界基礎知識・ネットワークとサーバーに関する知識など、インフラエンジニアになるために必要な基礎知識を習得していただきます。学習形式はクラス形式もしくは自己学習形式です(開催校によって異なります)。わからないところを講師に聞きながら、ご自身のペースで進めていただくことが可能です。
備考 開催校によってカリキュラムの構成、内容は若干異なります。ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

みんスクを利用して転職した方の体験談

これまでみんスクを利用して転職を成功させた方はたくさんいます。

その中で、ここではみんスクに参加して、エンジニアになった方を全部で6人紹介していきます。

・開発コース3人

・インフラコース3人

コースごとに2人ずつ見ていきましょう。

開発(PHP)コース

元ヘアメイクの20代女性

以前と比べて一番大きな変化は、生活リズムが変わったことです。前職のヘアメイクは夜にかけて忙しくなるので、日中というよりは夜型で働いていました。今は会社全体でフレックス制を取り入れていて、チームごとに異なってはいますが私は11:00から20:00で働いています。もちろんその中で一人ひとりの予定に合わせて働ける環境があるので、前に比べたら生活リズムも整えることができ、とても良い環境で働かせていただけているので、本当に嬉しく思います。 エンジニアの仕事って力がつけばつくほど、自分に合った働き方を選択できる仕事です。自分のライフスタイルに合わせて働けるのは将来を考えた時に、武器になると思います。エンジニアはあらゆる可能性を持っている仕事だと思うので、本当楽しい仕事だなとつくづく思います。

出典:仕事の全てが楽しい。エンジニアは私の天職です!


元アイリストの20代女性

向いてると言い切るにはまだ経験が足りなさ過ぎますけどね。でも、はじめはすごく難しそうなイメージがありましたが、実際にやってみたら意外といけるかもって感覚でした。テキストを見ながら自習形式で課題をこなしていくのですが、よく考えれば自分にも理解できる内容だったし、わからないところはその場で講師に質問しながら学習を進めていくことができました。教え方も丁寧でやさしくて、ちゃんと理解できるまでとことん指導してもらえたのもとてもよかったです。

出典:この数週間が人生最大の転機になりました!


元ホテルスタッフの30代男性

毎回新しい知識を身につけるのが楽しくて、自宅に帰ってからも日々の成功体験を反復しながら更にモチベーションを高めるようにしていました。また自分ひとりで勉強するのではなく、教室に来れば周りに同じように未経験からエンジニアを目指している人たちがいるのでとても張り合いがあったし、人と比較することで自分の進み具合を確認できるところもよかったです。そして講師の方のモチベーションの高さ、ストイックさにも勇気をもらいました。彼は独学でプログラミングを学び、今やそれを教える立場にある。だから自分にもできないはずはない!と。みんスクに通いはじめた当初は、“エンジニアになれたらいいな”という気持ちだったのですが、次第に“絶対にエンジニアになってやる”という強い思いに変化していきました。

出典:絶対エンジニアになってやる!そう思えました。

インフラコース

元中古車営業の20代男性

みんスクでは、新しい事にチャレンジする勇気を貰いました。私はそもそも、転職自体を悩んでいたところからスタートしたので、明確な目標があったわけではありません。転職を考える事情は人それぞれなので、どうするかは結局自分自身で決める事だと思います。私は、早期離職で転職を諦めてしまうのは本当にもったいないと気付きました。興味があるなら、とりあえずやってみる。結果的に上手くいかなかったとしても、挑戦したという事実は励みになるし、その経験が別の可能性を見出すキッカケになるのではないかと思います。私自身、『ITってかっこいい』という理由でエンジニアに興味を持ち、『無料だから』という理由で半分は勢いでみんスクに参加したようなものなので、興味を持ったならぜひ挑戦してほしいと思います。

出典:転職に対するマイナスイメージが変わりました!


元小売店販売店の20代女性

大変満足しています。面接対策では、実際にどのようなことが聞かれるのかを知ることができました。企業によって筆記試験の内容や具体的な質問を教えていただけたので、事前準備をしっかりと行うことができ、とても助かりました。また、模擬面接もしていただき、実際の面接ではどういうところに気をつけたらいいのかを知れたので良かったです。講師の皆さんにも大変お世話になりました。わからないことがある度に丁寧に教えてくださり、その場で解決し理解することができました。わたしのように理解するのに時間がかかったとしても、同じ講義を何回も受けることができたので良かったです。ITの知識だけでなく、エンジニアのことや、みんスクを卒業した先輩が活躍している話なども聞けたので参考になりましたし、頑張ろう!という意欲が湧きました。

出典:将来を考えたときたどり着いたのがエンジニアでした!


元遊技場接客員の20代男性

未経験からエンジニアを目指す上で、その方向性をしっかりと固めるよいきっかけとなりました。エンジニアスクールに通う前はIT業界に対するイメージはとても漠然としていて、興味はあったけれど具体的な目標が曖昧だったんです。なんとなく興味本位で始めてみたエンジニアスクールですが、プログラミングを学ぶ中で、その知識はもちろんプログラミングとはどういうものか、それに必要な考え方などが分かってきました。また、講師の方からIT業界やインフラエンジニアについて教えていただいたこともあり、エンジニアとしての進路を決めることができました。 講師の方々の対応もとても良かったです。教え方がとても丁寧で分かりやすく、好感が持てました!個人の理解度に応じて教えてくれるので、未経験の私でも安心でした。また、「分からないことはまず自分で調べる、それでもダメなら質問する」というやり方は自身もとても大切なことだと思いますし、自己成長・問題解決力の強化に繋がったと思います。

出典:受講の日々はとても充実していました!

まとめ:みんスクを利用して、希望の会社に転職しよう!

ここまで、ワークポートが主催する無料エンジニアスクール「みんスク」のメリットやデメリット、概要などを詳しく紹介してきました。

最後におすすめの人の特徴をもう一度書いておきます。

・未経験からITエンジニアになりたい方

・未経験からでもIT企業に就職したい方

・就職を視野に入れつつ、プログラミングの勉強を始めたい方

高度なプログラミングスキルは勉強できませんが、初心者ならまずお試しで無料から始めるのがベターです。

いきなり高いお金払ってプログラミングやって向いてないことがわかっても、やめられなくなってしまうので。

転職したい方もワークポートの転職実績はしっかりあるので、安心して任せてOKです。

みんスクに行きたい方は、まずはワークポートで無料の面談を受けるのがおすすめです。

こちらのボタンから面談に申し込めますので、ぜひ。

無料なので、まずは行動してみてください!

関連記事

【体験者が暴露】転職エージェントワークポートの口コミや評判は?

2ヶ月で転職を成功させるために立てた5 つの戦略

The following two tabs change content below.
「稼ぎながら旅をする」という夢を叶えるべく、毎日ブログを書いている、25歳の会社員(1年目エンジニア)です。3度の飯よりも旅を愛しており、世界一周するために名古屋大学の大学院をやめました。しかし借金を抱え、稼ぎ続ける力が身につかなかったため、現在日本で会社員をしながら貯金を貯めつつ、ブログで稼いで独立を目指しています。「稼ぎながら旅をする」状態を実現するまでの過程を発信します。ブログは4か月でPVが15倍になるほど急成長しています。現在収益は2,000円です。